サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引 信用取引のしくみ

信用買いと信用売り

信用取引では、お客様が買付けに必要な資金を証券会社から借りて株式を購入する「信用買い」と、売付けに必要な株式を証券会社から借りて株式を売却する「信用売り(空売り)」の2つがあります。

株を買う場合(信用買い) 株を売る場合(信用売り)

証券会社からお金を借りて、借りたお金で株を買うため、少ない資金で株式取引ができる

証券会社から株式を借りて、借りた株式を売るため、相場が下がるときにも利益が出せる

「スタート信用」では空売りはできません。

信用買いのしくみ

信用買いの場合、証券会社からお金を借りて株式を買っているため、必ずお金を返す(返済する)必要があります。

決済の方法として、「反対売買による返済」と「現引(げんびき)による決済」のどちらかを選択することができます。

信用買いをしている状態

方法1 反対売買による返済

建玉の反対売買(売却)を行い返済する方法で、売却時の株価によって損益が異なります。

信用買いをしている状態

売却金額 - 買建て金額 = 損益

方法2 現引(げんびき)による決済

株式を売却せずお金だけを返済をすることで、現物株を受け取る方法です。

買建て金額 → 現物株

信用売りのしくみ

信用売りの場合、証券会社から株式を借りて株式市場で売却しているため、必ず株式を返す(返済する)必要があります。

決済の方法として、「反対売買による返済」と「現渡(げんわたし)による決済」のどちらかを選択することができます。

信用売りをしている状態

方法1 反対売買による返済

建玉の反対売買(買戻し)を行い返済する方法で、買戻し時の株価によって損益が異なります。

売建て金額 - 買戻し金額 = 損益

方法2 現渡(げんわたし)による決済

建玉と同じ銘柄の現物株を持っている場合に、現物株を差し出すことで返済する方法です。

保有している現物株で返済し、
売建て金額を受け取る

「スタート信用」では空売りはできません。

次へ(信用取引の種類)