サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引 追証(おいしょう)発生の条件

マネックス証券では保証金率を30%、最低保証金維持率を25%に定めています。
原則として保証金維持率が25%を下回った場合には追加保証金(いわゆる追証)を期日までにご入金など行っていただく必要があります。

追証が発生する典型的なパターンとして、保証金として差し入れている代用証券の値下がり(パターン1)と、建玉の評価損による維持率の低下(パターン2)があります。

パターン1 代用証券の値下がりによる維持率の低下

保証金として差し入れていた代用証券が値下がりすると、保証金としての評価額が低下し、保証金維持率が25%を下回った場合に追証が発生するパターンです。

保証金の計算例

パターン2 建玉の評価損による維持率の低下

建玉銘柄に評価損が出た場合、その損失分が保証金から差し引かれるため、結果として保証金維持率が低下し追証となるパターンです。

保証金の計算例

追証の解消方法

追証のリスクを減らすためには?

[ポイント1] 保証金は変動リスクのある代用証券だけでなく、現金も組み入れることで急な維持率の低下を防ごう

[ポイント2] 建玉の評価額が落ち込む可能性も考慮し、維持率が30%ぎりぎりにならないよう、余裕を持って運用しよう