サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

【世界最大級の資産運用会社】バンガード

【世界最大級の資産運用会社】バンガード

バンガードは、世界19カ所にある拠点を通じて、5.9兆米ドル(約638兆円)の資産を市場で運用しています。(2019年10月31日現在)
親会社であるザ・バンガード・グループ・インクは、1976年に初の個人投資家向けインデックスファンドを売り出し、それ以来、低コストのインデックス運用における第一人者となりました。
本コンテンツでは、バンガードが運用しているETFの特徴を含め、バンガードについてご紹介します。

資産運用会社バンガードについて

【お客様第一主義】バンガードの理念

バンガードの理念

出所:バンガード、2019年10月31日現在

バンガードは、1975年にアメリカのペンシルバニア州で、「資産運用会社は投資家の皆さまの利益のためだけにファンドを運用すべきである」という画期的なアイデアに基づき設立された、世界最大級の運用会社です。

2019年10月31日現在、世界19カ所にある拠点を通じて、5.9兆米ドル(約638兆円)の資産を市場で運用しています。

創業時から「全ての投資家の皆さまと公平に向き合い、投資目標達成のための最良の機会をご提供する」という使命を掲げ、お客様第一主義をビジネスの軸としています。投資家の皆さまの視点に立ち、低コストで安定性のある長期投資の機会をご提供することで、皆さまの投資目標達成のお手伝いをさせて頂いています。

【バンガードの創立者】 ジョン・ボーグル氏

バンガードの創立者 ジョン・クリフトン・ボーグル氏

バンガードの創立者 ジョン・クリフトン・ボーグル

バンガードの創立者、ジョン・クリフトン・ボーグル(愛称:ジャック・ボーグル)は、世界で初めて個人向けインデックス・ファンドを設立した「インデックス・ファンドの父」として広く知られています。また、資産運用業界に最も貢献した人物の一人として、世界中の多くの投資家から尊敬されています。

ボーグルは、全ての投資家に平等に低コストの投資機会を提供し、それまでの資産運用業界の慣習を変えました。彼が資産運用業界を改革し、人々の生活に貢献しようとした思いとその背景には、自身の質素な生い立ちと、成功に至るまでの地道な努力があったといいます。

異端児と呼ばれたボーグルですが、絶えず投資家の利益最大化を追求し、投資信託業界に低コストのインデックス・ファンドを広めました。ボーグルが、その哲学を具現化するために創設したバンガードは、現在、世界最大級の投資運用会社となっています。

バンガードが提供するETFの特徴

低コストのETF

低コストのETF

出所:バンガード及びモーニングスター、2018年12月31日現在

すべて加重平均

コストを最小限に抑えることは、投資家にとって重要な要素です。それは投資において、「高い手数料を払えばそれだけリターンが大きくなる」という根拠はどこにもないからです。それどころか、管理報酬や売買手数料として支払う投資コストが、獲得できる可能性のあるリターンから単純に差し引かれます。

バンガードETFの平均経費率は0.07%と、業界の平均経費率0.27%に対して、3分の1以下という低コストを実現しています。ここで重要なのは、市場はコントロールできませんが、低コストの商品を投資対象に選ぶことで、コストをコントロールすることは可能だということです。

バンガードの投資哲学 4つの基本原則

バンガードの投資哲学 4つの基本原則

バンガードの投資哲学 4つの基本原則

1. 明確で適切な投資目標の設定

投資目標は、目標が適切で、達成可能でなければいけません。投資のリターンを過度に高く見積もったり、実践が難しい貯蓄や投資計画に基づくものであってはいけません。

2. 幅広く分散しているファンドに投資し、適切な資産配分を

適切な投資計画は、ポートフォリオの目的に合ったアセットアロケーション(資産配分)から始めます。アセットアロケーションは、合理的なリスクとリターンの予測に基づいて決定する必要があります。そして、資産を不必要なリスクから守るために、分散させる必要があると考えます。

3. コストの最小化

マーケットは予測不可能です。しかし、コストは常に発生します。投資コストが低ければ低いほど、リターンに対する投資家の手元に残るお金は増えます。学術的な調査によると、低コストの投資は高コストの投資をアウトパフォームする傾向があると指摘されています。

4. 規律ある長期的な視点を

投資は、時に大きな感情の波をもたらします。マーケットの混乱に直面すると、投資家の中には衝動的な行動を取ってしまう人、逆に思考が停止してしまい、投資戦略の実行や必要なリバランスができなくなる人も出てきます。しっかりとした自制心と長期的な視点を持ち続けることで、たとえマーケットが不安定なときでも、投資家は投資目標の達成に向けて、焦点を定めることができるようになります。

マネックス証券のバンガードETF残高ランキング(米国株)

1 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 0.09%
連動指数
FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス
2 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・S&P500ETF(VOO) 0.03%
連動指数
S&P500指数
3 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM) 0.06%
連動指数
FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス
4 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) 0.03%
連動指数
CRSP USトータル・マーケット・インデックス
5 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO) 0.12%
連動指数
FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス
6 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND) 0.04%
連動指数
バークレイズ米国総合浮動調整インデックス
7 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK) 0.09%
連動指数
FTSE欧州先進国オールキャップ・インデックス
8 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・米国増配株式ETF(VIG) 0.06%
連動指数
NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックス
9 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT) 0.10%
連動指数
MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックス
10 銘柄名(ティッカー) 経費率
バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT) 0.10%
連動指数
MSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア25/50インデックス

(2019年10月末時点で、マネックス証券のバンガードETFシリーズを保有している口座数をランキングにしています。)

バンガード

過去10期以上の企業業績、長期間の配当履歴、気になる銘柄の一覧比較など、様々な機能を搭載した「銘柄スカウター 米国株」は、米国ETFの情報も掲載しています。
ランキング機能では、ETFに絞って配当利回りの高いものを表示することも可能です。

銘柄スカウター米国株

口座開設の流れ

外国株取引をするためには、外国株取引口座の開設が必要です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

手続きはすべて ウェブサイト上で完了!
最短で翌営業日から 取引可能!
もちろん 口座開設・維持費は かかりません!

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。