サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

米国株 コーポレートアクション

Q&A

コーポレートアクションとは、株式の権利、配当のことを表します。本来は「企業活動」という意味ですが、その中で特に株主に向けた活動を表したものです。

株式分割

株式分割とは、1株をいくつかに分割し、発行済み株式数を増やすことです。新たな資本金の払い込みはありません。
例えば、1株を2株に分割すると、その株式を保有していた人の持ち株数は2倍になりますが、1株の価値は半分になるため、原則として分割前と分割後の資産価値に変化はありません。

  • お客さまの保有銘柄について株式分割が行われた場合は、保有株(口)数に応じて自動的に株数を計算し、残高に反映いたします。

株式併合

株式併合とは、複数の株式を1株に統合することにより、発行済み株式数を減少させることです。例えば、2株を1株にする株式併合を行うと発行済み株式数は半分になりますが、理論的な1株の価格は2倍になるため、原則として併合前と併合後の資産価値に変化はありません。

  • お客さまの保有銘柄について株式併合が行われた場合は、保有株(口)数に応じて自動的に株数を計算し、残高に反映いたします。

配当

配当とは、株主に対して支払われる利益の分配のことで、現金で付与される場合と、株式で付与される場合があります。権利落ち日から配当金支払開始日(または、株式割当日)までの期間は企業によって異なります。

現金配当
普通株もしくは優先株の株主に対して、現金の形で支払われる配当のことです。

  • 現金配当は、現地税・国内税ともに源泉徴収後、外貨お預り金(米ドル)で入金いたします。

株式配当
配当の全部または一部として、現金の代わりに株式を割り当てる配当のことです。

  • 株式による配当は、お客さまの保有株数に応じて株数をお客様残高に加算いたします。
    保有株数に応じた配分で1株に満たない株数は当社で売却し、現地税・国内税を源泉徴収後、お客さまの外貨お預り金として入金いたします。
  • 株式による配当が実施された場合、株式配当に対する現地税・国内税を外貨お預り金(米ドル)から差し引かせていただきます。外貨お預り金(米ドル)が不足する場合、不足相当額を外貨取引等で充当していただく必要がありますのでご注意ください。
  • 現金配当、株式配当を選択できる場合は、当社は現金配当を選択して、現地税・国内税を源泉徴収後、お客さまの外貨お預り金として入金いたします。

スピンオフ

発行体である親会社の子会社あるいは事業部門を独立させ、1企業にすることです。
親会社の株主には、保有株数に応じて、子会社の新株が分配されます。

  • スピンオフが発生した場合、お客さまの保有株数に応じて割当てられた子会社の新株を入庫いたします。
  • 保有株数に応じた割当で1株に満たない株数は当社で売却し外貨お預り金(米ドル)として入金いたします。

スピンオフが発生した場合の新株割当・入金時期などについては、個別に当社コールセンターにお問合わせください。

テンダー・オファー

テンダー・オファーは、日本で言う公開買付にあたり、発行体が、一部または全ての自社株を買い付けることや、別会社が一部または全ての発行済株式を現在の株主から買付けることを言います。

現在のところマネックス証券では米国のテンダー・オファーに対応しておりません。

有償増資

有償増資には、『ライト』と『ワラント』が含まれます。

ライト、ワラントともに、あらかじめ決められた価格で株式を購入できる権利です。有効期限付きで付与され、期日後は権利が消滅します。ワラントはライトより権利行使期間が長いことが特徴です。
通常、有効期限内に権利行使をすることができますが、日本国内居住者は金融商品取引法により外国株式の有償増資に対して払込みをすることができません。そのため、付与された権利は、マネックスにて売却処分のうえ売却代金から諸費用を差引後、米ドル建でお客さまの外貨お預り金残高に入金いたします。この場合の売却は自動的に行いますので、お客さまからのご指示は必要ありません。なお、払込権利の売却に約定が付く確率は低く、売却期間内に売却できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。売却できなかった場合は、売却期間終了と同時に権利が消滅いたします。

合併

合併とは、複数の企業が、1つの企業になることをいいます。合併前のそれぞれの企業が消滅して新会社が設立される場合と、1つの企業が存続してその他の企業は吸収される場合があります。合併が起きると、ティッカーが変わる可能性があります。

株主総会の議決権

株主総会に出席するには、保有される銘柄の権利付最終日までに自身の名義が株主名簿に記載・記録される手続きを完了させたうえで、当該銘柄の発行会社から議決権(原則として、保有する株式1株につき1個の議決権が付与されます。)を付与される必要があります。

お客さまが当社で保有する米国株式につきましては、当社の名義を区分した上で、TradeStation Securities, Inc.名義で保管機関DTC(The Depository Trust Company/デポジトリー・トラスト・カンパニー)に混蔵寄託しているため、お客さま名義の議決権は発行されず、株主総会にご出席いただくことが出来ませんので、あらかじめご了承ください。