サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

仕組み・ルール

先物取引やオプション取引は日経平均株価指数などを取引対象とします。買いからも売りからも取引を開始でき、下落局面でも収益を狙うことが可能です。また、原則として受渡代金を全額用意する必要がある株式の現物取引と異なり少額の資金(証拠金)から取引を始められます。以下それぞれの商品の仕組みやルールをご説明いたします。

先物取引の仕組み・ルール

先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。 約束した期日を迎えると約束した金額で取引を決済します。期日になる前に反対売買(転売/買戻し)を行うことで、契約を解消し損益を確定することも可能です。具体的な取引例については「お取引のポイント」ページをご覧ください。

お取引のポイント

単位ごとの取引金額

先物取引は、銘柄ごとに1単位あたりの取引金額が定められています。実際の取引金額や損益は、各銘柄の価格に以下の倍数をかけた数値で計算します。

日経225先物(ラージ) 1,000倍
日経225ミニ 100倍
JPX日経インデックス400先物 100倍
日経225先物(ラージ)
日経平均先物価格が20,000円の時1単位(1枚)は 20,000円 × 1,000 = 2,000万円
日経平均先物価格が10円変動した時 1枚あたりの損益は 10円 × 1,000 = 10,000円動く
日経225ミニ
日経平均先物価格が20,000円の時1単位(1枚)は 20,000円 × 100 = 200万円
日経平均先物価格が10円変動した時1枚あたりの損益は 10円 × 100 = 1,000円動く

必要証拠金

先物取引は証拠金と呼ばれる資金を差し入れて取引を行います。取引に必要な最低資金を「必要証拠金」と言い、必要証拠金は((SPANに基づき当社が計算する証拠金額)×(当社が定めた掛け目))-(ネットオプション価値の総額)で計算します。必要証拠金以外にも「基本証拠金」や「最低維持証拠金」などがあります。

【例】
SPANに基づき当社が計算する証拠金額:660,000円
当社が定めた掛け目:1.0倍 の場合
日経225先物(ラージ)
1枚の取引に必要な最低資金(必要証拠金)は
SPAN660,000円 × 掛け目1.0 =660,000円
日経225ミニ
1枚の取引に必要な最低資金(必要証拠金)は
SPAN660,000円÷10× 掛け目1.0 = 66,000円

追加保証金(追証)

毎営業日の日中立会終了時の「受入証拠金」が「最低維持証拠金」を割込むと追加証拠金(追証)が発生します。(原則、夕方の値洗い終了後の16時過ぎ頃に「余力照会」画面上にてご確認いただけます。)
追証が発生した場合は、追証が発生した日の翌営業日の12時(正午)までに、「余力照会」画面の追証発生状況一覧に表示された追加証拠金額(追証金額)を証拠金に振替えていただく必要があります。
期限までのお振替えがなく追証の解消がなされなかった場合は、お客様の全ての建玉を当社が任意で反対売買により決済させていただきます。その際に発生した損益金はお客様に帰属します。

注文単位

先物取引では、注文できる価格の刻みが銘柄ごとに決まっています。

日経225先物 10円刻み
日経225ミニ 5円刻み
JPX日経インデックス400先物 5円刻み

オプション取引の仕組み・ルール

オプション取引とは、将来の決められた期日(満期日)にあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で原資産を買付ける、または売付ける「権利」を売買する取引です。買う権利のことをコールオプション、売る権利のことをプットオプションと呼びます。コールオプションの買い・売り、プットオプションの買い・売りの4種類の取引が可能です。

買う権利(コール)
買い コールオプションの買い
→権利を行使するか放棄するかを選べる
売り コールオプションの売り
→買い手の権利行使に応じる義務がある

売る権利(プット)
買い プットオプションの買い
→権利を行使するか放棄するかを選べる
売り プットオプションの売り
→買い手の権利行使に応じる義務がある

プレミアム

プレミアムとは買う権利や売る権利を手に入れるために必要となる費用のことです。プレミアムは買い手が支払い売り手が受け取るため、買い手にとってはプレミアムは費用に、売り手にとってはプレミアムは収益となります。オプションの買い手は原資産が予想と異なる値動きをした際にも権利を放棄すればよく、最大損失はプレミアムの代金に限られます。一方でオプションの売り手は買い手の権利行使に応じる義務があるため、損失が大きく膨らむ可能性があります。

決済方法

原則自動的に反映される「権利行使」と「権利放棄」に加え「反対売買」という決済方法があります。

単位ごとの取引金額

銘柄ごとに1単位あたりの取引金額が定められています。実際の取引金額や損益は、プレミアムに以下の倍数をかけた数値で計算します。※取引手数料が別途かかります。

日経225オプション 1,000倍
日経225Weeklyオプション 1,000倍

必要証拠金

先物取引は証拠金と呼ばれる資金を差し入れて取引を行います。取引に必要な最低資金を「必要証拠金」と言い、必要証拠金は((SPANに基づき当社が計算する証拠金額)×(当社が定めた掛け目))-(ネットオプション価値の総額)で計算します。必要証拠金以外にも「基本証拠金」や「最低維持証拠金」などがあります。

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引口座をお持ちでないお客様は、まず、先物・オプション取引口座をお申込みください。開設後は、先物・オプション取引口座情報へのアクセスや先物・オプション取引画面へのログインができます。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方

先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。