サイト内の現在位置を表示しています。

投信積立の頻度「毎日」と「毎月」どっちが有利?

投信積立の頻度「毎日」と「毎月」どっちが有利?

投信つみたての「毎日つみたて」と「毎月つみたて」でどちらを選ぶか迷いませんか?そこで今回は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」と「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」に15年間コツコツ積立購入したと仮定して、どちらが有利か検証してみました。ぜひ積立投資の参考にご覧ください。

まずは結論から!

長期投資が前提なら、積立頻度はリターンの差にあまり影響しない

長期の積立投資なら、頻度は毎日・毎月どちらを選んでもOK

「毎日」の方が毎日コツコツ買うので結果的に有利の可能性

頻度よりも「長期投資」がポイント!少額で始めて長く続けましょう

積立頻度の違いや注意点、積立投資シミュレーション、リターンを見ていきましょう。

投資信託の積立頻度は「毎日」か「毎月」

マネックス証券では、積立投資の頻度は「毎日」か「毎月」をお選びいただけます。

毎日つみたて

毎日コツコツ買う

ファンド休業日・土日祝日などの非営業日を除き、毎営業日に定額で投資信託を買付ける。
(1ケ月の購入回数は約20回 ※1、※2)

毎月つみたて

毎月決まった日に買う

ファンド休業日・土日祝日などの非営業日を除き、月1回に指定日に定額で投資信託を買付ける。
(1ヶ月の購入回数は1回 ※2)

※1 1日あたりの買付金額はその月のファンド営業日数によって異なります。

※2 毎日つみたての月額指定と毎月つみたては、特定の月(年2回)に投資信託の積立額を増やすボーナス月(増額月)設定も可能です。毎日つみたての日額指定はボーナス月(増額月)設定はできません。

「毎日つみたて」は、2つの方法があります

日額指定

毎日の買付金額を指定。指定した金額を毎日買付ける。
(例:毎日300円ずつ、積み立てる)

月額指定

ひと月あたりの合計つみたて額を指定。(指定した金額 ÷その月のファンド営業日)円分を毎日買付ける。
(例:1ヶ月の合計が30,000円になるように毎日積み立てる)

「毎日つみたて」の月額指定なら、毎月の予算として管理しやすい

毎月●円と毎月積立投資にまわす金額を固定にしたい方は、「月額指定」がおすすめです。1日あたりの積立投資額は変わりますが、毎月の管理がしやすいのと同時に毎日タイミングを逃さずにコツコツ投資できる安心感があります。

【毎日VS毎月】積立投資シミュレーション(毎月2万円、毎日1,000円)

15年間(2005年9月~2020年9月)に、全世界株式または8資産バランスに毎日または毎月月末に積立投資したシミュレーション結果を見ていきます。

毎月月末に2万円を15年間積立投資

投資元本(万円) 評価額(万円) 損益(万円) 損益率(リターン)
8資産バランス 360 569 209 58.06%
全世界株式 360 693 333 92.50%

【毎月2万円を15年間つみたて投資】

※ 上記は指数(株式とリートは配当込)を使用しています。指数については【本資料で使用している指数について】をご覧ください。

※ 先進国債券、新興国債券、先進国株式、新興国株式、先進国リートは、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。

※ 8資産バランスは、国内債券・先進国債券・新興国債券・国内株式・先進国株式・新興国株式・国内リート・先進国リートを1/8ずつ組み合わせたポートフォリオです。日次でリバランスしています。

※ 上記は毎月末2万円をつみたて投資(最終月末を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。

※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

出所:「毎月・毎日つみたてシミュレーション情報提供資料」(三菱UFJ国際投信株式会社)

毎日1,000円を15年間積立投資

投資元本(万円) 評価額(万円) 損益(万円) 損益率(リターン)
8資産バランス 367.1 581.29 214.19 58.35%
全世界株式 367.1 706.86 339.76 92.55%

【毎日1,000円を15年間つみたて投資】

※ 1日あたりの買付金額はその月のファンド営業日数によって異なります。また、申込初月から積立を開始する場合、その月の一日あたり買付金額はその月の残りファンド営業日数で按分するため、翌月以降の一日あたり買付額と大幅に異なる場合があります。

※ 上記は指数(株式とリートは配当込)を使用しています。指数については【本資料で使用している指数について】をご覧ください。

※ 先進国債券、新興国債券、先進国株式、新興国株式、先進国リートは、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。

※ 8資産バランスは、国内債券・先進国債券・新興国債券・国内株式・先進国株式・新興国株式・国内リート・先進国リートを1/8ずつ組み合わせたポートフォリオです。日次でリバランスしています。

※ 上記は毎日1,000円をつみたて投資(最終日を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。

※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

出所:「毎月・毎日つみたてシミュレーション情報提供資料」(三菱UFJ国際投信株式会社)

【毎日VS毎月】損益率は大差なし、「毎日」の方が少しだけ有利!?

2005年9月末~2020年9月末の15年間で、全世界株式または8資産バランスに積立投資した場合の損益率は、わずかな差で積立頻度は「毎日」の方が有利という結果になりました。毎日定額で投資する場合、買うチャンスを逃さないので日々の値動きとうまく付き合えることになります。
市場と連動するインデックスファンドの値動きは予測不可能です。長期投資を前提にするならば、タイミングは狙わず「積立頻度」は好みで選んでも良いでしょう。

積立期間 損益率(リターン)
毎日1,000円 毎月2万円
8資産バランス 15年 58.35% 58.06% 0.29%
全世界株式 15年 92.55% 92.50% 0.05%

※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

※ 上記は、三菱UFJ国際投信株式会社の「毎月・毎日つみたてシミュレーション情報提供資料」を基に、マネックス証券が作成しました。

積立投資におすすめのファンドをご紹介!

積立投資を始めるとき、どの資産クラスを選ぶかは非常に悩ましいものです。また、毎年資産ごとにリターンのランキングは激しく変動するのでファンド選びが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。
長期の資産形成では、投資対象とする国や資産クラス等に幅広く分散投資するファンドを、じっくり長い時間をかけて積立投資することも有効手段の一つと考えます。

これから「積立投資」を始める方はポートフォリオのベースとして、まずは以下の2本のファンドを検討されてみてはいかがでしょうか。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA つみたてNISA
  • 日本を含む先進国および新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ノーロード つみたてOK 100円つみたて NISA つみたてNISA
  • 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • 各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざして運用を行います。
  • 各マザーファンド等を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含みます。)、公社債および不動産投資信託証券(リート)に実質的な投資を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

積立投資で人気のファンドもチェック!

マネックス証券おすすめ「毎日つみたて」の人気ファンドランキングです。ファンド選びのご参考としてお役立てください。

マネックス証券で新たに「投信積立」をはじめた方が購入したファンドをランキングです。分散投資を意識したインデックスファンドが多く選ばれています。こちらもご参考にご覧ください。※集計対象期間(2020年1月1日~2020年6月30日)

積立投資の始め方<積立の申込方法を画面付きで解説!>

各投資信託ごとにファンド詳細ページがございますので、「購入・積立」ボタンからお進みください。最低100円からお申込みいただけます。

続いて、ファンド概要ページの下にある「積立申込」ボタンからお進みください。

投信つみたて 申込入力の画面で積立頻度を選び、次に積み立てる金額をご入力ください。続いて口座区分をお選びください。

「NISA」はNISA口座未開設の場合には表示されません。「特定」も同様に、特定口座未開設の場合には表示されません。

積立スタート応援キャンペーン実施中!

条件を達成されたお客様を対象に、先着3,000名様へマスクケースをプレゼントいたします。さらに毎月抽選で20名様に5,000円相当のAmazonギフト券が当選するチャンスもございます。

本キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

詳細を見る

詳細を見る

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。