サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

マネックスビットコインのメリットと特徴

マネックスビットコイン(暗号資産CFD)のメリットや特徴についてご紹介します。

差金決済取引(CFD)とは?

CFDとは「Contract For Difference」の略称です。
商品(株式や債券など)や各種指数の市場での値動きをそのまま参照しながらも、現物原資産(本サービスでは現物暗号資産)の受渡しを行うことなく、売買価格差が損益になる取引のことです。
馴染みのあるFX(外国為替証拠金取引)も原資産を外国為替としたCFDの一つです。
また、預入れた証拠金を担保に、一定のレバレッジ(※)を効かせた取引ができることも特徴の一つです。

レバレッジとは、「てこの原理」を意味し、少額の証拠金で大きな金額の取引ができます。

メリットと特徴

特徴1 ビットコイン/円などの主要銘柄の取引が可能

ビットコイン/円をはじめ、リップル/円やイーサリアム/円などの主要銘柄の取引が可能です。

マネックスビットコインで取り扱う暗号資産

特徴2 取引手数料が無料

為替取引や株価指数取引では一定の取引手数料がかかる場合がありますが、
暗号資産CFDでは取引手数料はかかりません。

特徴3 24時間365日いつでも取引可能

暗号資産を対象した差金決済取引(CFD)のため、サービス時間に制約がなく、24時間365日いつでもお取引いただけます。

特徴4 下落相場でも利益を狙えます

売りから入ることもできるため、相場上昇時だけでなく、下落時にも利益を狙うことができます。
暗号資産の価格は、上昇トレンドの時もあれば、下落トレンドの時もあります。
現物取引ではできない、下落相場の局面でも収益を狙う取引が可能です。

特徴5 レバレッジ効果により少額資金で大きな取引が可能

最大2倍までレバレッジをかけて取引することができるため、少額資金でも投資効率を高めることができます。

特徴6 多様な注文が可能なスマートフォンアプリ

シンプルで使いやすい操作を可能にした、暗号資産CFD専用のスマートフォンアプリ『MONEX TRADER CRYPTO 』にてお取引できます。ストリーミング注文や指値・逆指値注文をはじめ、OCO、IFD、IFOなどの複合注文にも対応しています。

App Store から無料ダウンロード

Google Play から無料ダウンロード

暗号資産CFDをはじめるには

暗号資産CFD口座は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「暗号資産CFD口座」の2つの口座を開設するとご利用いただけます。もちろん、どちらの口座も口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、暗号資産CFD口座開設画面へ遷移します

暗号資産CFDは、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の本商品・取引の性格・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入金額や金融資産額の状況、ご投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引の決定のご判断をお願い申し上げます。

また、暗号資産CFD口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

暗号資産CFDをはじめるには

暗号資産CFDは、「暗号資産CFD口座」を開設すると、ご利用いただけます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

暗号資産CFD口座をお持ちでない方

暗号資産CFD口座開設画面へ遷移します

暗号資産CFDは、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の本商品・取引の性格・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入金額や金融資産額の状況、ご投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引の決定のご判断をお願い申し上げます。

また、暗号資産CFD口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。