サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

金融商品購入のタイミング

Q株式や投資信託は、いつ買うのが良いの?

A
ベストな買い時は、投資のプロでも見極めが難しいものです。
いつが良いのか分からない場合には、手元の資金を一気に投資せず、数回に分けて購入し、投資タイミングを分散させることにより、高値で買ってしまうリスクを減らしましょう。
長期投資なら自動的に分散できる定額の積立投資がオススメです。

投資タイミングの分散には「ドルコスト平均法」を使おう

投資タイミングを分散する方法には、「ドルコスト平均法」と「定量購⼊法」の2つがあります。

ドルコスト平均法

購入金額が毎回同じ)

株価や投資信託の価格にかかわらず、毎月1万円など定期的に同じ金額で購入する方法です。

定量購入法

購入数量が毎回同じ)

株価や投資信託の価格にかかわらず、株式なら毎月100株投資信託なら毎月1,000口など定期的に同じ数量で購入する方法です。

一見すると、どちらでも同じ効果が得られるように感じますが、毎回同じ数量を購入し続ける「定量購入法」に対して、毎回同じ⾦額で購⼊する「ドルコスト平均法」では、株式や投資信託の価格が⾼いときは購⼊株数が少なくなりますが、安いときは多く購入することができます。
その結果、「ドルコスト平均法」の方が「定量購入法」よりも1株当たり(1口当たり)の平均購入単価を引き下げることができ、同じ投資金額でより多くの株式を購入できる可能性があるのです。

株式や投資信託をミカンに例えて考えてみよう

「ドルコスト平均法」が使える積立商品のご紹介

投資信託

毎日つみたても可能

マネックス証券では、投資信託を100円から購入・積立することができます。購入のタイミングは毎日と毎月の2種類を選べます。

投信つみたての詳細

投信つみたての詳細

投信つみたての詳細

ロボアドバイザー

資産運用をサポート

簡単な質問に答えるだけで、お客様に合った資産配分を提案し、運用をサポートしてくれます。購入タイミングは毎月1回です。

ロボアドバイザーの詳細

ロボアドバイザーの詳細

マネックス・ゴールド

毎月1,000円からの
純金積立

毎月の購入額を決めれば、自動的に毎日つみたてが行われます。

マネックス・ゴールドの詳細

マネックス・ゴールドの詳細

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。また、外貨建て投資信託においては、外貨ベースでは投資元本を割り込んでいない場合でも、円換算ベースでは為替相場の変動により投資元本を割り込むことがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.586%(税込:2.709%)程度を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「ファンド詳細」よりご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。