サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

米国株

ADRとは

ADR(American Depositary Receipt/米国預託証券)とは、米国以外の国で発行された株式を裏付けとして預託銀行によって発行され、米国証券取引所に上場している預託証券。
裏付けとなる株式の価値を表象するため、原則として当該株式の発行国市場の価格に連動する(※)。また配当、分割、併合等のコーポレートアクションも原則として裏付けとなる株式と同等の配分を受ける。欧州など米国以外の株式市場に上場する企業に、米ドル建てで投資できるため、米国人投資家にとって利便性が高い投資証券とされる。

ADRの取引価格は需給バランス等によって、本国の株価と乖離が生じる場合もあります。

預託証券(DR)の特徴

預託証券(DR/Depositary Receipt)は、企業が自国で発行した株式を裏付け資産として、信託銀行等がその代わりとなるように発行した証券です。

預託証券(DR)を海外の市場に上場させることで、海外投資家の投資を制限している国の企業でも、国外からの投資を呼び寄せやすくしています。

預託証券(DR)は、発行・上場される市場によって、米国預託証券(ADR)、香港預託証券(HDR)、日本預託証券(JDR)などがあります。

米国預託証券(ADR)のお取引に関するご注意

預託証券(DR)は、預託証券が上場されている取引所規則等に則り取引されますが、お客様は発行体と受託者(信託銀行等)との間の預託契約に従い権利等を取得することになります。このため、一般の米国上場株式と取扱いが異なる点がございますのでご注意ください。

1)ADRに関するご注意

  • 預託証券の発行管理に関する費用実費をご負担いただきます。
    預託証券を発行する金融機関(預託銀行)から、一定期間毎に管理費用が徴収される場合があります。この管理費用について、お客様のADR保有残高に応じて、実費を外国株取引口座の米ドルのお預り金からお引落いたします。(不足する場合は、ご入金が必要となります。)
    一般的に四半期~1年毎に1株あたり0.25~5セント程度の管理費用がかかります。
  • 本国の株式(原株式)とADRでは、配当や株式分割等のコーポレートアクションにおける取扱いが異なる場合があります。
  • 本国で原株式が上場していても、ADRのみが上場廃止となる場合がございます。

2)当社でのADRの取扱いについて

  • 原株式への転換はできません。
    当社においては、預託証券から原株式への転換手続きは取扱いません。
  • 議決権行使はできません。
    ADRはお客様が当社で保有する他の米国株式と同様に、当社の名義を区分した上で、TradeStation Securities, Inc.名義で保管機関に混蔵寄託されるため、議決権を行使することはできません。

米国株取引をはじめるには…

マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

米国株取引をはじめるには…

米国株取引をご利用いただくには、外国株取引口座の開設が必要です。

お申込みにあたっては、事前に各商品の取引ルール、
ご注意および契約締結前交付書面等の内容をご確認ください。