サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

委託取引と米国株国内店頭取引との比較

本ページでは、米国株取引における「委託取引」と「米国株国内店頭取引」の比較をご説明いたします。お取引に際しましては両取引方法をよくご理解いただいた上で、お取引いただきますようお願いいたします。

取引方法の違い

  1. (1) 委託取引

    お客様からいただいた注文につき、当社が注文を現地の取次先へ取次ぎ、現地取次先より米国証券取引市場へ発注いたします。

  2. (2) 米国株国内店頭取引

    お客様からいただいたご注文につき、当社が相手方となって取引を成立させるお取引です。
    通常、現地市場における終値等に対し、お客様の買付価格は高く、売却価格は低くなります。

主な取引ルールの違い

以下が、委託取引と米国株国内店頭取引の主な取引ルールの比較となります。
詳細は、以下の取引ルールページをご参照ください。

委託取引 米国株国内店頭取引
取引形態 当社、現地取次先を通じ、米国現地の証券取引所へ直接発注いたします。 当社が相手方となって、直接お客様と取引を行います。
取扱銘柄 当社が選定した銘柄となります。米国株国内店頭取引と比較し、幅広い銘柄を選定いたしております。 当社が選定した銘柄となります。委託取引と比較し、銘柄数は限定されております。
取引価格 米国現地での証券取引所における取引価格です。

当社がその都度、提示する価格となります。

現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に、概ね1.50%のスプレッドを加減して決定いたします。

通常、現地市場の終値より買付提示価格は概ね1.50%高く、売付提示価格は概ね1.50%低くなります。
また、各市場(日本・米国以外の海外市場を含む)の動向や対象銘柄の個別要因により、提示価格(基準となる価格とスプレッドを合計した価格)が変更される場合があります。変更された価格は、お客様への提示価格に速やかに反映いたします。

取引時間
  • 8:00~20:00(ニューヨーク現地時間)
  • 21:00~翌9:00(日本時間/夏時間)
  • 22:00~翌10:00(日本時間/冬時間)

米国では、3月第2日曜日から11月第1日曜日までサマータイム(夏時間)が実施されます。

12:00~17:00(日本時間)
営業日 米国の取引可能日に準じます。

日本、米国ともに取引可能な日となります。
また、米国のバンク・ホリデーの関係上、米国で取引可能であってもお取引いただけない日があります。なお、現金配当以外のコーポレートアクションが対象銘柄に発生する場合、その効力発生日においては対象銘柄の取引を停止いたします。

米国株国内店頭取引の営業日について

手数料 約定代金の0.45%(税込:0.495%)
ただし、最低0米ドル、最高20米ドル(税込:22米ドル)
取引価格に手数料を含みます。
メリット
  • 現地取引価格にて、直接取引を行うことができます。
  • 様々な注文方法や、ツールをご利用いただくことができます。
  • 日本時間の日中にお取引を行うことができます。
  • ご注文後、原則として当社の提示した価格で即時に約定が成立いたします。
デメリット
  • リアルタイムでの株価を参照する場合、日本時間の夜間にお取引いただく必要があります。
  • 取引は取引所の注文状況によるため、実際に約定するまで約定価格が決定いたしません。
  • お取引いただける銘柄や注文可能数量に、委託取引と比較し制限があります。
  • 委託取引と比較し、原則として買注文の場合は取引価格が割高、売注文の場合は取引価格が割安となります。

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します