サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

仕組債

仕組債

「仕組債」とは、債券にデリバティブ(金融派生商品)を組み込むことで、投資家のニーズに合うキャッシュフローを生み出す設計の債券です。本ページでは仕組債の中でもマネックス証券で取り扱いの多い株価連動債の基本的な内容をご紹介いたします。

仕組債とは?

「仕組債」とは、一般的な債券にデリバティブ(金融派生商品)を組み込み、一般的な債券よりも高いクーポンやキャッシュフローを生み出す仕組みをもつ債券です。 マネックス証券では主に、株価に連動して、利率や償還金額が変わる「株価連動債」を主に取り扱っております。

仕組債

仕組債

仕組債取引の”3つ”の特徴

仕組債は他の一般的な債券と比較して、以下の3つの特徴があります。

高金利

仕組債は一般的な債券と比べ金利が高い傾向があります。また、利払いのタイミングや金額が変わる債券もあります。

リスク

高い金利を実現する一方で、仕組債は株価が下落すると元本割れが生じるリスクがあります。リスクとリターンのバランスをとることが重要です。

種類が豊富

個別株式や株価指標に連動する仕組債があり、満期までの長さが変化する債券もあります。

仕組債選びのポイント

マネックス証券の分析では、仕組債をお取引いただいているお客様は以下の観点でご購入を検討されている傾向があります。

POINT1

リスクとリターンのバランスを取ろう

高金利の株価連動債への投資は人気があります。一方で、参照株価の株価変動率(ボラティリティ)も高く、元本割れが生じる可能性も高まるため注意が必要です。金利だけでなく、参照銘柄の業種や将来の株価動向を予想することが重要です。

POINT2

銘柄選びの達人になろう

株価連動債は参照株価の水準によって利率や償還金が変動します。そのため株式投資と同じく、株価の推移や業績などが判断材料となります。

資産運用は仕組債で

仕組債のお取引は以下のような資産運用ニーズを持った方におすすめです。

他の一般的な債券よりも高い金利を目指したい方

仕組債は一般的な債券にデリバティブを組み込むことで、より高いキャッシュフローを実現しています。
リスクがあるものの、一般的な債券よりも高い利回りを目指す運用が可能になります。

ご自身のペースで資産運用されたい方

マネックス証券では、大手証券会社やプライベートバンクで提供しているような債券をオンラインでもお取引いただけます。資産運用を自分自身のペースで始められることも魅力的です。

資産運用に積極的な方

マネックス証券では資産運用に積極的な方がご購入されている傾向があります。余裕資金の一部で、長期的な試算形成を目指すことができます。

早期償還条項付 参照株式株価連動債券の取引に関する重要事項

<リスク>

※本債券は、早期償還または満期償還までの保有を前提とした特殊な仕組みとなっておりますので、中途売却される場合、売却価格が著しく低くなり、投資元本を割込むことがあります。

本債券には、以下のようなリスクがあります。

[早期償還リスク]

本債券は早期償還評価日の参照株式株価終値が早期償還判定水準以上の場合、当該早期償還評価日の直後の利払期日において、自動的に額面金額で早期償還されます。その際に早期償還された償還額を再投資した場合に、早期償還されない場合に得られる本債券の利金と同等の利回りが得られない可能性(再投資リスク)があります。

[元本リスク]

本債券は、早期償還した場合を除き、所定の観察期間中のいずれかの時点において、参照株式株価終値の水準が所定のノックイン判定水準と同額かまたはそれを下回った場合には、償還金額が参照株式株価終値に連動するため、額面金額を下回る可能性があります。また、参照株式発行会社につき破産手続きが開始された場合等においては、本債券が無価値となる場合があります。

[投資利回りリスク]

本債券の満期償還において、満期償還額が額面金額を下回る場合には、投資利回りがマイナスになる可能性があります。本債券の満期償還は額面金額(元本)の償還と利息の支払によって行われるため、参照株式の株価は上昇した場合でも、その上昇分を享受することができず、本債券への投資は、参照株式に直接投資した場合に比べ、投資利回りが低くなる可能性があります。また、市場状況の変化により、将来、本債券よりも有利な条件の類似する債券が同一の発行会社から発行される可能性があります。

[価格変動リスク]

本債券の価格は、参照株式株価終値の水準や債券市況の水準の変化等により変動し、その結果投資元本を割込むことがあります。

[金利変動リスク]

本債券の価格は、市場金利の上昇等による債券価格の水準の変化により変動し、その結果投資元本を割込むことがあります。

[信用リスク]

発行者および本債券の参照株式発行会社の経営、財務状況の変化およびそれらに対する外部評価の変化などにより、元本や利息の支払い能力(信用度)が変化し、投資元本を割込むことがあります。

[流動性リスク]

本債券には整備された流通市場が存在せず、償還前の売却が困難な場合があり、売却価格に悪影響が及ぶ場合があります。

[カントリーリスク]

本債券は、投資先の国の政治・経済・社会情勢の混乱等により債券の売買が制限されることなどにより、損失を被ることがあります。

<手数料等>

債券をお取引される場合には、購入対価がかかりますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

  • お申込み/ご購入にあたっては「契約締結前交付書面」、「目論見書(販売説明書)」、および無登録格付の場合は「無登録格付に関する説明書」をご覧いただき、取引の仕組みやリスク・手数料等についてご確認ください。
  • 債券が、募集・売出し等の届出が行われていない場合は、金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりませんのでご注意ください。

早期償還条項付日経平均株価連動債券の取引に関する重要事項

<リスク>

※本債券は、早期償還または満期償還までの保有を前提とした特殊な仕組みとなっておりますので、中途売却される場合、売却価格が著しく低くなり、投資元本を割込むことがあります。

本債券には、以下のようなリスクがあります。

[早期償還リスク]

本債券は早期償還評価日の日経平均株価終値が早期償還判定水準以上の場合、当該早期償還評価日の直後の利払期日において、自動的に額面金額で早期償還されます。その際に早期償還された償還額を再投資した場合に、早期償還されない場合に得られる本債券の利金と同等の利回りが得られない可能性(再投資リスク)があります。

[元本リスク]

本債券は、早期償還した場合を除き、所定の観察期間中のいずれかの時点において、日経平均株価終値の水準が所定のノックイン判定水準と同額かまたはそれを下回った場合には、償還金額が日経平均株価に連動するため、額面金額を下回る可能性があります。

[投資利回りリスク]

本債券の満期償還において、満期償還額が額面金額を下回る場合には、投資利回りがマイナスになる可能性があります。本債券の満期償還は額面金額(元本)の償還と利息の支払によって行われるため、日経平均株価は上昇した場合でも、その上昇分を享受することができず、本債券への投資は、他の日経平均株価関連商品に直接投資した場合に比べ、投資利回りが低くなる可能性があります。また、市場状況の変化により、将来、本債券よりも有利な条件の類似する債券が同一の発行会社から発行される可能性があります。

[価格変動リスク]

本債券の価格は、日経平均株価終値の水準や債券市況の水準の変化等により変動し、その結果投資元本を割込むことがあります。

[金利変動リスク]

本債券の価格は、市場金利の上昇等による債券価格の水準の変化により変動し、その結果投資元本を割込むことがあります。

[信用リスク]

発行者の経営、財務状況の変化およびそれらに対する外部評価の変化などにより、元本や利息の支払い能力(信用度)が変化し、投資元本を割込むことがあります。

[流動性リスク]

本債券には整備された流通市場が存在せず、償還前の売却が困難な場合があり、売却価格に悪影響が及ぶ場合があります。

[カントリーリスク]

本債券は、投資先の国の政治・経済・社会情勢の混乱等により債券の売買が制限されることなどにより、損失を被ることがあります。

<手数料等>

債券をお取引される場合には、購入対価がかかりますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お申込み/ご購入にあたっては「契約締結前交付書面」、「目論見書(販売説明書)」、および無登録格付の場合は「無登録格付に関する説明書」をご覧いただき、取引の仕組みやリスク・手数料等についてご確認ください。