サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

先物・オプション取引のポイント

お取引のポイント

先物・オプション取引の特徴として、少しの値動きでもその数倍の利益を狙える「レバレッジ効果」があります。これにより短い期間で大きな利益を出すことも可能です。一方で、原資産が予想と異なる動きをした場合は大きな損失を抱えるリスクもあります。このページでは、先物取引を例に、利益を確定する方法や損失のリスクを軽減する方法についてご紹介いたします。

シミュレーション

日経225先物と日経225ミニを例に、取引をシミュレーションしてみましょう。日経225先物と日経225ミニをそれぞれ20,000円で1枚ずつ購入したと想定し、以下の2パターンで解説いたします。

①利益を確定する場合

②大きな損失が出ないように損切り注文を入れておく場合

指数の数値や動きは架空のものです。

①利益を確定する場合

日経225先物

100円上昇したタイミングで売却

(売却価格20,100円 - 購入価格20,000円) × 1,000倍 = 100,000円の利益(※)

日経225ミニ

100円上昇したタイミングで売却

(売却価格20,100円 - 購入価格20,000円) × 100倍 = 10,000円の利益(※)

(※)取引手数料や税金は考慮していません。

②大きな損失が出ないように損切り注文を入れておく場合

日経225先物

50円下落した際には損切りできるよう逆指値注文を発注し19,950円で約定した場合

(売却価格19,950円 - 購入価格20,000円) × 1,000倍 = 50,000円の損失(※)

日経225ミニ

50円下落した際には損切りできるよう逆指値注文を発注し19,950円で約定した場合

(売却価格19,950円 - 購入価格20,000円) × 100倍 = 5,000円の損失(※)

(※)取引手数料や税金は考慮していません。

  • 上記のシミュレーションでは売買益に対する税金は考慮しておりません。
  • 採用した取引内容は、あくまで例示であり、これらの取引手法を推奨するものではありません。また、将来の数値を保証するものではありません。

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引口座をお持ちでないお客様は、まず、先物・オプション取引口座をお申込みください。開設後は、先物・オプション取引口座情報へのアクセスや先物・オプション取引画面へのログインができます。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方

先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。