サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

活用例1 最大約3.3倍でハイリターンを狙う

信用取引の魅力は、なんと言っても大きな利益を狙えること!高すぎて手が出ないような株も、投資対象にできるぞ

利益を伸ばすために、レバレッジを効かせる

ここぞという投資チャンスが到来!そんなときには、手元資金以上の取引ができる信用取引を活用するのはいかがでしょうか?

保有資産の最大約3.3倍の取引ができるから、リターンも約3.3倍まで期待できます。数少ないチャンスでどれだけうまく利益を上げられるかが、投資成績向上のポイントです。(ただし、大きなリターンを期待できる反面、リスクも大きな点は注意が必要です。)

高くて手が出ない値がさ株も、信用取引でゲット

株価が上がりそうだけど高くて手が出ない、そんなときにも信用取引を使うと便利。

ファーストリテイリング(9983)の株(2009年4月9日の終値 11,630円で計算)

現物取引の場合・・・116万3千円が必要(11,630円×100株)
信用取引の場合・・・約35万円あれば信用買いできる

手数料は考慮していません

基本は短期勝負!利益をうまく確保しよう

信用取引は、レバレッジ(「テコの原理」のように手持ち資金よりも多くの金額を動かすこと)を使った取引。予想に反して値下がりしたら、損失も大きくなる可能性があります。

信用取引ならではの特徴を活かして、投資を有利に進めましょう。

投資成績改善のヒント

  • 利益が出る可能性が高いなら、レバレッジを効かせることでハイリターンを狙おう!
  • 高くて手が出ない株にも、信用取引ならチャレンジできる!

他の信用取引の活用例

活用例1:最大約3.3倍まで取引できる

信用取引は保証金の最大約3.3倍の取引ができるので、高い利益を狙った取引ができる

活用例2:投資効率を高める

保有株式や投資信託を有効活用!代用有価証券にすれば、資産効率アップ

活用例3:下落局面でも利益を狙える!

空売りできるのは信用取引ならでは。下落局面でも利益が出せるメリットがあります

活用例4:逆指値でリスクコントロール!

リスクが高い信用取引だからこそ、逆指値はぜひ使っておきたい。使いこなしていますか?

活用例5:信用取引だからできるペアトレード

値動きが類似した銘柄ペアを使う!信用取引だからできる相場変動に惑わされない投資方法

活用例6:現引を使ってタイミングを逃がさない

現引をうまく使って、限られた投資チャンスを活かそう!投資の幅が広がります