サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

活用例6 現引を使ってタイミングを逃さない

株式取引はタイミングが重要!市場は待ってくれないから、チャンスを逃さず取引しよう。

将来のボーナスを見込んで信用買い

チェックしていた銘柄の株価が底を打ち、ゴールデンクロスを達成。

今がチャンスと思い、現物株を買おうと思ったが、余裕資金がない!

ボーナスが入ったら、現引するつもりで信用買いを行う。

お金が入ったら現引して現物株を受け取る

信用取引で買い建てした場合、反対売買せずに現物株を買い取ることもできる(現引)。

まとまったお金が入ったので現引すると、安値で信用買いしていたので含み益を得ることができた。

  • 資金に余裕があるときが、投資に適したタイミングとは限らない!
  • 将来得られる資金を見越せば、適切なタイミングで取引できる可能性が広がる
  • 万が一予想が外れたら、損失が大きくなる前に売却するのがポイント!

他の信用取引の活用例

活用例1:最大約3.3倍まで取引できる

信用取引は保証金の最大約3.3倍の取引ができるので、高い利益を狙った取引ができる

活用例2:投資効率を高める

保有株式や投資信託を有効活用!代用有価証券にすれば、資産効率アップ

活用例3:下落局面でも利益を狙える!

空売りできるのは信用取引ならでは。下落局面でも利益が出せるメリットがあります

活用例4:逆指値でリスクコントロール!

リスクが高い信用取引だからこそ、逆指値はぜひ使っておきたい。使いこなしていますか?

活用例5:信用取引だからできるペアトレード

値動きが類似した銘柄ペアを使う!信用取引だからできる相場変動に惑わされない投資方法

活用例6:現引を使ってタイミングを逃がさない

現引をうまく使って、限られた投資チャンスを活かそう!投資の幅が広がります