サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

Q&A

活用例5 信用取引だからできるペアトレード

同業種の銘柄は似た値動きをすることが多いことを利用しよう!相場全体の変動に惑わされにくくなるぞ。

同業種の株価は、似た推移をする場合が多い

株価の推移は、同業種の場合は似た値動きをすることが多いと言われています。以下は半年間の日産自動車とトヨタ自動車の株価の値動きを表示したものです。

2016年5月~2016年11月    :トヨタ自動車  :日産自動車

※ チャート画面にある「比較」機能を利用することで、好きな銘柄の比較をすることができます。

売りと買いをセットで出すことが重要

ペアトレードでは、常に二つの銘柄をセットで売買します。片方を「買い」もう片方を「空売り」しておくことで、相場全体の動向にかかわらず、利益の追求を目指します。

「空売り」は信用取引を使う必要がありますが、「買い」は現物でも信用でもどちらでも構いません。

※ 「スタート信用」では空売りはできません。

買いだけの場合

空売りだけの場合

ペアトレードの場合

相場全体が一方に動いても、「売り」「買い」どちらかでは利益が期待できます

ペアトレードの2つの戦略

戦略1 価格が離れたときを狙う

似た値動きをする2銘柄でも、何らかのタイミングで株価が離れる場合があります。

このときに、再度株価が近づくことを期待して高い方の銘柄を空売り、低い方の銘柄を買う戦略が考えられます。

株価が近づいたときに反対売買を行えば、相場全体が下落していても利益を上げることが期待できます。

※ 「スタート信用」では空売りはできません。

【ペアトレードの例1】

新規建て

価格差がなくなったら

同時に決済

※ 手数料・費用・税金は考慮していません。

戦略2 一時的な銘柄の強弱を予想する

似た値動きをするといっても、相対的な銘柄の強弱によって株価が一時的に離れることがあります。相対的に上がりそうな銘柄を買い、相対的に下がりそうな銘柄を空売りすることで利益を出す戦略です。

新製品発売などで将来有望な銘柄を買い、競合銘柄を売るなどが考えられます。

相場全体が下落していても、予想通り株価が離れていった場合には利益を上げることができます。

※ 「スタート信用」では空売りはできません。

【ペアトレードの例2】

新規建て

価格差が拡大

同時に決済

※ 手数料・費用・税金は考慮していません。

似た値動きをする銘柄のペアの相対的な値動きで利益を狙う

片方を買い、片方を空売りすることで、利益を狙う

ペアトレードの組み合わせ例

ペアトレードは、業種だけではなく色々な組み合わせを考えることができます。あなたに合った組み合わせを探してみてください。

2016年5月~2016年11月の他の銘柄の組み合わせ例

空運業(日本航空とANAホールディングス)

電気機器(パナソニックとソニー)

円高に強い業種(花王と東京電力)

日経平均との組み合わせ(ソフトバンクと日経225)

上記はあくまでも組み合わせの一例であり、推奨するものではありません。

日経平均やTOPIXも、ETFを使えばペアトレードに使える

ETFとは上場投資信託のことで、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの指標に連動することを目的に運用される投資信託です。
株式と同じように、証券取引所で取引できるので空売りもできます。

ETFをもっと詳しく

投資のヒント ペアトレードに便利なサービス・ツール

2銘柄対比チャート

ログイン後、「投資情報」→「チャート」で2銘柄を対比することができます(無料)

ロングショート分析ツール(有料)

相関の高い銘柄を抽出する「ロングショート検索」や「参考ペア一覧」などの便利機能が充実

要申込のサービス一覧

定額手数料

常に「買い」と「売り」をセットで取引するペアトレードは、定額手数料のほうがお得になることも。現物取引と信用取引の約定金額を合算するので、定額の範囲内なら両方を使っていてもOK!

口座開設はこちら(無料)

他の信用取引の活用例