長期に賢く分散投資!おすすめの米国ETF

長期に賢く分散投資!おすすめの米国ETF

マネックス証券の米国株取引では、2019年7月22日(月)現地約定分より最低取引手数料を0米ドル(無料)に引き下げしたことで、少額での投資がより低コストで行えるようになりました。

米国株投資の人気が高まる中で、個別株の銘柄を探すことが大変だと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで初心者の方におすすめするのがETF(上場投資信託)です。
特定の指数に連動する米国ETFの中には、ナスダック総合指数、NYダウ工業株30種平均、S&P500などの米国主要株価指数に連動するETFがあります。これらの米国ETFを購入することで、個別銘柄を選ばなくとも米国市場への投資が可能となります。さらに不安定な相場でも分散投資が可能です。

当コンテンツでは、米国株価指数に連動する米国ETFや、ETFを購入する際のポイント、そして米国株取引に関するマネックス証券のお得なプログラムをご紹介いたします。

ご注意

  • ETFの運用状況によっては、分配金が支払われない場合や支払回数が変わる可能性があります。
  • 分配金利回り実績は2019年8月16日の株価を基準に算出しています。当該実績は過去のデータに基づくものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

相場が不安定な時はETFで分散投資

米国株価指数に連動するETFを購入することで、各指数を構成しているすべての銘柄に分散投資したのと同じ投資成果を得ることができます。例えば、NYダウ工業株30種平均に連動するETFを買うことで、アップル(AAPL)やナイキ(NKE)などを含めた当指数を構成する30銘柄に分散投資することになります。

などの構成銘柄に分散投資

以下では、米国株価指数である、NYダウ工業株30種平均、S&P500、ナスダック100指数に連動するETFをご紹介します。
さらに、ETFを探す時のポイントになる、経費率や分配金についても簡潔にご説明します。

ETFを探す時のポイント

  1. 経費率
  2. 経費率とは、投資信託やETFを運用するために必要な年間の運営費用が、純資産総額に対してどのぐらいの割合かを表します。
    同じ指標に連動するETFでも、経費率は各ETFによって違うので、比較するポイントになります。

  3. 分配金
  4. 個別銘柄の場合、「配当金」を受取りますが、ETFは、上場投資信託のため、「分配金」を受取ることが可能です。日本の個別銘柄の場合、基本的には配当金は年2回ですが、ETFの場合は国内ETF、米国ETF関係なく、各ETFによって分配頻度が異なります。

年間で受取ることができる分配金額や分配頻度、分配金利回りもETF購入の際のポイントとしてご確認ください。

NYダウ工業株30種平均に連動するETF(分配頻度:毎月)

(出所)マネックス証券米国取引サイト トレードステーション  過去2年の日足チャート(2019年8月16日時点)

銘柄名(ティッカー) 運用会社 経費率
SPDR ダウジョーンズインダストリアルアベレージ(DIA) ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 0.17%
株価
(2019年8月16日時点)
過去12ヶ月分配金実績 分配金利回り
258.88米ドル 6.229米ドル 2.41%

(出典)Nasdaqウェブサイトなどを参考にマネックス証券作成

S&P500に連動するETF(分配頻度:四半期)

(出所)マネックス証券米国取引サイト トレードステーション  過去2年の日足チャート(2019年8月16日時点)

銘柄名(ティッカー) 運用会社 経費率
バンガード・S&P500 ETF(VOO) バンガード・グループ 0.03%
株価
(2019年8月16日時点)
過去12ヶ月分配金実績 分配金利回り
265.22米ドル 5.337米ドル 2.01%
銘柄名(ティッカー) 運用会社 経費率
iシェアーズ・コア S&P500ETF(IVV) ブラックロック 0.04%
株価
(2019年8月16日時点)
過去12ヶ月分配金実績 分配金利回り
290.58米ドル 4.83米ドル 1.66%
銘柄名(ティッカー) 運用会社 経費率
SPDR トラストシリーズ1(SPY) ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 0.0945%
株価
(2019年8月16日時点)
過去12ヶ月分配金実績 分配金利回り
288.85米ドル 5.423米ドル 1.88%

(出典)Nasdaqウェブサイトなどを基にマネックス証券作成

ナスダック100指数に連動するETF(分配頻度:四半期)

ナスダック100指数とは、ナスダック上場企業のうち、金融セクター以外で流動性が高い時価総額上位100位の銘柄で構成されている指数です。

(出所)マネックス証券米国取引サイト トレードステーション  過去2年の日足チャート(2019年8月16日時点)

銘柄名(ティッカー) 運用会社 経費率
インベスコQQQトラストシリーズ(QQQ) インベスコ 0.20%
株価
(2019年8月16日時点)
過去12ヶ月分配金実績 分配金利回り
185.48米ドル 1.49015米ドル 0.80%

(出典)Nasdaqウェブサイトなどを基にマネックス証券作成

マネックス証券で取扱いのある米国ETFを検索する

おすすめ米国ETFに低コストで投資できる!

今回ご紹介した米国ETFの株価は、どれも300米ドル以内で推移しています。
マネックス証券の米国株取引手数料(税抜)は、1約定あたり約定金額の0.45%(最大20米ドル)となっており、最低取引手数料がありませんので、少額であっても低コストで米国ETFへの投資を行うことが可能です。

例えば300米ドル分のETFを購入した場合、

300米ドル × 0.45% = 1.35米ドル となりますのでコストは約145円に収まります。
(1米ドル=106円換算)

これであれば、毎月、ETFの積立投資を行っても、比較的安い手数料で米国ETF投資を続けることが可能となります。

米国株の最低取引手数料を無料へ!

米国株の最低取引手数料を無料へ!

マネックス証券の米国株取引に関するお得な情報

米国株取引デビューを応援します!

ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。