サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

米国株 手数料およびリスク等のご注意

手数料・費用について

米国株取引ツール「トレードステーション」(ダウンロード型ツール)利用規定

米国株取引ツール「トレードステーション」(スマートフォンアプリ)利用規定

国内取引手数料

1取引あたり(税抜)

約定代金の0.45%
最低手数料5米ドル
手数料上限20米ドル

売却時のみ、上記国内取引手数料のほか、以下の現地取引費用がかかります。
SEC Fee・・・・売却時に、約定代金1米ドルにつき、0.0000231米ドル
(小数点以下第3位切上げ、最低0.01米ドル)(2017年6月29日現地約定分)

※ 米国預託証券(ADR)をお取引された際、預託証券発行の金融機関(信託銀行等)により、一定期間ごとに管理費用が徴収される場合があります。

米国預託証券(ADR)とは

この管理費用について、お客様のADR保有残高に応じて、実費を外国株取引口座の外貨預り金からお引落いたします。(不足する場合は、ご入金が必要となります。)

その他のご注意について

個人情報の第三者提供について

米国株取引における株価情報等の情報提供者(ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所又はナスダックOMX)が、利用者の利用状況の検証、確認、調査等を実施するために、当社が利用者の個人情報(利用状況の検証等のために必要な範囲に限る)を情報提供の取次先であるTradeStation Securities, Incに渡すことがあります。(TradeStation Securities, Incを通じて情報提供者に提供されます。)

上記個人情報の第三者提供については、「マネックス証券 米国株取引に係る情報利用規定」で定めており、マネックス証券の米国株取引を行なうにあたっては、初回ログイン時に当該利用規定をご確認いただき、同意していただくことが前提となっております。

新しい米国株取引サービスに関して、特にご注意いただきたい事項

1. 注文の入力のしかたとご注意

入力項目により、「初期状態」で、注文条件が選択されている場合がありますのでご注意ください。

  • ① 銘柄名は「シンボル」を入力
  • ② 注文数量を入力(1株単位)
  • ③ 注文種別を選択(初期状態は、「指値」が選択されています。
  • ④ 指値価格を入力(「指値」、「逆指値(指値)」選択時のみ)
  • ⑤ 有効期限を選択(初期状態では、「GTD」が選択されています。
  • ⑥ 有効期限の日付を選択(初期状態では、翌日の日付が選択されています。

初期状態で選択されている注文条件は、注文入力時に必要に応じて修正してください。
「注文確認」画面では必ず注文条件がお客様が指定した注文内容となっているかご確認ください。

注文入力方法等の詳細

2. 取引画面の銘柄名について

① 銘柄名が旧名称の場合があります。

残高照会や報告書等には「銘柄名」が英語で表記されますが、上場銘柄の企業名変更・ETF名称変更等が行われている場合でも旧名称のままとなっている銘柄があります。
取引は、シンボルに基づいて行われるため、銘柄名変更の反映有無はお客様のお取引に影響しませんが、銘柄の取り違え等にはご注意いただきますようお願い申し上げます。

正式名称については、各証券取引所、発行体ホームページ等でご確認ください。

ニューヨーク証券取引所

ナスダック証券取引所

② ADR(米国預託証券)の銘柄名について

ADR(米国預託証券)は、銘柄名の語尾にADSと表示していることがあります。ADSとはAmerican Depositary Shareの略であり、取引されている株式のことを指します。ADR(American Depositary Receipt)とは、それらADSの総称を言います。

3. お預り金がマイナスになるケースについて

① SEC Feeの課金によるケース

米国株取引では、売却時に限りSEC Feeという現地取引費用がかかります。
SEC Feeは現地約定日ではなく国内約定日に外貨預り金から差し引かれるため、売却を行った同日に売却代金を利用した場合、その翌営業日に売却代金にかかるSEC Feeが差し引かれ、お預り金(米ドル)残高がマイナスになるケースがございます。その場合、不足相当額を外貨取引等で充当していただく必要がありますのでご注意ください。

SEC Fee ・・・ 売却時に、約定代金1米ドルにつき、0.0000231米ドル
(小数点以下第3位切上げ、最低0.01米ドル)(2017年6月29日現地約定分)
[SEC Feeとは]
Securities and Exchange Commission(米国証券取引委員会)に支払われる現地取引費用です。

② 特定口座における譲渡益課税徴収によるケース

外国株取引口座の預り金残高(円、米ドル、香港ドル)で源泉徴収税額相当額の充当ができない場合、不足金が発生し、ご入金をお願いすることがあります。

特定口座の譲渡益課税の徴収について

4. GTC、GTDなどの期間指定注文ご利用時の取引余力に関するご注意

GTC、GTDなどの期間指定注文が当日約定しなかった場合、翌営業日に市場に発注される前に、外国為替取引による米ドルの売却を行うと、翌営業日は米ドル売却後の買付可能額の範囲内で注文が市場に発注されます。(買付可能額が不足する場合でも、自動的に「失効」とはなりません)

既に発注されていた買付注文の代金相当額が、当日の取引開始時点で不足している場合は、取引は市場に発注されず「Queued」(発注待ち)ステータスとなります。
保有株式の売却や米ドルの買付によって、「Queued」(発注待ち)となっている買付注文に相当する買付可能額が発生した時点で、自動的に再発注されます。

なお、「Queued」(発注待ち)となっている注文が複数ある場合は、買付可能額の範囲内で、一定の条件にしたがって市場に発注されます。
一度発注された注文は、約定、取消、有効期限切れの他は原則として「失効」しませんので「注文約定一覧」にて、ご確認ください。

5. 成行注文(買付)時の買付可能額に関するご注意

買い注文の際、買付可能額を超えた注文を発注することはできません。
注文が買付可能額の範囲内であるかどうかは、お客様が画面から注文を発注した時点と、その注文をシステムが受注して市場に執行する時点で確認しております。

成行注文の場合、注文が約定する際に、株価の急激な変動により受渡金額が買付可能額を上回り、お預り金(米ドル)残高がマイナスになるケースがございます。その場合、不足相当額を外貨取引等で充当していただく必要がありますのでご注意ください。

[ 成行注文(買付)時の買付可能額の計算方法 ]
売気配値(売気配値がない場合は最終価格) × 注文数量 + 手数料(税込)

6. 買い注文時の手数料拘束について

買い注文の場合、インテリジェントオーダーにより取引所が選択され注文が発注されますが、注文が取引所から返戻された状況により、次の取引所に注文が発注される際、手数料が拘束される場合がございます。手数料の拘束は、翌営業日の日本時間20:30(サマータイム時は19:30)にリセットされます。
また、買付可能額の上限に近いご注文の場合、注文ステータスが「Queued(発注待ち)」または「Expired(失効)」となることがございます。
お取引に際しては、余力をもってご注文いただきますようご注意ください。

7. 注文確認画面が表示される前にアラートが表示されるケースについて

取引画面の注文発注時には確認画面が表示されますが、当社サーバーとの接続に一時的に問題が生じ、確認画面が表示されずに
「アラート  Failed to order build confirmation」
「アラート  There was an error with your request」
等のメッセージが表示されるケースがございます。

当該メッセージが表示された場合、当社システムで注文はまだ受け付けられていない状態であるため、ブラウザの再読み込み(リロード)ボタンをクリックするか、キーボードの「F5」キーを押下した上で、再度発注操作を行ってください。
また、注文確認画面が正常に表示されて注文を実行した後も、注文ルールに則していない等の理由でエラーメッセージが表示される場合があります。詳細は下記ページをご参照ください。

注文エラーについて

8. 注文訂正の仕様について

米国株取引で注文の訂正を行う場合、当初取引所へ発注されていた注文を取消した後、訂正後の注文を発注します。
これは取引所が一度発注された注文の訂正を受け付けていないためとなります。

よって、注文を訂正した場合は、取引所では新規の注文とみなされます。
(指値注文の価格を訂正した場合には、優先順位は価格優先・時間優先の原則に従って、既に発注されていた同価格の指値注文に劣後します。)

9. 買付余力が拘束されるケースについて

保有銘柄の売却後、同日中に同銘柄を同数買い戻す注文を出し、かつその買付注文が部分約定した場合、未約定残数のある状態で注文を取消すると、買付余力が拘束されたままになることがあります。
また、未約定残数のある状態で訂正を指示された場合も、その買付注文が取消され、買付余力が拘束されたままになることがあります。

これは売却の後に買付が部分約定した際、当初発注額全額分の余力が、日計り取引とみなされ拘束されるためです。
(注文訂正は一度市場で注文を取消してから再度訂正後の注文を発注しているため、注文取消時に買付代金が拘束され、その後余力が不足すると訂正の注文が発注できません。)

買付余力の拘束は、翌営業日の日本時間20:30(サマータイム時は19:30)にリセットされます。
日計り取引によるものであるため、別銘柄の買付であれば買付余力をご利用頂けます。
お取引に際しては、余力をもってご注文いただきますようご注意ください。

10. 米国株取引サイト(ウェブブラウザ型取引画面)のチャート日時について

米国株取引サイト(ウェブブラウザ型取引画面)におけるチャート表示日時は、米国市場時間ではなく、日本時間での表示となっております。お取引の際はご注意ください。

11. リアルタイム買付可能額について

日本時間の月曜日の20:20まで(サマータイム時は19:20)、火曜日から金曜日の15:30~20:20(サマータイム時は14:30~19:20)においては、「リアルタイム買付可能額」は、前営業日の「当日開始時点買付可能額」が表示される場合があります。連日でのお取引の際はご注意ください。

12. トレーリングストップ注文の乖離幅がチャートなどでマイナス価格で表示される事象について

ダウンロード版米国株取引ツールTradeStationにおいて、トレーリングストップ注文をご利用いただく場合、米国夜間の時間帯で、設定した乖離幅がチャート上やトレードマネージャー上でマイナス価格で表示されることがあります。チャートやトレードマネージャーのリロード(CTRL+Rキー)や、該当ウィンドウの立上げ直しや、あるいはプラットフォーム再起動を行うことで直る場合があります。
マイナスの価格で表示がされていても、その価格で注文が出ることはなく、現在値を正しく取得した後に正しい注文が発動されますので、ご安心ください。

13. OTC市場の銘柄の売却について

倒産(連邦破産法第11条を適用申請)などにより、ニューヨーク証券取引所やナスダックに上場していた銘柄がOTC市場へ移行した場合など、当社ではパソコンから売却のご注文を承ることができません。お手数ですが、当社お客様ダイヤルまでお電話ください。

倒産(連邦破産法第11条を適用申請)した米国株の売却方法

外貨預り金が取引手数料に満たない場合の売却注文について

外貨預り金が取引手数料に満たない場合でも、取引手数料は株式の売却代金から充てられるため、売却注文を出すことができます。
株式売却代金が取引手数料に満たない場合は、約定代金以上の取引手数料、費用はかかりません。
(画面上は差額分がマイナス表示されますが、翌営業日の取引時に修正されます。)

コーポレートアクション発生時のご売却について

お客様の保有されている銘柄につきまして、株式分割などのコーポレートアクションが発生した場合、当社手続きの関係により、効力発生日の売却注文が失効となることがあります。
その際は、コールセンターにて売却注文を承ります。

国内取引手数料の計算方法について

国内取引手数料は以下の手順で計算されます。
[約定金額] = [約定単価]×[約定株数] <小数点第3位を四捨五入>
[国内取引手数料(税込)] = [約定金額]×[国内取引手数料率(0.486%)(税込)] <小数点第3位を四捨五入>
[国内取引手数料(税抜)] = [国内取引手数料(税込)]÷(1+0.08) <小数点第3位を四捨五入>
[国内取引手数料(消費税)] = [国内取引手数料(税込)]÷(1+0.08)×0.08 <小数点第3位を切り捨て>
※ 国内取引手数料(税抜)が約定金額の0.45%、消費税率が8%の場合

米国市場について

米国株式取引においてはニューヨーク証券取引所規則 (New York Stock Exchange Constitution and Rules)、及び全米証券業者規則 (NASD Rules)に基づき、いったん約定または出来ずの結果を取引所等より受けた取引について誤りがあったと報告された場合、事後の調整・修正が行われることがあります。
その場合、当社よりお客様に約定の調整・修正、又は約定の取消について再度ご報告させていただく場合があります。

また、米国証券取引委員会(SEC)が認める特定の個別銘柄およびETFの価格が急落した場合、サーキットブレーカーが作動され、取引の一時的な停止や約定の取消等が行われる場合もあります。
対象銘柄については下記ページからリンクしているPDFファイルでご確認ください。

サーキットブレーカーの対象銘柄拡大について(SEC・英語)

分別管理について

外国株取引口座内のお客様の資産は、金融商品取引法、投資者保護基金、金融商品取引所、日本証券業協会等の法令諸規則に基づき、マネックス証券自身の資産とは明確に分別して管理しています。

現金(金銭)

お客様の金銭等は、外貨(米ドル)にてお預かりしておりますが、同額相当の日本円を信託銀行に信託しています。

米国株

お客様の持分を正確に管理した上で、TradeStation Securities, Inc.名義で米国のDTC(デポジトリー・トラスト・カンパニー/The Depository Trust Company)に保管されています。
DTCは米国連邦準備制度の加盟機関、及び証券取引委員会登録決済機関です。200万種以上の証券の保管を引き受け、ブローカー/ディーラー、銀行、その他の参加者との間の電子売買取引の処理全般を執り行っています。

非課税取引(NISA)について

非課税取引においては、非課税投資枠(年間最大120万円)に関して非課税扱いの注文が課税扱いとなるケースがある点や、税金の取扱いなどが異なります。詳しくはNISA米国株取引に関するご注意をご覧ください。

リスクについて

[価格変動リスク]
米国上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、米国上場有価証券等の価格が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

[信用リスク]
米国上場有価証券等の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、米国上場有価証券等の価格が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

[為替変動リスク]
米国上場有価証券等は、外国為替の変動により、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、円換算でのお受取金額が投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

[カントリーリスク]
投資先の国の政治・経済・社会情勢の混乱等により株式等の価格や為替の変動が起こり、損失を被ることがあります。

[その他リスク]
米国上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件又は権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、米国上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
新株予約権又は取得請求権が付された米国上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。
米国上場有価証券等は、国内金融商品取引所に上場されている、あるいは、国内で不特定多数の投資家に販売することを目的として売出された場合を除き、わが国の金融商品取引法のディスクロージャー制度の適用を受けていません。

米国株の差金決済について

差金決済とは、一日のうちに同じ銘柄の売買を繰り返して、売り買いした結果の差額のみ、決済を行うことをいい、金融商品取引法で禁止されております。マネックス証券では、差金決済を防止するため、米国株取引においても同様のルールを設けております。

差金決済とは

インサイダー取引について

インサイダー取引は、会社の重要情報に容易に接近しうる者が、そのような情報を知って、未公表の段階で、当該上場会社等の株券等の売買等を行うことです。外国株取引の場合も、現地の発行企業の日本法人に勤めている方やその企業との資本関係の深い日本企業に勤めている方が、『会社の重要情報に容易に接近しうる者』に該当する場合がございますので、インサイダー取引の規制対象となります。

米国株取引ツール 「トレードステーション」ご利用に関するご注意

  • 「トレードステーション」は、PCにインストールしてご利用いただくタイプの米国株取引ツールです。お客様の利用環境や使い勝手、また、各種機能の内容がよくわからない等、お取引にそぐわない場合は、ウェブブラウザ版米国株取引画面をご利用ください。なお、取引画面の説明、ヘルプ等の記載内容は、一部、英語による説明となっているものや実際の画面と異なる場合があります。
  • 米国株取引ツール「トレードステーション」は、アクティブトレーダー向けの取引ツールです。取引ツール独自の機能が備わっている一方、画面構成をはじめ、発注方法や注文時等の用語など、ウェブブラウザ版米国株取引画面とは、様々な点で異なります。お取引前には必ずマニュアルをご確認ください。
  • 「トレードステーション」で取引が可能な商品は、マネックス証券で取扱いのある「米国株式」「米国ETF」のみです。取引画面等において、「オプション」「先物」「FX」等のお取引いただけない商品のメニューが表示されますが、お取引の対象外であり発注はできませんので、ご了承ください。
  • 米国株取引ツール「トレードステーション」では、専用プログラム言語「EasyLanguage」を用いてプログラムトレードが可能ですが、当社はその動作を保証するものではありません。
  • ログイン時には、「ライブ取引」モードと「シミュレーション取引」モードが選択できます。「ライブ取引」モードでの取引は、実際のお取引となりますので、取引による損益は、全てお客様に帰属します。また、「シミュレーション取引」モードは操作を試すための機能であり、お客様の実際の資産には一切影響しません。なお、ログイン時には、「ライブ取引」モードが設定されています。