サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

注文方法

連続注文を活用

「連続注文」なら、日計り取引を行った銘柄の売却代金で異なる銘柄の買い注文を行うことができるので、限られた資金でも自動的に運用ができます。

体験談1 忙しいけどたくさん取引したいマネ子さんの場合

欲しい株があるんだけど、資金が足りなくてすぐには買えないわ。

そんなマネ子さんには、連続注文がオススメ!


A社の株が欲しいが、資金が少し足りない。今持っているC社の株を売れば、A社の株を買えそうだ。

そんなときは、C株が売れた場合に限りA株を購入するという連続注文の設定が便利!

会社に行く前に、連続注文を発注。

(C株) 指値で売却注文発注

(A株) 連続注文で成行買い注文を発注

まず、C株が売れて残金が増えた。

次に連続注文で発注していたA株が、増えた残金で自動購入された。


仕事をしている間でもいろんな条件で自動的に売買ができるから、少ない資金でも運用ができて助かるわ!

マネックス証券の「連続注文」の特長

マネックス証券では、同一受渡日における同一資金での異なる他銘柄の株式への銘柄乗換売買が行える「サーフィントレード」が利用できます。

現物株式において、日計り取引を行った銘柄の売却代金で異なる銘柄の買い注文を行うことが可能になります。

※ 同一受渡日における同一資金で、同じ銘柄へ乗換売買する取引については、差金決済となります。

体験談2:リバース注文を活用

売り時を逃がさないために、リバース注文

詳細

口座開設はこちら(無料)

お取引の流れはこちら