サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

FX PLUS

追加証拠金制度

追加証拠金

FX PLUSでは、一日の取引が終了した時点(※1)で証拠金状況を計測し、証拠金維持率が100%を下回っていた場合、追加証拠金が発生いたします。追加証拠金が発生した場合、翌取引時間開始後にメールやお知らせ欄にてご案内いたしますので、当社が定める期限(原則当日24時30分(※2))までに証拠金不足額(証拠金維持率100%)以上の追加証拠金をご入金いただくか、建玉を全部又は一部決済(以下「ご入金等」といいます。)していただく必要があります(※3、4)。

証拠金維持率

また、追加証拠金が一旦発生すると、その後の外国為替相場の変動により、証拠金維持率が100%を回復した場合も、追加証拠金のご入金等が必要になります。

【ご留意事項】

証拠金状況画面の必要証拠金詳細にある証拠金不足額欄に不足金額が表示されている場合には、確認時点の証拠金維持率が100%以上か否かにかかわらず、追加証拠金は解消しておりません。追加証拠金の解消状況については必ず証拠金不足額を画面にてご確認いただくようご留意ください。

当社が定める期限(原則当日24時30分(※2))までにご入金等がない場合は、保有する全ての建玉が反対売買にて決済されますので、従来からのロスカットルールとあわせ、ご注意くださいますようお願いいたします。

ロスカット

両建て時の証拠金計算方法および追加証拠金解消を建玉決済によって行う場合の計算方法については、下記リンク先をご参照ください。

両建てMAX方式

  • (※1) NYクローズ時間に証拠金維持率をチェックいたします。
    米国ニューヨーク州標準時間の場合、日本時間6:55
    米国ニューヨーク州夏時間の場合、日本時間5:55(3月第2日曜日から11月第1日曜日まで)
    (※クリスマス等、必要に応じて取引時間を臨時に変更する場合があります。)
  • (※2) FX営業日、銀行営業日の都合により、当日24時30分とならない場合がございます。詳細は、下記の例をご参照ください。
  • (※3) 「FX PLUS法人口座」をご利用の場合、ロスカット水準が100%に設定されていることから、追加証拠金を設けておりません。
    本ページでの例およびイメージは「FX PLUS法人口座」をご利用されていない場合のものとなります。
  • (※4) 銀行が非営業日の場合でも証拠金維持率のチェックは行いますが、追加証拠金の判定は行いません。連休などの場合、連休明け早朝の証拠金維持率チェックの際に証拠金維持率が100%を下回っていれば、追加証拠金が発生いたします。

非銀行営業日の追加証拠金の例

日付 証拠金維持率
チェック ※
追加証拠金に
かかる チェック ※
入金等の期限
4月28日(木) 4月29日(金)
5:55~
4月30日(土)
5:55~
5月2日(月)
24:30~
4月29日(金) 4月30日(土)
5:55~
4月30日(土)
5:55~
5月2日(月)
24:30~
4月30日(土)      
5月1日(日)      
5月2日(月) 5月3日(火)
5:55~
5月6日(金)
5:55~
5月6日(金)
24:30~
5月3日(火) 5月4日(水)
5:55~
5月6日(金)
5:55~
5月6日(金)
24:30~
5月4日(水) 5月5日(木)
5:55~
5月6日(金)
5:55~
5月6日(金)
24:30~
5月5日(木) 5月6日(金)
5:55~
5月6日(金)
5:55~
5月6日(金)
24:30~
5月6日(金) 5月7日(土)
5:55~
5月7日(土)
5:55~
5月9日(月)
24:30~

カレンダーと営業日の関係

銀行
営業日
FX
営業日
平日
日本の
祝日
×
土日 × ×

追加証拠金にかかるチェックと入金等の期限のイメージ

追加証拠金発生のイメージ

(注意) 自動ロスカットのレベルは、50%、60%、70%、100%の4段階から任意にお選びいただけます。(「FX PLUS法人口座」をご利用の場合は一律100%に設定されています)
上記イメージでは、自動ロスカットレベルを50%に指定した場合となります。

  • 期限までに証券総合取引口座にご入金いただいてもFX PLUS口座にて入金が確認できない場合、反対売買によりすべての建玉が決済されますので、必ずFX PLUS口座までお振替ください。
  • 未約定の新規注文がある場合、注文必要証拠金が維持率に加味されているため、ご注文を取消しいたします。取消しをした結果、証拠金維持率が100%を上回れば、ご入金等は不要となります。その際、「FX PLUS証拠金不足通知」のメールを一旦送信いたしますが、取消した結果、証拠金維持率が100%を上回れば、「FX PLUS証拠金不足解消通知」のメールを送信いたします。

追加証拠金発生の例

  • FXPLUS口座に40,000円入金
  • 米ドル/円を82.50で1万通貨買建したが、81.00まで円高になり取引終了時刻となった。
  • 7,400円の追加証拠金が必要であるという証拠金不足通知のメールが配信された。

    計算を簡略化するためスワップポイント、未約定新規注文、その他の入出金額は考慮しておりません。

  • (※1) NYクローズ時間に証拠金維持率をチェックいたします。
    米国ニューヨーク州標準時間の場合、日本時間6:55
    米国ニューヨーク州夏時間の場合、日本時間5:55(3月第2日曜日から11月第1日曜日まで)
    (※クリスマス等、必要に応じて取引時間を臨時に変更する場合があります。)
  • (※2) 新規取引、出金請求などは、証拠金維持率が100%を超えた状態にならなければできません。

以下の口座状況に達すると、追加証拠金が発生します。
実効証拠金 < 追加証拠金基準額

追加証拠金基準額:追加証拠金判定時レート×建玉数量×必要証拠金率×証拠金維持率(100%)
81.00円 × 1万通貨 × 4% × 100% = 32,400円
実効証拠金:預入証拠金-(買建時レート-追加証拠金判定時レート)×建玉数量 
40,000円 - (82.50円 - 81.00円) × 1万通貨 = 25,000円
追加証拠金:実効証拠金-追加証拠金基準額 
25,000円 - 32,400円 = ▲7,400円

上記の状況から7,400円の不足額を解消するには、7,400円以上の額を振替入金するか、建玉の一部決済が必要です。

(建玉を一部決済する場合)
追加証拠金分を解消するために必要な建玉数量を「X」とすると、
追加証拠金判定時レート(※) × 建玉数量「X」 × 4% ≧ 追加証拠金
81.00 × 「X」 × 4% ≧ 7,400
「X」 ≧ 2,283 よって3,000

取引は最低1,000通貨単位で行うため、3,000ドルを決済すれば追加証拠金は解消となります。

(※) 2012年3月17日(土)より、建玉決済によって追加証拠金解消を行う場合、解消に必要な建玉数量を算出する基準となるレートは、追加証拠金判定時レートとなりました。
追加証拠金判定時のレートは、前取引日の終値となり、売建玉の場合はAsk終値、買建玉の場合はBid終値が用いられます。前取引日の終値についてはFX PLUSウェブ画面の「投資情報」>「レート情報」の「前日の4本値」、またはMonexTraderFXをご利用の場合はチャート画面にてご確認いただけます。携帯電話、MonexTraderFX スマートフォンからはご確認いただけません。

証拠金振替に関するご注意

証券総合取引口座にご入金の際、信用取引口座において追加保証金、または不足金(立替金)が発生している場合、追加保証金の解消、または先日付のお預り金不足の解消に優先的に充当されるため、ご入金金額の一部または全部が先物・オプション、FXなど、他商品の証拠金へ振替えることができない場合があります。詳しくは以下のQ&Aをご覧ください。

入金した金額が、先物・オプション、FX PLUS、くりっく株365などの証拠金に振替えできませんが、なぜですか?

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには…

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込み