サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

米国株定期買付サービス概要(取引ルール)

米国株定期買付サービス概要(取引ルール)

本ページでは、米国株定期買付サービスの概要、および取引ルールをご説明いたします。
なお、特に重要な事項につきまして、以下のウェブサイトに記載がありますので、必ずご確認ください。

重要事項

なお、本サービスは金融商品取引法第35条1項7号に規定される、「累積投資契約」には該当いたしませんので、注文の発注の際には「米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面」をご確認いただく必要があります。また、「配当金再投資サービス」は、米国のDRIP(Dividend Reinvestment Plan)制度には該当いたしません。税制優遇の措置は受けられず、当該サービスを利用し約定した際には所定の買付手数料が必要となります。

米国株定期買付サービス概要

マネックス証券の米国株定期買付サービスには、以下の2つのサービスがあります。

<2つの定期買付サービス>

  1. ①配当金再投資サービス:

    お客様が指定した銘柄に配当金が出た際、配当金の金額を上限に、買付を行うことができる最大の株数の買付注文を発注いたします。
    追加オプションを選択いただいた場合、お預り金の資金も注文に充当可能です。

  2. ②日付指定 定期買付サービス(毎月買付):

    お客様が指定した毎月の日付(およびボーナス月の日付)において、設定いただいた金額を上限に、指定の銘柄の買付を行います。

配当金再投資サービス

  1. ①非課税口座(NISA口座)での設定が可能

    本サービスは、課税口座・非課税口座(NISA口座)のいずれもご利用いただくことが可能です。
    お客様の投資スタイルに合わせ、買付口座をお選びください。

  2. ②未保有の銘柄も事前に設定可能

    設定時点で保有されていない銘柄についても、配当金再投資の設定をいただくことが可能です。
    この機能により、配当金再投資の設定をしたい場合、わざわざ約定を待つことなく、注文発注と同じタイミングで設定が可能なので、約定後の設定漏れを防ぐことができます。

  3. ③オプション機能により預かり金を追加して購入が可能

    配当金額が1株の購入代金に満たない場合、外国株口座のお預り金を自動で充当し、1株未満の株数を切りあげて購入いただくことが可能です。

配当金再投資において、資本剰余金と利益剰余金の両方を原資にする配当金などが出た場合、当社支払い処理の関係上、配当金を資本剰余金となる額と利益剰余金となる額に分け、複数の日付にまたがってお客様の口座に入金する場合があります。
この場合、それぞれの入金額を基に注文が生成されるため、合計した金額では注文を出せる場合であっても、各日の入金額が注文生成に必要な額に満たない場合は再投資の注文が生成されない場合があります。また、オプション機能を設定している場合は、上記のように配当金をお支払いする場合において、複数回注文が生成されることがあり、それぞれのご注文に所定の国内手数料がかかります

日付指定 定期買付サービス(毎月買付)

  1. ①金額指定であるため、ドルコスト平均法に最適

    本サービスは毎月指定した金額を上限に対象銘柄をお買付いただきますので、ドルコスト平均法にて株式の購入を進めることができます。
    ドルコスト平均法の詳細は、以下のウェブサイトをご確認ください。なお、本サービスはあくまで買付上限金額を設定いただくサービスであるため、設定金額およびお買付時の株価の状況によっては、結果的に毎月定量の株数を購入する場合もあります。

    金融商品購入のタイミング

  2. ②非課税口座(NISA口座)での設定が可能

    本サービスは、課税口座・非課税口座(NISA口座)のいずれもご利用いただくことが可能です。
    お客様の投資スタイルに合わせ、買付口座をお選びください。

  3. ③未保有の銘柄も設定可能

    設定時点で保有されていない銘柄についても、設定をいただくことが可能です。この機能により、将来的に買付を開始したい銘柄についても、抜け漏れを防止することが可能です。

  4. ④ボーナス月の設定も可能

    ボーナス月(年2回、お客様が指定する月)については、通常の月の指定とは異なる日付を設定いただくことが可能です。ボーナスを原資とした投資もぜひお試しください。

  5. ⑤任意の買付開始年月の設定が可能

    任意の月から買付を開始するよう設定いただくことが可能となっておりますので、お客様のご都合の良いタイミングより買付を開始することが可能です。

米国株定期買付サービス取引ルール

マネックス証券の米国株定期買付サービスにおける取引ルールです。以下の取引ルールに基づきサービスの提供を行います。
なお、「米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面」が改訂された際に「外国株管理サイト」にてご確認いただいていない場合、また最後の閲読日から1年以上経過し、「外国株管理サイト」に挟みこまれる「米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面」をご確認いただいていない場合、注文が失効いたしますので、あらかじめご了承ください。(外国株管理サイト上でプライベート・インフォメーション、「MY PAGE」におけるメッセージボード、メール等にてお知らせいたします。)

取扱商品当社で取扱いのある米国株全て(プレ・マーケット、アフター・マーケットでは発注いたしません)
注文時間買付指定日の立会時間開始時
注文条件・価格対象銘柄の前営業日終値の110%の価格で買付可能株数を算出し、当該価格にて当日中の指値注文を発注します。約定価格は取引所での約定価格です。
日付指定サービス 設定単位
  • 最低設定金額:100.00米ドル
  • 設定単位:1.00米ドル
手数料

本サービスの利用料金は無料です。
ただし、本サービスを利用し作成された注文が約定した場合、通常の委託取引と同様の国内手数料をいただきます。

手数料

海外非営業日の取扱い注文発注日が海外非営業日にあたる場合、翌海外営業日に発注を行います。
登録上限数なし
取引経路パソコン、スマートフォンによるウェブブラウザからのご契約
課税・非課税枠の取扱ご契約時に注文の発注口座につき、非課税口座を選択いただいた際、非課税口座の割当額が不足していた場合、自動的に額を割り当て、非課税口座で発注いたします。
オプション内容(配当金再投資サービスのみ)配当金再投資サービスにおいて注文を生成する際、1株に満たない端数部分を切り上げた株数に対し、配当金額で買付に不足する額を外国株取引口座のお預かり金から充当した上で、端数部分を切り上げた株数での買付注文を発注いたします。
コーポレートアクション発生時の取扱いご契約いただいた銘柄につき、配当金が出た場合、株式分割、株式併合、シンボル変更が発生した場合においては、従来通りご注文が生成され、発注されます。上記以外のコーポレートアクションが発生した場合、設定している申込内容の変更、または解除が行われる場合があります。

定期買付サービスの申込画面へ

定期買付のお申込みは、ログイン後「外国株管理サイト」よりお申込いただけます。詳細は、取引の流れよりご確認ください。「外国株管理サイト」へは、以下のボタンより遷移可能です。(ログインが必要です)

管理サイト(為替振替・口座管理)

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します