取引ガイド

SOR注文は、複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する取引です。
SORの仕組みおよび執行する市場等の特性をご理解いただいた上でご利用ください。

取引ガイド

マネックス証券のSOR

当社のSORでは、SOR注文を明示した注文の受注時に東証とPTSの気配情報を基に判定を行います。立会時間中はリアルタイムに行っており、受注時点における最新の気配情報を判定に使用しています。※
判定の結果、最も適切だと思われる市場で注文を執行しますが、必要に応じてシステムにおいて注文を分割し、複数市場で注文を執行することがあります。
各市場への注文は、指値のIOC注文として出され、約定しない場合の残りの注文は元の価格条件および注文条件に従って東証で執行します。
SORで得られた価格改善効果はすべてお客様に還元されます。また、SOR注文の利用料等はなく、通常の注文にかかる取引手数料のみでご利用いただけます。

※ご留意事項

  • 受注時点の気配情報を基に判定しますが、受注後に取引所に注文が到達するまでにわずかながら時間がかかります。その間に気配の状況が変化する場合があるため、約定時点の東証の気配と比較した場合に、結果的に最良の約定に見えないことがあります。
  • 当社では、信用取引口座(スタート信用口座を含む)、または先物・オプション取引口座(オプション買建専用口座を含む)を開設済みのお客様にのみSOR注文におけるダークプールでの執行を提供しています。  
  • お取引の際は、以下の説明内容およびSOR取引約款、取引説明書、最良執行方針等をご確認ください。

利用方法

SOR注文は証券総合取引口座を開設後、SOR取引約款および取引説明書をご理解いただいた上で、ご利用いただけます。ご利用にあたって、お申込み等は不要です。
証券総合取引口座を開設されている場合、SOR注文ではPTSと東証で判定を行いますが、信用取引口座(スタート信用口座を含む)または先物・オプション取引口座(オプション買建専用口座を含む)を開設されている場合は、SORの判定にダークプールも加わります。
また、SOR注文はウェブ取引画面、スマートフォン、マネックストレーダー等でご利用いただけます。トレードステーションおよび電話注文等はSOR注文の対象外となります。

注文方法

注文時にSORのチェックをつけることでSOR注文となります。
注文画面の初期表示ではSORのチェックがついているため、市場を指定して注文を出す場合はSORのチェックを外してから注文を出す必要があります。

注文方法

SOR注文は特定の注文方法・条件において利用可能です。有効期間で「当日前場のみ」、「当日後場のみ」を選択した場合や執行条件を指定した場合など一部の注文ではSOR注文を受けられないため、これらを選択された場合はSORチェックが自動で外れる場合があります。
また、SORのチェックがついていてもその他の条件等によってSOR注文とならないことがあります。詳細は取引ルールをご確認下さい。

取引ルール

判定方法

SORでは判定結果によってお客様の注文を分割して各市場で執行したり、注文の出し直しを行うことがあります。SORの判定、発注制御について説明します。

PTSの判定

注文受注時に東証とPTSの気配情報を参照し、価格優先、数量優先、かつ、同価格同数量の気配がある場合は東証優先として、注文に対当する気配に対して注文を執行します。注文数量のすべてをPTSで約定させることができない場合、残りの注文は東証で執行します。注文をPTSに出す場合は指値のIOC注文として、東証に出す場合は注文入力時に指定した価格・注文条件の注文として発注されます。
判定後、PTSに注文が届くまでのわずかな時間にPTSの気配状況等が変わることにより、IOC注文が約定しない場合があります。この場合、東証に同じ注文を出し直します。

PTS取引とは

ダークプールの判定

当社のSOR注文では、信用取引口座(スタート信用口座を含む)または先物・オプション取引口座(オプション買建専用口座を含む)を開設している場合のみ、ダークプールの判定を行います。
発注時においてSORでPTSと東証の比較判定の結果、東証で注文を執行することになった場合、ダークプールにある注文を同時に検索し、東証の最良気配(買い注文であれば最良売り気配、売り注文であれば最良買い気配)と同等、または有利な価格で対当する注文の有無を判定します。このとき、東証と同等、または有利な約定が見込まれる場合、ダークプールへ注文を執行します。
ダークプールで対当する注文が無い場合、もしくはダークプールで対当する注文が発注数量の全量を満たさない場合には、発注数量のうちダークプールで対当しない数量については東証に同時に注文を出します。このとき、東証に出した注文が約定する前に、ダークプールで同等、もしくは有利な価格で対当する注文が新たに発生した場合、東証の注文を取消した後に、ダークプールで注文が約定します。東証で約定した場合は、ダークプールの注文を取消します。
ダークプールで注文を執行する場合、東証に出ている注文の株数訂正または取消が完了した後にダークプールで注文を執行します。このとき、株数訂正または取消より早く東証の注文が約定した場合は東証の約定を優先させます。

ダークプールとは

注文訂正時の判定

SOR注文で価格訂正をした場合、再度SORの判定を行います。判定を行った結果、注文済みの市場と違う市場が選択された場合、既存の注文を取消した後に、選択された市場に対して注文を執行します。
買いの場合は当初価格より高い価格への訂正、売りの場合は当初価格より安い価格への訂正となる場合は、当初注文と同じ市場で執行する場合でも、一度注文を取消した後に、訂正後の注文を執行します。
株数訂正をした場合、SORの再判定は行わず、東証およびダークプールに出ている注文の訂正を行います。
SORの判定の結果、東証で注文を執行する場合でも、同時にダークプールに同じ注文を出します。東証で注文が約定する前に、ダークプールで同等、または有利な価格で対当する注文が発生した場合、東証の注文を取消した後に、ダークプールで注文が約定します。

約定結果・価格改善効果の確認

SOR注文の結果、PTSまたはダークプールで約定した場合、注文約定明細画面で約定した市場および価格改善効果を確認することができます。
PTSで約定した場合は「JNX」、ダークプールで約定した場合は「ToSTNeT」と表示され、約定単価の後に約定時の東証の気配値と比較した価格改善効果の金額が表示されます。
価格改善効果は、プラス(+)となっている場合は改善効果を表し、マイナス(-)となっている場合は不利方向の価格効果を表します。

価格改善効果は約定日の17:00~20:00頃以降に表示します。

執行評価レポートについて

SOR注文に関する価格改善効果等について、第三者機関である株式会社QUICKの検証と評価を受けています。この結果は、当社ウェブサイトにて月次で開示します。

執行評価レポートは株式取引の注文約定一覧からご覧いただけます。

執行評価レポートの見方

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

SOR注文ではより有利な条件での約定を目指しますが、これを保証するものではありません。また、発注のタイミング等によっては、必ずしも結果的に最も有利な条件での約定とならない場合もあります。その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。