サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

手元資金の何倍くらいの取引ができるの?

信用取引を活用することで、お預かり資産の最大約3.3倍の取引が可能になります。

少ない資金で、大きな取引が可能です!


※ 手数料、税金は考慮していません。

現金・株式・投資信託(※1)を担保に、その担保である保証金の約3.3倍の額の株取引ができるため、投資した資金(保証金)に比べて大きな利益が期待できます(※2)

(例) 100万円の現金があれば最大で330万円の取引が可能です。

※1 原則として、国内株式型投資信託のうち分配金受取コースの銘柄

※2 信用取引は、投資した資金(保証金)に比べて大きな利益が期待できますが、その一方で価格の変動が予想と違った場合には、損失も大きくなります。信用取引を利用するときは、資金に十分な余裕を持って取引しましょう。

分配金受取コースの銘柄一覧

マネックスなら、信用取引の保証金代用証券として、投資信託(※)もご利用いただけます。対象銘柄を保有いただくと、自動的に信用取引の保証金代用証券となり、効率的な資産運用にご活用いただけます。

対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄です。

ウェブサイトだけで解決できないときは

お客様ダイヤル

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

サービスメニュー「5#」(信用取引に関するお問合せ)を押して、担当者にお問合せください。

ご利用の手順