サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

新規建玉に充当することのできる金額、すなわち、受入保証金内の余力金額を「保証金余力」として表示しています。

夕方の値洗い処理までは当日基準、それ以降は翌営業日基準で表示されます。

計算式

保証金余力

受入保証金(*1)-必要保証金(*2)

計算結果がプラスでかつ最低保証金30万円未満のときは、(信用)新規建可能額を0とします。

  1. (*1) 受入保証金
    現金残高+預り増加額-預り減少額+代用換算額-建玉評価損(*3)-諸経費(*4)-決済損+決済益
  2. (*2) 必要保証金
    各銘柄の建玉金額(未決済建玉金額、注文中建玉金額、決済済建玉金額(現引・現渡))×保証金率の合計
  3. (*3) 建玉評価損(現引・現渡済建玉含む)
    未決済建玉の建玉評価損(現引・現渡済建玉含む)。評価損益額の合計が評価益の場合は0です。また、現引・現渡をした場合、当該建玉に係る評価損益は現引・現渡の受渡日前営業日までは建玉評価損の計算に含まれます。
  4. (*4) 諸経費
    未決済分の支払諸経費+決済済(未受渡)の支払諸経費合計。買方品貸料(逆日歩)等の受取諸経費は含まれません。

株式や投資信託も担保にできます

マネックス証券なら、信用取引の保証金代用証券(担保)として、「株式」と「投資信託(※)」がご利用になれます。対象銘柄を保有すると、自動的に信用取引の保証金代用証券になります。

対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

信用取引アクティブ派の方にオススメ

ログイン後、信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

ログイン後、「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引アクティブ派の方にオススメ

信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

「スタート信用」申込画面へ遷移します