サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引では追証・引出不足請求、現金不足、立替金が保証金(維持率)や現金残高の状態によって発生いたします。
追証、各種不足金の発生中は現物株の買付可能額、ならびに信用の新規建て可能額は表示されず、現物株の買付、信用新規建ては出来ません。

追証(追加保証金)

建玉の評価損や保証金代用証券の値下がりなどにより、保証金維持率が25%を下回った場合に発生します。所定の期日までに、追加の保証金の入金や一部建玉の決済により保証金維持率30%を回復していただく必要があります。

引出不足請求

現金の引出しが必要な取引の受渡日に、保証金維持率が法定保証金率(30%)を下回る等の要因で、委託保証金の引出し余力がない場合に発生します。
現金の引出が必要になるケースには、現物の買付、信用の建玉決済損、源泉徴収税等があります。
解消方法は入金もしくは建玉の一部決済です。

現金不足

信用返済の決済損等で口座内にある現金残高がマイナスなった場合に発生いたします。※ 維持率は関係ありません。
現金不足が発生した際はご入金をお願いします。

立替金

引出不足請求や現金不足が発生し、期日までに解消されなかった場合に発生します。
立替金の解消方法は原則入金のみです。

入金日までに立替金が解消しない場合は、入金期日の翌営業日以降に当社の任意で、代用証券または信用建玉の一部もしくは全部を売却(決済)し、立替金の解消をおこないます。

引出不足請求、現金不足、立替金の発生要因・解消方法の詳細は以下をご確認ください。

引出不足請求、現金不足、立替金の発生原因・解消方法

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

信用取引アクティブ派の方にオススメ

ログイン後、信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

ログイン後、「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引アクティブ派の方にオススメ

信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

「スタート信用」申込画面へ遷移します