サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引の種類

一般信用と制度信用

取引時には、「制度信用取引」と「一般信用取引」のいずれかを選択する必要があります。

  制度信用取引(半年期限) 一般信用取引(無期限)
対象銘柄

制度信用銘柄のみ

国内上場銘柄のうち、一定の基準を満たした銘柄

買方:ほぼ全銘柄
売方:当社が選定した銘柄

権利処理等に伴い、決済期日を設ける場合がある

当社事由により、翌営業日以降強制決済する場合がある

返済期限 新規建玉日から6ヶ月後の応当日まで※1、2 原則、無期限 ※2
新規売り

できる(ただし「スタート信用」除く)

新規売りは、貸借銘柄のみ可能

できる(ただし「スタート信用」除く)
信用金利 買方金利 …年利 2.80%
売方金利 …年利 0.00%
買方金利 …年利 3.47%
売方金利 …年利 0.00%
信用取引
貸株料
年利1.15%(信用売りの場合のみ) 年利1.50% (信用売りの場合のみ) ※3

一般信用は、こんな時に使おう!

  • 制度信用銘柄にはない株式を売買する
  • 6ヶ月以上、長期保有する可能性がある場合

制度信用は、こんな時に使おう!

  • 売りから入る「空売り」をしたい
  • 6ヶ月以内に決済する
  • 一般信用で対象外の銘柄を「空売り」したい
  • 逆日歩がつかないと予想される銘柄で「空売り」したい

<制度信用銘柄の確認方法>

株価照会画面に「信用・貸借銘柄」と記載されていれば、制度信用取引の対象銘柄です。

「信用・貸借融資銘柄」と記載されている銘柄は、制度信用取引の信用買いはできますが信用売りを行うことができません。
(貸借銘柄以外の銘柄でも、一般信用の新規売り対象銘柄となっている場合、信用売りが行えます。)

  • ※1 応当日がない場合はその月の末日、応当日が休日の場合はその前営業日が決済期日になります。
  • ※2 上場廃止・株式併合・合併・株式交換・株式移転等があった場合は、当社が定める期日を返済期限(信用期日)とすることがあります。
    また、一般信用取引の場合、お客様の建日に係らず、「分割比率が整数倍以外(1:1.2、1:1.5など)」の株式分割が実施される場合、決済期日が設定されます。
  • ※3 2019年9月28日受渡し分からは、2.00%です。

次へ(保証金)

信用取引をはじめるには

信用取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「信用取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

信用取引アクティブ派の方にオススメ

ログイン後、信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

ログイン後、「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

信用取引をはじめるには

信用取引口座をお持ちでないお客様は、まず、信用取引口座をお申込みください。開設後は、信用取引口座情報へのアクセスや信用取引画面へのログインができます。

信用取引アクティブ派の方にオススメ

信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。