サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引 保証金の計算方法

保証金の計算

保証金とは、信用取引で新規売買を行う際に必要となる担保金のことです。保証金には、現金のほかに株式や投資信託を保証金代用証券とすることができます。

保証金は現金および保有している株式・投資信託の時価額に一定の掛目をかけた評価額の合計で計算されます。

投資信託の対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄に限られます。

代用証券の掛目

保証金代用証券は、前営業日の時価評価額に以下の掛目を乗じた額で計算されます。

区分 掛目
東京・名古屋各証券取引所1・2部上場銘柄
マザーズ・JASDAQ・セントレックス上場銘柄
80%
札幌・福岡各証券取引所上場銘柄(Q-Board、アンビシャス含む) 50%
投資信託

原則として、国内株式型投資信託のうち分配金受取コースの銘柄
公社債投信(当社取扱銘柄)は掛目85%

80%
上場投信・上場投資証券 80%

必要な保証金額

信用取引を行うためには、最低で30万円超の保証金が必要です。また、建玉の30%に相当する保証金が必要になります。

必要な保証金率の例

信用取引で約定金額1,000万円(※)の買建てをする場合、必要な保証金は300万円

「スタート信用」の場合は建玉上限金額は500万円となります。