• 速い
  • 安い
  • 使い
    やすい
トレステ
トレーダーの力を100%引き出す
日本株取引ツール

自分の知識だけで
勝負しますか?

プロも使っている
本格トレードツール
戦いますか?

トレステ
利用ユーザーは
急速に増加中

日本株版トレードステーション(トレステ)は、2016年4月にマネックス証券より提供を開始すると、急速に口座が増加。2018年4月には1万口座を突破しています!

しかしそれもそのはず。オリジナル版のTradeStationRはアメリカで約30年の歴史を誇り、今や世界中の投資家に愛用されています。

※TradeStationRはアメリカで最も権威のある金融メディアの一つである「バロンズ」紙にて、2011年から8年連続でアクティブトレーダー部門で最高評価を獲得。

トレステ デビュー
応援プログラム
口座開設後は最大3ヶ月間
現物・信用の
に!
(約定金額が合計5,000万円に達した場合は、翌週第2営業日から通常手数料になります。)
今すぐ無料で口座開設

マネックス証券のトレードステーション利用口座を開設すると、口座開設日の翌営業日から翌々月末まで、取引手数料が無料になります。プログラム期間中に累計約定金額が5,000万円に達した場合、翌週第2営業日より通常の手数料プランに移行されます。 詳細はこちら

  • 株で勝ちたい!
  • 仕事をしながらトレードしている
  • いろんな種類の取引・分析を試したい
  • 口座開設
    無料

  • ツール手数料
    無料

  • 取引手数料
    業界最安
    水準

今すぐ無料で口座開設
圧倒的なデータ量
過去のデータを見ながら
今後の値動きを予測できる!
チャート分析

トレステのチャートは日本株の日足データで最長26年、分足データで最長10年前まで表示することができます。
例えば、2016年の「米大統領選挙」や「英国のEU離脱」など、過去の大きなイベントでの値動きを分足でチェックして、今後の類似するイベントの値動きを予測。
過去のデータを遡って分析することができるのです。

  • 100種類以上
    指標を搭載

  • 日足データ最長26年
    分足データ最長10年

  • チャート画面は
    何枚でも表示可能

今すぐ無料で口座開設
最大2,000銘柄を登録
リアルタイムソートで
いま買い時の銘柄を
探し出す!
レーダースクリーン (銘柄ボード)

トレステのレーダースクリーン(銘柄ボード)は、最大2,000銘柄を一斉登録。日経平均やTOPIX構成銘柄をもまとめて登録して、リアルタイムで監視することができます。
さらに、その膨大な数の銘柄をリアルタイムソートすれば、今が買い時のチャンス銘柄を見つけやすくなります。2,000銘柄を一斉登録できるのは国内主要オンライン証券で唯一※。

国内主要オンライン証券とは、SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。
上記に記載の内容は、2018年8月1日時点に当社で確認した情報です。

  • 2,000銘柄の株価を
    まとめて表示

  • メモ機能で銘柄ごとに
    コメントを追加

  • 200種類以上の指標に
    アラート設定可能

今すぐ無料で口座開設
ツールは操作性も重要
ワンクリック・
ドラッグ&ドロップで
手軽な発注を可能に!
マトリックス(板情報)
  • ワンクリック
    お手軽発注

  • ドラッグ&ドロップ
    注文訂正

  • 出来高を
    グラデーションで表現

今すぐ無料で口座開設

トレードステーションの取引手数料は1日定額制を採用しており、主要オンライン証券最安水準※です。

2018年8月1日現在、マネックス証券調べ。主要オンライン証券は、SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。なお、カブドットコム証券は1日定額手数料コースの設定がございません。

1日の約定金額
10万円
1日の約定金額
100万円
1日の約定金額
1,000万円
トレード
ステーション
50円 400円 3,250円
SBI証券 0円 762円 (現物)
477円 (信用)
4,362円 (現物)
4,077円 (信用)
楽天証券 0円 858円 10,000円
松井証券 0円 1,000円 10,000円
税抜表示・各種手数料割引は考慮しておりません。
また一日定額手数料コースの手数料を決める刻みは会社により異なりますので、ご留意ください。
スマホでも直観的に操作できる
トレードステーション・
モバイル
(スマートフォン版)

操作性抜群のスマートフォン版はAndroid、iPhoneのどちらでも利用可能。
リアルタイム株価情報、テクニカル分析、チャート描画、株式ランキング、銘柄リスト登録など、スマホでも機能充実。いつでもどこでも手軽にテクニカル分析。

今すぐ無料で口座開設
トレステ デビュー
応援プログラム
口座開設後は最大3ヶ月間
今すぐ無料で口座開設

トレードステーション利用口座の口座開設日の翌営業日から翌々月末まで取引手数料が無料になります。プログラム期間中に累計約定金額が5,000万円に達した場合、達した翌週の第2営業日より通常の取引手数料体系に移行されます。約定金額は、現物取引と信用取引を合算します。

定額プランなのは安心だね!
手数料は業界最安水準
3つの1日定額プランをご用意
トレードステーションの取引手数料は1日定額制を採用しており、主要オンライン証券最安水準※です。
2018年8月1日現在、マネックス証券調べ。主要オンライン証券は、SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。なお、カブドットコム証券は1日定額手数料コースの設定がございません。
  • ミニプラン
    1日の約定金額
    10万円ごとに
    50
    (税抜)
  • ノーマルプラン
    1日の約定金額
    100万円ごとに
    400
    (税抜)
  • ラージプラン
    1日の約定金額
    1,000万円ごとに
    3,250
    (税抜)
  • 初期設定は「ノーマルプラン」となっております。変更をご希望のお客様はウェブサイトにてお選びいただけます。
  • ラージプランは信用取引口座開設済みのお客様のみお選びいただけます。ラージプランをご希望のお客様はコールセンターにてお問合せください。
  • 1日の約定金額は、現物取引と信用取引の約定金額を合算します。約定金額の合計額をもとに手数料を計算します。
口座開設申込みの数日後、翔太と麗子のチャットにて
  • 坂本 慎太郎(Bコミ)氏(こころトレード研究所所長)
    板乗りの速さが他社を圧倒しています。
    ワンクリックで連続注文も可能なので、トレーダーの生命線である『速さ』にもこだわりたい方には必須のツールです。
  • 手塚宏二氏(小次郎講師として株式セミナー等で活躍中)
    トレードステーションの魅力はカスタマイズ性です。私はさまざまなインジケーターを開発しています。
    たとえば私の「移動平均線大循環分析」や「大循環MACD」などがトレステではすぐに実現可能です。
  • 中原良太氏(2016年Yahoo!ファイナンス株価予想1位)
    自信を持って推薦します!トレステを使うことで、取引する前から、自分のやろうとしている事が
    「儲かりそうなのか」「危険なのか」が分かります。ですから、どんな相場が来ても、安心して取引できるようになります。
    まさに、利益を出し【続けたい】トレーダーにこそ、必携の株式ソフトだと思います。
  • 馬渕磨理子氏(フィスコ企業リサーチレポーター)
    トレステは、隅々までトレーダーを大切にしているツールだと感じます。
    トレステを利用しているうちに「マーケット力」が向上すると思います。また、サポートの手厚さにも驚きました。
    使い方が分からない利用者に対して、Twitter、LINEなどで質問に答え、サポートしてくれます。
トレステご利用まで3STEP
  • マネックス証券の
    証券総合取引口座を
    開設

  • 証券サイトから
    トレードステーションを
    ダウンロード

  • PCに
    インストールして
    ご利用開始!

トレードステーション(無料)を
ご利用いただくには、
マネックス証券のトレードステーション
利用口座を開設する必要があります。

当社の口座開設・維持費は無料です。
口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

すでにマネックス証券にて証券総合取引口座を開設済みでトレードステーションをご利用いただく場合、移行手続きが必要となります。なお、トレードステーション利用口座では、現在マネックス証券でご利用いただいている商品やサービスなどの併用ができない場合があります。詳しくはウェブサイトに記載のお問合せ先へ、お電話またはメールにてお問合せください。

今すぐ無料で口座開設

日本株取引ツール「トレードステーション」における国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、一日の約定金額1,000万円ごとに最大5,000円かかります。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
なお、当社が定める一定の条件を満たすお客様向けの特別手数料を用意しています。詳細はウェブサイトをご覧ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」および「日本株取引サービス『トレードステーション』に係るご注意事項」を必ずお読みください。