よくある質問

SOR注文についてよく寄せられるご質問をまとめました。

SOR注文とはなんですか?

SORはSmart Order Routingの略称で、株式の発注システムの機能です。
証券取引所やPTS(私設取引システム)など複数市場の気配や株数を監視し、注文を受けた時点で最良気配価格を提示する市場をシステムで自動的に判定し、注文を出す仕組みのことです。
詳細は取引ガイドおよび取引ルールをご確認ください。

取引ガイド

取引ルール

ページの先頭へ

PTSとはなんですか?

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略称で、証券取引所を経由せずに株式を売買できる「私設取引システム」のことをいいます。
PTSの売買の方法は価格優先、時間優先の原則に従い、合致したものから順に約定する方法を取っており、指値注文のみを受付ける顧客指値対当方式となります。
呼値や売買単位、注文方法、取引時間等の取引におけるルールは東証のルールと異なる部分があり、一般に、東証では執行できない注文を出す際などに利用されます。
また、東証では約定機会がない銘柄や価格においても、PTSで約定機会を得られる場合があります。
当社の接続するPTSはジャパンネクストPTS第1市場(J-Market)です。
PTSの価格情報は日本証券業協会の運営するウェブサイト上で公表されます。

PTSインフォメーションネットワーク(外部サイトを開きます。)

ページの先頭へ

ダークプールとはなんですか?

ダークプールとは、証券会社のシステム内部で投資家の売買注文の付け合わせを行い、対当する注文を東証の立会外取引システム(ToSTNeT)に取次ぎ、約定させるシステムのことです。
当社のダークプールに発注するお客様の注文は、当社と資本関係がない機関投資家の注文と付け合せを行います。
ダークプールの売買の方法は価格優先、時間優先の原則に従う顧客指値対当方式となります。ただし、ダークプールにおける気配情報、価格情報等は公開されることはなく、気配情報についてはシステム内部での付け合わせ処理においてのみ利用します。
ダークプールにおいても、呼値や売買単位、注文方法、取引時間等の取引におけるルールが東証のルールと異なる部分があり、一般に、東証では執行できない注文を出すことや、東証の価格形成に影響を与えることを避けること、東証以外の約定機会を確保することを目的として利用されます。
当社では、信用取引口座(スタート信用口座を含む)、または先物・オプション取引口座(オプション買建専用口座を含む)を開設済みのお客様にのみSOR注文におけるダークプールへの取次ぎを提供しています。
ダークプールの取引データは公開されませんが、ダークプールの約定を含むToSTNeT市場の取引については東証の運営するウェブサイト上で公表されます。

売買高・売買代金等(外部サイトを開きます。)

ページの先頭へ

SOR注文をするためには何が必要ですか?

注文画面でSOR注文のチェックをつけることで、SOR注文の注文を出すことができます。
注文画面の初期表示ではSOR注文のチェックが入っています。
なお、SOR注文はSOR取引説明書をご確認、ご理解の上ご利用いただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ

注文がSOR注文であることはどこで確認できますか?

SOR注文を指定した注文を出した場合、注文約定一覧において「東証(SOR)」と表示されます。
約定後は、SORの判定の結果注文を出し、約定した市場が表示されます。
約定した市場はPTSの場合は「JNX」、ダークプールは「ToST」と表示されます。

ページの先頭へ

知らない間に注文がSOR注文になっていますが、どうしてですか?

注文画面の初期表示ではSOR注文のチェックがついています。SOR注文のチェックを外さない場合はSOR注文となりますので、市場を指定して注文を出す場合はSOR注文のチェックを外した上で注文を出す必要があります。

ページの先頭へ

SOR注文にリスクはありますか?

SOR注文では、市場の判定を注文受注時点の気配情報に基づいて行います。注文が市場に届くまでにわずかながら時間がかかるため、市場に届いた時点では判定時と気配状況等が異なる場合があり、結果的に必ずしも最良とならない約定となる可能性があります。その他、SOR注文に関する注意事項については、取引説明書および取引ルールをご確認ください。

ページの先頭へ

SOR注文で価格改善した結果を見たいのですが。

SOR注文が約定した場合、注文約定明細で価格改善効果が表示されます。改善効果があった場合はプラス(+)で、不利方向の価格効果はマイナス(-)でその金額が表示されます。

ページの先頭へ

SOR注文で価格改善と判断している理由を教えてください。

価格改善効果は、SOR注文約定時の東証の気配と約定単価を比較することで判定を行っています。約定と同時刻の東証の気配値と比べて約定単価が有利な価格(買いならより安い価格、売りならより高い価格)となっている場合に、価格改善効果としてその差額を表示します。

ページの先頭へ

成行を指定した場合でもPTSでは指値で注文を出すのはなぜですか?

PTSでは成行注文を受け付けていないため、指値で注文を出します。
この時の指値価格は、SOR判定時にPTSで約定が付くと見込まれる(判定時にPTSにある東証の気配より有利な価格の気配が存在する)場合の、東証より有利な価格の気配価格になります。
なお、注文数量に対してこの気配価格が複数ある場合は、注文を分割してそれぞれの気配価格に対して指値注文を出します。

ページの先頭へ

PTSではIOCで注文を出すのはなぜですか?

PTSで即時に約定できない場合は、東証に注文を出すことが最良だと考えられるからです。IOCで注文を出すことによって、約定しない場合は注文をPTSに残すことなく、即時に東証に注文を出します。こうすることで、PTSにおいて東証よりも不利な価格で約定する可能性を低下させます。

ページの先頭へ

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

SOR注文ではより有利な条件での約定を目指しますが、これを保証するものではありません。また、発注のタイミング等によっては、必ずしも結果的に最も有利な条件での約定とならない場合もあります。その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。