サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

信用余力の計算方法は?

新規建玉に充当することのできる金額、すなわち、受入保証金内の余力金額を「信用余力」として表示しています。

夕方の値洗い処理までは当日基準、それ以降は翌営業日基準で表示されます。

計算式

信用余力

受入保証金(*1)-建玉評価損(現引・現渡済建玉含む)(*2)
-諸経費(*3)-建玉決済損-必要保証金(*4)

計算結果がプラスでかつ最低保証金30万円未満のときは、(信用)新規建可能額を0とします。

(*1) 受入保証金
注文執行日以降で最小となる(保証金現金+保証金代用証券換算額+お預り金)+建玉決済益

(*2) 建玉評価損(現引・現渡済建玉含む)
未決済建玉の建玉評価損(現引・現渡済建玉含む)。評価損益額の合計が評価益の場合は0です。また、現引・現渡をした場合、当該建玉に係る評価損益は現引・現渡の受渡日前営業日までは建玉評価損の計算に含まれます。

(*3) 諸経費
未決済分の支払諸経費+決済済(未受渡)の支払諸経費合計。買方品貸料(逆日歩)等の受取諸経費は含まれません。

(*4) 必要保証金
各銘柄の建玉金額(未決済建玉金額、注文中建玉金額)×保証金率の合計

株式や投資信託も担保にできます

マネックスなら、信用取引の保証金代用証券(担保)として、「株式」と「投資信託(※)」がご利用になれます。対象銘柄を保有すると、自動的に信用取引の保証金代用証券になります。

対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄です。

ウェブサイトだけで解決できないときは

お客様ダイヤル

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

サービスメニュー「5#」(信用取引に関するお問合せ)を押して、担当者にお問合せください。

ご利用の手順