サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

テーマ型ETFをはじめ、ETFの可能性を探るグローバルX

テーマ型ETFをはじめ、ETFの可能性を探るグローバルX

グローバル Xは、米国ニューヨーク州を拠点とするETF運用会社です。2019年9月に日本法人であるグローバル X ジャパンが設立され、情報提供を始めとしたサービスを日本の投資家の皆様に提供しています。本コンテンツでは、グローバル Xの特徴や、グローバル Xが運用しているETFについてご紹介します。

グローバル Xについて

グローバル XのETFは、一般的なS&P500や日経225といった指数への連動を目指すのではなく、様々な投資ニーズにお応えできるよう開発された指数への連動を目指して運用されています。グローバル Xの2020年3月末時点の残高は約9,300億円です。

Global XのETF残高と本数

Global XのETF残高と本数

目的に合わせて選べる3つのテーマ

日本で取引いただけるグローバル XのETFは、以下の3つのカテゴリーに分けられます。

成長テーマ型

インカム型

コア型

成長テーマ型

「成長テーマ型」は市場全体の成長を取り込むだけでなく、ディスラプティブな(創造的破壊をもたらす)テクノロジーや人口動態の変化等、世の中の潮流に対して投資を目指すことが特徴です。来るべき社会への関心をお持ちの方、イノベーションへの感度が高い方等に向いた商品です。

例えば、現在注目されているクラウド関連株式であれば、クラウド関連企業をどう定義するかが重要です。クラウド関連ビジネスに特化している企業もあれば、ビジネスの一角でクラウドに関連している企業もあります。そしてその企業のビジネスの状況は時代とともに変化していきます。そのダイナミズムを指数構築ルールに反映させるため、綿密なリサーチと徹底したデータ分析に努力を注ぎ込んでいます。その一方で、パッシブ運用(インデックス運用)ですので、アクティブ運用に比べ、日々個別企業の分析にかけるコスト、時間などを削減することができ、運用報酬を抑えることが可能です。

グローバルX クラウド・コンピューティング ETFの対象インデックスの銘柄構築プロセス

グローバルX クラウド・コンピューティング ETFの対象インデックスの銘柄構築プロセス

出所:Global X Japan作成

例えば、グローバルX クラウド・コンピューティング ETF(ティッカー:CLOU)は世界のクラウド・コンピューティング関連企業を「SaaS」・「PaaS」・「IaaS」・「データセンターREIT」・「クラウドのインフラ」の5つに分類し、収益に占めるそれらの事業の割合が高い企業を抽出しています。また、グローバルX ロボット&AI・ETF(ティッカー:BOTZ)は、産業用ロボット、自動運転に携わる企業を含め、ロボットや人工知能(AI)の採用・活用の増加から恩恵を受ける企業への投資を目指しています。

成長テーマ型のETF(2020年9月16日時点)

ティッカー 名称名 市場 経費率
CLOU グローバルX クラウド・コンピューティング ETF NASDAQ 0.68%
MILN グローバルX ミレニアル世代 ETF NASDAQ 0.50%
FINX グローバルX フィンテック ETF NASDAQ 0.68%
BOTZ グローバルX ロボット&AI・ETF NASDAQ 0.68%
HERO グローバルX ヒーローズ(ゲーム&eスポーツ)ETF NASDAQ 0.50%
GNOM グローバルX ゲノム&バイオテクノロジー ETF NASDAQ 0.68%
GXTG グローバルX マルチテーマ成長株 ETF NASDAQ 0.50%
EDOC グローバルX eドック (遠隔医療&デジタルヘルス)ETF NASDAQ 0.68%
<連動指数>
CLOU:Indxx・グローバル・クラウド・コンピューティング・インデックス
MILN:Indxx・ミレニアルズ・セマティック・インデックス
FINX:Indxx・グローバル・フィンテック・セマティック・インデックス
BOTZ:Indxx・グローバル・ロボティックス&アーティフィシャル・インテリジェンス・セマティック・インデックス
HERO:ソラクティブ・ビデオゲーム・アンド・E スポーツ・インデックス
GNOM:ソラクティブ・ゲノミクス・インデックス
GXTG:ソラクティブ・セマティック・グロース・インデックス
EDOC:ソラクティブ遠隔医療&デジタルヘルス指数

経費率とは、投資信託の信託報酬のような保有にかかるコストです。経費率が低ければ保有中に発生するコストを抑えることができます。

インカム型

「インカム型」は利回りを重視したカテゴリーです。低金利環境の中で、利回りを確保したい方に向いた商品です。例えば、グローバルX スーパーディビィデンド-世界リート ETF(ティッカー:SRET)は世界中のREITを投資対象としており、その中で利回り上位60銘柄をピックアップしています。さらに、そこからボラティリティの低い30銘柄を抽出し投資対象としています。グローバルX 米国優先証券 ETF(ティッカー:PFFD)は米国企業発行の優先証券を投資対象とし、残高や売買高の基準により投資先を選定しています。

インカム型のETF(2020年9月16日時点)

ティッカー 名称名 市場 経費率
SRET グローバルX スーパーディビィデンド-世界リート ETF NASDAQ 0.59%
PFFD グローバルX 米国優先証券 ETF ARCA 0.23%
YLCO グローバルX イールドコー&再生可能エネルギー ETF NASDAQ 0.65%
DIV グローバルX スーパーディビィデンド-米国低ベータ ETF ARCA 0.46%
SDIV グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF ARCA 0.59%
QYLD グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF NASDAQ 0.60%
ALTY グローバルX スーパーディビィデンド-オルタナティブズ ETF NASDAQ 2.95%
QDIV グローバルX 高配当・優良・米国株 ETF ARCA 0.20%
<連動指数>
SRET:ソラクティブ・グローバル・スーパーディビィデンド・REIT・インデックス
PFFD:ICE BofAML・ダイバーシファイド・コア・米国優先証券・インデックス
YLCO:Indxx・高利回り・再生可能エネルギー・インデックス
DIV:Indxx・スーパーディビィデンドR・U.S.・ロウ・ボラティリティ・インデックス
SDIV:ソラクティブ・グローバル・スーパーディビィデンド・インデックス
QYLD:CBOE NASDAQ-100・バイライト・V2・インデックス
ALTY:Indxxスーパーディビィデンド・オルタナティブズ・インデックス
QDIV:S&P 500・クオリティ・ハイ:ディビィデンド・インデックス

コア型

「コア型」は様々なファクター、バリュー、地域への投資機会を提供するものです。グローバルX ESG経営企業 ETF(ティッカー:KRMA)は顧客、サプライヤー等のステークホルダーを重視した経営を行っている企業に投資するもので、ESG投資となり得るETFです。こうした経営を行う企業は増加しつつあり、将来はこれがスタンダードになる可能性があります。

コア型のETF(2020年9月16日時点)

ティッカー 名称名 市場 経費率
KRMA グローバルX ESG経営企業 ETF NASDAQ 0.43%
<連動指数>
KRMA:コンシニティ・コンシャス・カンパニーズ・インデックス

マネックス証券での米国ETF取扱銘柄

各銘柄の概要詳細、価格、チャート等については、外国株取引口座ログイン後にご覧いただけます。
外国株取引口座の画面右上にある検索ボックスに、ティッカーシンボルや銘柄コードを入力し、検索ボタンをクリックしてください。

米国ETF一覧

過去10期以上の企業業績、長期間の配当履歴、気になる銘柄の一覧比較など、様々な機能を搭載した「銘柄スカウター 米国株」は、米国ETFの情報も掲載しています。
ランキング機能では、ETFに絞って配当利回りの高いものを表示することも可能です。

銘柄スカウター米国株

口座開設の流れ

外国株取引をするためには、外国株取引口座の開設が必要です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

手続きはすべて ウェブサイト上で完了!
最短で翌営業日から 取引可能!
もちろん 口座開設・維持費は かかりません!

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。