投資信託取引に関する重要事項

リスク

投資信託は、値動きのある有価証券に投資しますので基準価額は上昇することもあれば下落することもあります。従って投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

また、投資信託は商品ごとに応じて様々なリスクがあり、以下は一般的なものを示したものにすぎませんので、ご購入の際には「目論見書」で内容をご確認ください。

  • 価格変動リスク
    組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。
  • 信用リスク
    組み入れた株式、債券および商品等の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等に基づいて基準価額が下落することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
  • 為替変動リスク
    外貨建て投資信託(外貨建てMMF等)は、外国為替相場の変動などによりお受取金額が変動し、外貨建てでは投資元本を割り込んでいなくても、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

手数料等

投資信託取引にあたっては、以下の手数料等をご負担いただきます。

申込手数料 申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額
信託財産留保額
(購入時・換金時の直接的な負担費用)
申込受付日、またはその翌営業日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額
信託報酬
(保有期間中の間接的な負担費用)
純資産総額に対して 最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額

(2016年10月現在)

※ 運用成績に応じた成功報酬やその他の費用を間接的にご負担いただく場合もあります。

その他

・ 金融商品取引法第37条の6の規定の適用はなく、クーリング・オフの対象とはなりません。

リスク・手数料などの重要事項に関する説明