サイト内の現在位置を表示しています。

【米国出張レポート記事まとめ】バークシャー株主総会出張振り返り

2024年4月29日から2024年5月10日までマネックス証券の米国株担当者が米国に出張し、バークシャー・ハサウェイの株主総会に出席しました。その株主総会の様子や、前後に訪問した資産運用会社、米国個別企業で得た情報についてレポートいたします。
(コンテンツの掲載予定は現時点のものであり、変更される場合があります。あらかじめご了承ください。)

バークシャー・ハサウェイの株主総会編

ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会の様子(Day1)をお届け

Day1 ショッピング・デー編

シリーズ第1弾の本コンテンツでは、株主総会前日に開かれたショッピングイベントの様子をたっぷりとお伝えいたします。

バフェット氏のアップル株売却理由とは?バークシャー・ハサウェイ株主総会(Day2)

Day2 株主総会当日前編

シリーズ第2弾の本コンテンツでは、株主からの質問に対するバフェット氏の発言の一部をご紹介いたします。バフェット氏退任後の考え、アップル株を売却した理由を明らかにしました。

日本株について何を語ったのか?バークシャー・ハサウェイ株主総会(Day2)

Day2 株主総会当日後編

シリーズ第3弾の本コンテンツでは、日本株への投資や、AIの脅威についてなどのバフェット氏の発言をご紹介いたします。
最後にバフェット氏所縁の場所を特集します。

資産運用会社編

ARKインベストメント編

ARKインベストメント編

キャシー・ウッド氏率いるARKインベストメントとはどんな集団なのか、彼らが注目している銘柄は何なのか。フロリダ州セントピーターズバーグにある本社の様子もご紹介いたします。

ラザード・アセット・マネージメント編

ラザード・アセット・マネージメント編

70年以上の資産運用実績を持つプロフェッショナル集団、米資産運用会社ラザード・アセット・マネージメントが今投資している銘柄をご紹介いたします。ニューヨークのオフィスの様子もお届けいたします。

個別銘柄・証券取引所編

マイクロソフト編

マイクロソフト編

ワシントン州レドモンドにある本社を訪問した様子をご紹介いたします。マイクロソフトの最近の動向、業績推移の情報もお届けいたします。

グーグル編

グーグル編

カリフォルニア州マウンテンビューにある本社を訪問した様子をご紹介いたします。グーグルの最近の動向、業績推移の情報もお届けいたします。

アップル編

アップル編

カリフォルニア州クパチーノにある本社施設を訪問した様子をご紹介いたします。また、アップルの最近の動向、業績推移の情報もお届けいたします。

ボーイング編

ボーイング編

ワシントン州シアトルにある工場を訪問した様子をご紹介いたします。また、ボーイングの最近の動向、業績推移の情報をお届けいたします。

公開予定

米国を代表する銘柄について現地の写真を交えてご紹介いたします。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の様子もお伝えします。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じるおそれがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じるおそれがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じるおそれがあります。米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じるおそれがあります。

<保証金の額または計算方法>

米国株式等の信用取引では、売買代金の50%以上かつ30万円を下回らない範囲で当社が定める米ドル額以上の保証金が必要です。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大2倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じるおそれがあります。

<手数料等>

  • 現物取引
    米国株式等の委託取引では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。店頭取引では取引手数料はかかりませんが、取引価格は当社が直近の米国金融商品取引所の終値等をベースとして合理的に算出した基準となる価格に、概ね1.5%(最大5.0%)のスプレッドを加減して決定し、IFAを媒介した取引の場合は、概ね2.2%(最大5.7%)のスプレッドを加減して決定いたします。米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
    円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
  • 信用取引
    信用取引では、売買代金に対し0.3%(税込:0.33%)(上限15米ドル(税込:16.5米ドル))の国内取引手数料の他、信用金利、現地取引費用(返済時のみ)がかかります。詳細につきましては当社ウェブサイトの「手数料・費用」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。