サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

投資信託 テーマ特化型のファンド

ロボティクスやセキュリティをテーマにしたファンド

ロボティクス

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型) / (年2回決算型)

主に世界各国のロボティクス関連企業の株式に投資を行います。 1年決算型と年2回決算型があります。

詳細はこちら(1年決算型)

詳細はこちら(年2回決算型)

ロボティクス

ジャパン・ロボティクス株式ファンド(1年決算型) / (年2回決算型)

主に日本のロボティクス関連企業の株式に投資を行います。 1年決算型と年2回決算型があります。

詳細はこちら(1年決算型)

詳細はこちら(年2回決算型)

セキュリティ

グローバル・セキュリティ株式ファンド(3ヵ月決算型) / (年1回決算型)

主に日常生活に不可欠な「情報・身体・移動等の安全」を支える製品・サービスを提供する企業の株式に投資を行います。
3ヵ月決算型と年1回決算型があります。

詳細はこちら(3ヵ月決算型)

詳細はこちら(年1回決算型)

ヘルスケア・バイオ、高齢者関連ビジネス、介護等をテーマにしたファンド

ヘルスケア・バイオ

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(健次)

主に世界主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業の株式に投資を行います。

詳細はこちら

高齢者関連ビジネス、介護

三井住友・げんきシニアライフ・オープン

主に高齢化社会が生み出す新ビジネス、新技術あるいは様々なニーズ等をシルバ−ビジネスとしてとらえ、こうした分野に注目して事業を展開していく企業の株式に投資を行います。

詳細はこちら

環境や資源をテーマにしたファンド

資源関連

DIAMシェール株ファンド

主として北米(米国・カナダ)のシェールエネルギー関連株式への投資を通じて、中長期的な信託財産の成長を目的として、積極的な運用を行います。

詳細はこちら

金(ゴールド)

ピクテ・ゴールド

実質的に金に投資します。投資信託証券への投資を通じて、金の現物に投資し、米ドル建ての金価格の値動きを概ねとらえることを目指します。

詳細はこちら

金(ゴールド)

三菱UFJ 純金ファンド

わが国の取引所における金価格の値動きをとらえることをめざします。

詳細はこちら

資源関連

ピクテ資源国ソブリン・ファンド(毎月分配型)

主な投資対象は資源国の現地通貨建てのソブリン債券および準ソブリン債券。

特定の国や通貨に集中せず分散投資。

詳細はこちら

金鉱企業

ブラックロック・ゴールド・ファンド

南アフリカ、オーストラリア、カナダ、アメリカ等の金鉱企業の株式を中心にその他鉱業株式を主要投資対象とします。

詳細はこちら

天然資源

ブラックロック天然資源株ファンド

世界の資源株(エネルギー関連株、鉱山株、金鉱株)に投資。

新興国の経済成長に必要不可欠な資源に注目。

詳細はこちら

資源関連

HSBC 世界資源エネルギーオープン

主に世界の資源、エネルギー、新エネルギー、公益、食糧に関連する株式等に投資

詳細はこちら

特定の業種や分野をテーマにしたファンド

公益企業

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

主な投資対象は世界の高配当利回りの公益株
主に電力・ガス・水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式を投資対象とします。

毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。

詳細はこちら

公益企業

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)

主な投資対象は世界の高配当利回りの公益株
主に電力・ガス・水道等を提供する世界の公益企業が発行する株式を投資対象とします。

1年に一度決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。

詳細はこちら

公益企業

グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコース(為替ヘッジあり)

主に世界各国の公益企業・公社が発行する債券に投資するファンドです。
原則として対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図ります。
毎月決算を行い、収益を分配します。

詳細はこちら

公益企業

グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Bコース(為替ヘッジなし)

主に世界各国の公益企業・公社が発行する債券に投資するファンドです。
原則として対円での為替ヘッジを行いません。
毎月決算を行い、収益を分配します。

詳細はこちら

ブランド

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)

世界のプレミアム・ブランド企業の株式に投資。

特定の銘柄、国や通貨に集中せず、分散投資を行います。

詳細はこちら

インフラ

世界好配当インフラ株ファンド(毎月分配型)

相対的に配当利回りの高い世界のインフラ関連企業の株式等(インフラ資産を投資対象とする有価証券を含みます。)に投資

詳細はこちら

毎月分配型ファンドについての注意事項

投資信託トップページ

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。