ゴールドマン・サックス モチーフ ETFとは?

取引手数料5ヶ月間実質無料!GS Motif ETFとは?

GS Motif ETF(ゴールドマン・サックス モチーフ ETF)シリーズは、今後世界を変えるであろう5つのイノベーションに注目し、ビックデータ/AIなどの最新テクノロジーを駆使し、イノベーションとの関連度が高い企業に投資する米国ETFです。

本コンテンツでは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・グループ米国拠点が設定・運用しているGS Motif ETF(ゴールドマン・サックス モチーフ ETF)シリーズについてご紹介いたします。

また、マネックス証券では、対象ETFの米国株取引売買手数料を実質無料とする国内初の「ゼロETFプログラム」を実施しております。
7月31日(水)からGS Motif ETF(ゴールドマン・サックス モチーフ ETF)がゼロETFプログラムに追加となります。
ぜひ、本プログラムをご活用ください。

ゼロETF

そもそもETFとは?

ETFとは?

日経平均株価、TOPIX、NASDAQ総合指数やNYダウ工業株30種平均などの特定指数に連動して値動きをする商品を、ETFといいます。
ETFは上場株式と同様に、国内ETFでは、数字4桁の銘柄コード、米国ETFではアルファベットのティッカーが付与されます。また、上場株式と同じく取引時間中にリアルタイムで注文でき、上場株式と同じ方法で取引できます。

ETF/ETNについて

GS Motif ETF(ゴールドマン・サックス モチーフETF)とは?

GS Motifシリーズ5つのテーマ

GS Motifシリーズ5つのテーマ

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

近年、テクノロジーの進化は私たちの生活にあらゆる変化をもたらし、すべての産業の成長のカギになっています。GS Motif ETFは、「データ」「金融」「ヘルスケア」「製造」「消費」をテーマに組成された米国ETFです。

  • GS Motif データイノベーションETF (GDAT)
  • GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN)
  • GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA)
  • GS Motif 製造イノベーションETF(GMAN)
  • GS Motif 消費イノベーションETF(GBUY)

GS Motif ETFシリーズが連動するインデックスのパフォーマンス

GS Motif ETFシリーズが連動するインデックスとMSCI ACWIとの比較

GS Motif ETFシリーズが連動するインデックスとMSCI ACWIとの比較

(出典)ブルームバーグのデータを基にマネックス証券作成

指数ベンダーであるMSCIが算出する全世界株式を対象としたMSCI ACWIインデックス(※)と、GS Motifシリーズの各ETFに連動するベンチマークの過去5年間を比較すると、MSCI ACWIインデックスよりGS MotifシリーズETFの方が良いパフォーマンスを出しています。

(※)MSCI ACWIとは23ヵ国の先進国と26ヵ国の新興国を含む全世界株を代表するインデックスです。

GS Motif データイノベーションETF(GDAT)

GS Motif データイノベーションETF(GDAT)

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント担当者からのワンポイント解説

データ量が爆発的に増えていく中で、これまで分析が難しかった、画像や音声などのデータもAIの発展に伴いビジネスへの活用が始まっています。同時にサイバーセキュリティーのような、データを管理するビジネスも今後の発展が期待できます。 このような環境の変化から恩恵を享受するのが「GS Motif データイノベーションETF」です。

銘柄名(ティッカー) 株価 経費率 運用会社
GS Motif データイノベーションETF(GDAT) 52.95米ドル 0.50% ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
連動指数
Motif データイノベーション・インデックス

株価は2019年7月16日時点の終値

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

インデックス構成上位10銘柄(全120銘柄)

順位 銘柄名(ティッカー) 割合(%)
1 マイクロソフト(MSFT) 3.55
2 インテル(INTC) 2.90
3 エヌヴィディア(NVDA) 2.87
4 アルファベット(GOOGL) 2.82
5 アマゾン(AMZN) 2.45
6 アップル(AAPL) 2.25
7 アイビーエム(IBM) 2.23
8 オラクル(ORCL) 2.06
9 シスコシステムズ(CSCO) 2.03
10 サツプ(SAP) 2.02

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

2019年7月22日時点

2019年7月22日時点

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのデータを基にマネックス証券作成

2019年3月8日~2019年7月18日時点の株価チャート

(出典)マネックス証券ウェブサイト

GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN)

GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN)

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント担当者からのワンポイント解説

テクノロジーの発展によって、オンライン決済やアプリでの送金などが私たちの生活を便利にし、お金そのもののあり方が変わってきています。
また、資産運用の世界でも、テクノロジーの活用が進むでしょう。 このような環境の変化から恩恵を享受するのが「GS Motif 金融イノベーションETF」です。

銘柄名(ティッカー) 株価 経費率 運用会社
GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN) 57.24米ドル 0.50% ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
連動指数
Motif 金融イノベーション・インデックス

株価は2019年7月16日時点の終値

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

インデックス構成上位10銘柄(全120銘柄)

順位 銘柄名(ティッカー) 割合(%)
1 マスターカード クラスA(MA) 5.21
2 ビザ クラスA(V) 4.41
3 スクエア(SQ) 2.95
4 ペイパル・ホールディングス(PYPL) 2.82
5 アメリカン・エキスプレス(AXP) 2.48
6 インチュイト(INTU) 2.07
7 ブラックストーン・グループ(BX) 1.82
8 フィサーブ(FISV) 1.77
9 フィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービシズ(FIS) 1.76
10 ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ(BR) 1.74

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

2019年7月22日時点

2019年7月22日時点

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのデータを基にマネックス証券作成

2019年3月8日~2019年7月18日時点の株価チャート

(出典)マネックス証券ウェブサイト

GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA)

GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA)

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント担当者からのワンポイント解説

遺伝子解析技術の進化により、個人の遺伝子が解析され、オーダーメイドの治療が始まっています。一人ひとりにあった薬が作られる未来も近くまできています。また、ロボットの活用により、より高度な手術が可能になるでしょう。
このような環境の変化から恩恵を享受するのが「GS Motif ヘルスケアイノベーションETF」です。

銘柄名(ティッカー) 株価 経費率 運用会社
GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA) 51.60米ドル 0.50% ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
連動指数
Motif ヘルスケアイノベーション・インデックス

株価は2019年7月16日時点の終値

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

インデックス構成上位10銘柄(全120銘柄)

順位 銘柄名(ティッカー) 割合(%)
1 メドトロニック(MDT) 4.59
2 インチューイティブ・サージカル(ISRG) 4.40
3 アボット・ラボラトリーズ(ABT) 3.79
4 ボストン・サイエンティフィック(BSX) 3.00
5 アストラゼネカ(AZN) 2.53
6 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) 2.53
7 フレゼニウス・メディカル・ケア(FME) 2.35
8 ノバン(NOVN) 2.29
9 イノヴァンス・バイオセラビューティクス(IOVA) 2.03
10 ロジャーズ(ROG) 2.02

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

2019年7月22日時点

2019年7月22日時点

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのデータを基にマネックス証券作成

2019年3月8日~2019年7月18日時点の株価チャート

(出典)マネックス証券ウェブサイト

その他のGS Motif シリーズ

銘柄名(ティッカー) 株価 経費率 連動指数
GS Motif 製造イノベーションETF(GMAN) 49.75米ドル 0.50% Motif 製造イノベーション・インデックス
GS Motif 消費イノベーションETF(GBUY) 53.41米ドル 0.50% Motif 消費イノベーション・インデックス
運用会社
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

株価は2019年7月16日時点の終値

(出典)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの資料を基にマネックス証券作成

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント担当者からのワンポイント解説

【GS Motif製造イノベーションETF(GMAN)】
ロボットの普及により、工場などではすでに製造プロセスの高度化が進んでいます。また、未来型モビリティの発展によって、自動運転や渋滞のない世界が現実的になってきています。
このような環境の変化から恩恵を享受するのが「GS Motif 製造イノベーションETF」です。

【GS Motif 消費イノベーションETF(GBUY)】
Eコマースが発達し、私たちの買い物の仕方は変わってきています。一方、モノより体験を重視する新世代の台頭により、旅行やイベントなど、体験型消費も拡大していくでしょう。 このような環境の変化から恩恵を享受するのが「GS Motif 消費イノベーションETF」です。

ゼロETFプログラムでお得にGS Motif ETFをお取引

ゼロETF

ゼロETFプログラムは、対象ETFにかかる米国株売買取引手数料(税抜)を、全額キャッシュバックする国内初のプログラムです。(取引日の翌月末までに、お客様の外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックいたします。)

本プログラムの対象銘柄は、ウィズダムツリーETFと新規取扱いを開始した6ヶ月以内の米国ETF(※)です。GS Motif ETFシリーズの本プログラム対象期間は以下の表でご確認ください。

(※)新規取扱い米国ETFについては、マネックス証券での米国ETF新規取扱い開始日から起算し、5ヶ月後の月の最終営業日(現地約定日ベース)までの取引手数料(税抜)が実質無料となります。

GS Motif ETFシリーズのゼロETFプログラム対象期間

銘柄名(ティッカー) ゼロETFプログラム
対象期間
GS Motif データイノベーションETF(GDAT) 2019年7月31日(水)~
2019年12月31日(火)
GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN)
GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA)
GS Motif 製造イノベーションETF(GMAN)
GS Motif 消費イノベーションETF(GBUY)

ゼロETFプログラムについての詳細はこちら

マネックス証券で米国株取引を始めるには

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

【動画で解説!】米国株取引の流れ

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引デビュー応援!手数料全額キャッシュバック

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。