サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ETFシェア世界No.1のiシェアーズを提供するブラックロック

ETFシェア世界No.1のiシェアーズを提供するブラックロック

ブラックロックは運用資産残高6.96兆ドル(約752兆円)と、世界最大級の資産運用会社です。
代表的ブランド「iシェアーズETF」シリーズはETFシェアNo.1と、多くの人に取引されています。
当コンテンツでは、ブラックロックや、iシェアーズETFの特徴についてご紹介します。

資産運用会社ブラックロックについて

ブラックロックについて

ブラックロックは、8人のパートナーにより、1988年にニューヨークで設立されました。創業以来、既存の枠組みにとらわれず、刻々と進化を重ね、資産運用を通じて最終的に人々の豊かな人生設計に貢献することに情熱を傾けてきました。

ブラックロックのパーパス(※)は、より多くの方々が豊かな生活を送ることができるよう、サポートすることです。お客様の資金を預かり運用するフィデューシャリーとして、また金融テクノロジーにおけるリーダーとして、お客様の目標実現に必要なソリューションを提供しています。ブラックロックの運用資産残高は6.96兆ドル(約752兆円)です(2019年9月末時点、1ドル=108.075円換算)。

パーパスとは、企業が何のために存在するのか、企業の社会における存在意義をさします

世界シェア業界首位のiシェアーズETF

ETFシェア世界No.1のiシェアーズを提供するブラックロック

iシェアーズETFは、世界最大の資産運用会社ブラックロックのETFブランドです。
世界のETF市場におけるシェアが約36%と、iシェアーズETFは世界最大のETFとなっています。

(※1)(2019年9月時点)

ETF純資産残高 2兆504億米ドル(業界首位)(※1)
世界シェア 36%(業界首位)
銘柄数 922本(業界首位)
日本での届出銘柄数(※2) 96本
国内上場銘柄数 16本

(出所)BLACKROCK GLOBAL ETP Landscape(2019年9月)

※1ETF(Exchange Traded Fund)のほか、ETN(Exchange Traded Note)、 ETC(Exchange Traded Commodity)、ETI(Exchange Traded Instrument)等の上場金融商品を含みます。

※2日本の法令に基づく届出を意味します。日本の法令に基づく届出がされていない銘柄については、一般投資家の方が日本国内の証券会社でそれらを取引することができません。

投資目的に合わせてETFを選ぼう

「ETFや『iシェアーズ』についてはわかったけれど、ラインアップが豊富で何に投資していいかわからない。」
そんな方は以下の活用例をご参考に、ご自分の投資目的に合う銘柄を検討されてはいかがでしょうか。

ご注意

  • 個別のお客様の実際の投資目的・金融財産の状況・リスク許容度等を勘案したものではありません。実際に以下の各ファンドへの投資をご検討される場合は、法定開示資料を十分にお読みいただき、各ETFの特色およびファンドにかかる投資リスク・手数料等を十分にご確認のうえ、最終的な投資判断はご自身でご検討・ご決定ください。
  • 以下は、ETFの活用方法の例を示しているものであり、この例示のみをもって実際の売買を推奨するものではありません。

長期の株式投資で資産を形成したい

短期のタイミングで狙う売買は苦手で、長期の株式投資で資産を形成したい方は、保有コスト(総経費率)が低く、米国の株式市場を代表する指数に連動するETFがおすすめです。

IVV

(※1)

TOK

(※2)

(ブラックロックのサイトに移動します。)

(※1)iシェアーズ・コア S&P500ETF(IVV)は、S&P500指数に連動しています。

(※2)iシェアーズMSCIコクサイETF(TOK)は、MSCI KOKUSAI(コクサイ)インデックスに連動しています。

分配金収入(インカムゲイン)も追求して投資をしたい!

利回りの比較的高いETFで分配金収入(インカムゲイン)を追求して投資をしたい方は、リスクをとりつつ、相対的に高い利回りの優先株ETF、社債ETFやリート(不動産投資信託)ETFがおすすめです。

PFF

(※1)

HYG

(※2)

IYR

(※3)

(ブラックロックのサイトに移動します。)

(※1)iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF(PFF)は、ICE上場優先株式&ハイブリット証券インデックスに連動しています。

(※2)iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ETF(HYG)は、Market iBoxx 米ドル建てリキッドハイイールド指数に連動しています。

(※3)iシェアーズ 米国不動産ETF(IYR)は、ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動しています。

ご注意

分配金の支払いは、ETFの運用方針等に従って決定されます。将来の分配金のお支払いおよびその金額について保証されるものではありません。
運用状況によっては、分配金が支払われない場合があります。

成長性が期待される地域や企業の銘柄に投資をしたい!

リスクをとって、成長性が期待される地域や企業の銘柄に投資をしたい方は、小型株ETFや新興国ETF、あるいはフロンティア株ETFで今後の成長性への投資がおすすめです。

2836

(※1)

IJR

(※2)

IEMG

(※3)

EMB

(※4)

FM

(※5)

(ブラックロックのサイトに移動します。)

(※1)iシェアーズ・コア S&P BSE SENSEX インディア・インデックスETF(2836)は、S&P BSE SENSEXに連動しています。また、本銘柄は香港上場のETFです。

(※2)iシェアーズ・コアS&P 小型株ETF(IJR)は、スタンダード・アンド・プアーズ SmallCap 600 インデックスに連動しています。

(※3)iシェアーズ・コアMSCI エマージング・マーケットETF(IEMG)は、MSCIエマージング・マーケッツ IMI インデックスに連動しています。

(※4)iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)は、J.P. モルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックスに連動しています。

(※5)iシェアーズ MSCI フロンティア 100 ETF(FM)は、MSCI フロンティア・マーケット 100 インデックスに連動しています。

リスクを抑えたETFで資産形成をしたい!

過度に高いリスクは負いたくない、相対的にリスクを抑えたETFで資産形成をしたい方は、米国債券ETFや利回りに対してリスクの低い優先株ETFがおすすめです。

インフレに伴う米国債の金利上昇リスクを回避

TIP

(※1)

高利回り社債と比較し信用リスクを軽減

PFF

(※2)

(ブラックロックのサイトに移動します。)

(※1)iシェアーズ 米国物価連動国債 ETF(TIP)は、ブルームバーグ・バークレイズ米国TIPS インデックス(シリーズL)に連動しています。

(※2)iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF(PFF)は、ICE上場優先株式&ハイブリット証券インデックスに連動しています。

ご注意

債券ETFは⾦利上昇の影響を受けやすく、価格が下落する恐れがあります。ご投資に当たっては⼗分にご理解の上、ご判断ください。

ブラックロック

過去10期以上の企業業績、長期間の配当履歴、気になる銘柄の一覧比較など、様々な機能を搭載した「銘柄スカウター 米国株」は、米国ETFの情報も掲載しています。
ランキング機能では、ETFに絞って配当利回りの高いものを表示することも可能です。

銘柄スカウター米国株

口座開設の流れ

外国株取引をするためには、外国株取引口座の開設が必要です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

手続きはすべて ウェブサイト上で完了!
最短で翌営業日から 取引可能!
もちろん 口座開設・維持費は かかりません!

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

国外上場有価証券取引に関する重要事項(手数料等税抜)

  • 国外株式および国外ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国外株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じるおそれがあります。国外ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。また、国外株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。
  • 中国株式等の売買では、約定金額に対し0.25%(最低手数料45香港ドル、上限手数料450香港ドル)の売買手数料がかかります。また、中国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
  • 米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
    その他、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
  • お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。