サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

相続手続き その他の手続き

相続人代表者様(法定相続人の代表)によるお手続きのほか、以下の手続きも承ります。

遺産分割協議書による方法

相続人様の皆様で協議された相続内容を書面にして、被相続人様の資産を分割して相続する方法です。

  • 各相続人様が取得する資産を特定できるよう具体的に記載いただき、協議の成立した日付を記入し、相続人様全員による自署および印鑑証明を受けた実印での押印が必要です。
  • 縦書きや横書き、自筆やパソコンでの作成など、書式・形式を問いません。
  • 委任状の提出は必要ありません。
  • 遺産分割協議書の原本をご提出いただき、当社にてコピーしご返却いたします。

ご注意:遺産分割協議書により分割して相続する場合でも基本的には相続人代表者様(法定相続人の代表)を決めていただき、相続人代表者様(法定相続人の代表)を窓口としてお手続きのお問合せや書類の受渡しをお願いしております。

遺言書(公正証書遺言、自筆証書遺言)による方法

あらかじめ作成された遺言書に沿って、相続を行う方法です。

<公正証書遺言とは>

公証人が、遺言者(被相続人様)から遺言の趣旨の口述をもとに作成した遺言書です。
原本が公証役場で保管された証拠力の高い証書のため、検認などの特別な手続きを経ずに相続開始後すぐに遺産分割等が可能です。

<自筆証書遺言とは>

“手書き”の遺言書です。
法的な要件を満たすためには「自筆であること」など一定の方式に従って作成する必要があります。また、当社では検認等の裁判所による所定の手続をお願いしています。
なお、上記は原則的な取扱いであり、ケースによっては、当社より送付いたします委任状のご提出が必要となります。

手続きの流れに戻る

ご不明な点はコールセンターにお問合せください。
※ 口座をお持ちでない方は資料請求ダイヤルをご利用ください

ご不明な点はお客様ダイヤル(入出金・各種手続き)より相続担当までお問合せください。

コールセンター

お客様ダイヤル(入出金・各種手続き)