サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

相続の基礎知識

相続の基礎知識

相続の基礎知識

相続とは?

「相続」とは、ある人が亡くなったときに、その人が保有していた財産(権利・義務)を配偶者や子供、親、兄弟などの親族が引き継ぐことです。
相続では、亡くなった方を「被相続人」、財産を引き継ぐ方を「相続人」といいます。

続きを読む (相続について)

民法で定められている「法定相続人」

民法では、「法定相続人」が定められており、原則として、法定相続人が被相続人の財産・負債などを引き継ぐ権利を持ちます。

続きを読む (相続人について)

遺産分割の方法

遺産分割の方法

遺産分割の方法は遺言書の有無によって異なります。
遺言書がない場合は、だれが、いくら相続するかを話し合って決める「遺産分割協議」
もしくは民法で定められた割合で相続をする「法定相続」という方法があります。

続きを読む (遺言書と遺産分割について)

相続税の申告は、相続発生から10か月以内

ご家族の方が亡くなると、残された方(相続人)は役所への死亡届の提出に始まり、相続人の確定、遺産の調査、遺産分割協議、遺産の名義変更、相続税の申告など様々な手続きが必要となります。 相続税の申告は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行わなければ延滞税が課される可能性があります。

続きを読む (相続手続きのスケジュール)

相続支援センター