サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

リスクを抑えるには?

信用取引では、手元資金以上の取引ができるため、リスク管理が大切です。余裕を持った運用と、逆指値の活用で、リスクを抑えましょう。

その1:レバレッジをかけることは必須ではない

高性能なレーシングカーも、運転技術を考えず、めいっぱいのスピードを出しては危険です。信用取引も同様で、保証金の約3.3倍の取引ができるからといって、最大3.3倍の取引をめいっぱいする必要はありません。

余裕を持った運用を心がけましょう。

その2:逆指値を活用しよう

逆指値を活用すれば安心

逆指値を活用すれば安心

大きなリターンを追求できる信用取引は、反面、リスクも大きくなります。

マネックス証券では、万一の場合に損失がふくらまないようにするための仕組みとして、逆指値注文をご用意しております。

逆指値注文とは

ウェブサイトだけで解決できないときは

お客様ダイヤル

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

サービスメニュー「5#」(信用取引に関するお問合せ)を押して、担当者にお問合せください。

ご利用の手順