サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

くりっく株365

ほぼ24時間、日経225の取引が可能
海外指数が円建てで取引可能、証拠金も円でOK

金利相当額・配当相当額の受払い

「くりっく株365」では、建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受払いが発生します。

金利相当額

「金利相当額」とは、「『くりっく株365』の買建玉を持つ場合に投資家が支払い、売建玉を持つ場合に投資家が受取るもの」で、いわば買い手にとっては、株価指数を構成する銘柄を保有することに伴う資金調達コストに相当します。また一方売り手にとっては、同じ銘柄を売却することに伴う資金運用益に相当します。店頭市場で行われているCFD取引の多くは、この投資家が受払いする金利相当額が、以下のように設定されています。

買建玉を持つ投資家が支払うべき金利相当額 > 売建玉を持つ投資家が受取るべき金利相当額

しかし、「くりっく株365」ではこの金利相当額を受取側と支払側で同額(一本値)に設定しています。また、金利相当額の算出には、日本銀行の政策金利である無担保コール翌日物誘導目標を利用するなど、わかりやすい商品です。

配当相当額

通常、現物株を保有する、いわゆる株主には企業からの配当金が付与されますが、「くりっく株365」においても、買建玉を保有する場合、株価指数の構成銘柄に配当があればその都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。反対に、売建玉を保有する場合は株価指数の構成銘柄に配当があればその都度、株価指数ベースでの配当相当額を支払うことになります。

※ DAXR証拠金取引については、配当相当額が発生しません。
なお、現物株を保有する株主に与えられる株主優待等の株主権は「くりっく株365」には適用されません。

くりっく株365をはじめるには…

くりっく株365をはじめるには…

こちらから簡単にお申込みできます。

くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

くりっく株365の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場、配当予想額、為替相場、金利相場の変動等に伴って変動するため、これにより元本損失が生じることがあります。くりっく株365では、取引金額が証拠金の額に比して大きいため、取引対象である株価指数の変動により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が発生することがあります。くりっく株365では、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。

<手数料等>

くりっく株365では、片道1枚あたり141円(税抜)の取引手数料がかかります。

<証拠金>

くりっく株365では、証拠金の額は、東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額に、当社が定める金額(東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額の2倍を上限額とします。)を加算した額に建玉数量を乗じて算出します。証拠金の額は、東京金融取引所でリスクに応じて算定する証拠金基準額および取引対象である株価指数の価格に応じて変動するため、取引金額の証拠金に対する比率は、常に一定ではありません。詳細はくりっく株365のウェブサイトでご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。