サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

決済の方法は?(反対売買、現引、現渡)

信用取引では、証券会社からお金(信用買いの場合)か株式(信用売りの場合)を借りて取引を行うため、必ず返済する必要があります。

返済の方法には大きく、反対売買による返済と、現物株を介した返済の2種類があります。

信用買いの返済方法

信用買いの場合、「反対売買による返済」と「現引(げんびき)による決済」のどちらかを選択することができます。

方法1 反対売買による返済

建玉の反対売買(売却)を行い返済する方法で、売却時の株価によって損益が異なります。

売却金額 - 買建て金額 = 損益

方法2 現引(げんびき)による決済

株式を売却せずお金だけを返済をすることで、現物株を受け取る方法です。

買建て金額 → 現物株

信用売りの返済方法

信用売りの場合、「反対売買による返済」と「現渡(げんわたし)による決済」のどちらかを選択することができます。

方法1 反対売買による返済

建玉の反対売買(買戻し)を行い返済する方法で、買戻し時の株価によって損益が異なります。

売建て金額 - 買戻し金額 = 損益

方法2 現渡(げんわたし)による決済

建玉と同じ銘柄の現物株を持っている場合に、現物株を差し出すことで返済する方法です。

保有している現物株で返済し、
売建て金額を受け取る

ウェブサイトだけで解決できないときは

お客様ダイヤル

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

サービスメニュー「5#」(信用取引に関するお問合せ)を押して、担当者にお問合せください。

ご利用の手順