サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

確定申告 その他の商品

申告分離課税の雑所得同士は損益通算が可能です。
詳しくは損益通算表をご覧ください。

損益通算表

また、先物・オプション・FXによる損失は、繰越控除を利用することが可能です。

先物・オプション・くりっく株365

課税対象は決済益です。

※ 平成25年1月1日から平成49年12月31日まで、復興特別所得税として基準所得税額に2.1%が上乗せされ、平成28年の税率は20.315%(所得税:15.315%、住民税5%)です。

FXPLUS・tradable

※ 「tradable」は2016年7月31日にサービスを終了しております。

課税対象は決済益と、スワップ金利です。

外国為替証拠金取引に係る税制上の取扱いを教えてください

※ 平成25年1月1日から平成49年12月31日まで、復興特別所得税として基準所得税額に2.1%が上乗せされ、平成28年の税率は20.315%(所得税:15.315%、住民税5%)です。

貸株サービス

課税対象は、定期的に支払われる貸株金利と、貸株配当金相当額です。

貸株料(貸株金利)にかかる税金について、教えてください

※ 雑所得(総合課税)内での損益通算につきましては、国税庁ウェブサイトまたは所轄の税務署等にご確認ください。

マネックス・ゴールド

課税対象は譲渡損益です。
譲渡損益は、取引の状況に応じて「譲渡所得」「雑所得」もしくは「事業所得」のいずれかとして扱われます。
通常、給与所得者などのケースでは譲渡所得として扱われます。

※ 譲渡所得の中でも、保有期間によって課税方法が異なります。

保有期間が5年以内の売却益は「短期譲渡所得」、5年を超える場合の売却益は「長期譲渡所得」となります。どちらも譲渡所得(総合課税)となり、年間50万円の特別控除があります。

短期譲渡所得と長期譲渡所得は、それぞれ計算式があります。
また、短期・長期譲渡所得が両方ある場合は、短期譲渡益から先に50万円を控除します。

短期譲渡所得と長期譲渡所得の計算式は以下のとおりです。

課税短期譲渡所得 = 売却益 − 50万円
課税長期譲渡所得 = (売却益 − 50万円) ÷ 2

詳しくはこちらをご覧ください。
マネックス・ゴールド:売却時の税金の取扱いはどうなるのですか?

本資料は平成28年の税制に基づいて作成しており、今後、税制変更が行われる場合があります。確定申告書の具体的な記載方法や申告に伴うご質問は、必ず最寄(所轄)の税務署へお問合せください。