サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー 米国株

【動画で米国株を学ぶ】チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が解説

初心者のための米国株(アメリカ株)投資のすすめ

2019年10月17日(木)収録

日米の株価パフォーマンスや市場規模そして稼ぐ力を比較しながら、米国株の成長の理由をご説明します。
さらに米国という国の自体の特徴やメンタリティに言及しながら、なぜ米国が革新的であるかをお話しした後、最後に米国株投資の際のポイントや今後の米国株投資について語ります。

初心者のためのETFを活用した米国株投資のすすめ

2019年11月8日(金)収録

個別株への投資が難しい場合でも、ETF(上場投資信託)を活用すれば、米国市場にカンタンに投資をすることができます。
そもそもETFとは何か?どのETFに投資すべきか?など、ETFを用いた米国株投資方法をじっくりと解説いたします。

日本株に勝る、長期的なパフォーマンス

1993年末=100とした場合の変化率比較

出所:マネックス証券作成

NYダウ平均、日経平均(ドルベース/円ベース)の変化率を1994年以降で比較すると、日経平均はアベノミクス以降の上昇が記憶に鮮明ですがITバブル崩壊、リーマンショックなどを経験しながらも復活する米国株の力強さが目立ちます。

日本株との違い

米国株では、「1株単位で売買できる」「配当が四半期毎」など日本株とは、いくつかの点で取引ルールが違います。

日本株 米国株
取引ルール 株式コード 銘柄コード
(数字4ケタ)
ティッカーシンボル
(アルファベット1~5文字)
値幅制限 銘柄ごとに1日の値幅を設定 制限なし
単元株制度 100株単位の銘柄が多い 1株単位
最低購入価格 株価×単元株数
約10万円~20万円
株価と同じ
約1万円程度
日本株 米国株
決算 決算期 3月、9月決算が多い 12月決算が多い
配当 半期ごとが多い 四半期ごとが多い
株主優待 様々な銘柄が提供 基本的には配当で株主還元する方針

その他、取引手数料、取引ルール等は「取引ガイド>取引ルール」をご確認ください。

株主還元が積極的。四半期配当や連続増配銘柄も

米国株は日本株とは異なり、四半期ごと(年4回)に配当金を支払う企業が多くあります。日本企業の年2回の配当頻度とは大きく異なりますね。
また、連続増配(毎年、配当金を増額すること)する企業も多数存在します。中には半世紀を超えて増配を続ける力強い企業も散見されます。

プロクター・アンド・ギャンブル(PG) 63年
ジョンソンエンドジョンソン(JNJ) 57年
コカ・コーラ(KO) 57年
マクドナルド(MCD) 43年
AT&A(T) 35年

米国株は1株から購入できる

米国株と日本株との大きな違いの一つに、購入単元の違いがあります。

日本株には、単元株制度があるため、銘柄ごとに100株単位や1,000株単位で取引する必要があります。そのため、株式を購入の際には、相応の資金が必要となります。しかし、米国株の場合には、すべての上場株式・ETFを1株単位で購入することができるので、少ない資金でも投資を始めることが可能です。

例えば、図表1は米国の代表的な株価指数である「S&P500」指数採用企業の時価総額上位10社です。この中には皆様がよく耳にする企業も多く入っていると思いますが、これらの企業もすべて1株単位で購入することができます。つまり、数万円あれば、米国トップクラスの企業の株主になることができるのです。

図表1「S&P500」指数採用企業の時価総額上位10社

順位 銘柄名(ティッカー) 株価(ドル) 最低購入金額(円) 時価総額(ドル)
1 マイクロソフト(MSFT) 170.691 18,776 1,424,080百万
2 アップル(AAPL) 293.945 32,334 1,395,778百万
3 アマゾン・ドットコム(AMZN) 2,050.51 225,556 1,073,115百万
4 アルファベット(GOOGL) 1,407.28 154,800 1,044,368百万
5 アルファベット(GOOG) 1,409.14 155,005 1,044,368百万
6 フェイスブック(FB) 203.167 22,348 620,828百万
7 アリババ・グループ・ホールディングス(BABA) 255.003 28,050 591,209百万
8 バークシャー・ハサウェイ(BRK.B) 229.73 25,270 554,173百万
9 ビザ(V) 171.1 18,821 467,997百万
10 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM) 139.874 15,386 418,314百万

株価・最低購入金額・時価総額は、2020年2月18日(現地時間)終値ベース、米ドル/円レート=110円として計算しています。また、最低購入金額には手数料等の諸経費を含んでいません。

初めて購入した米国株ランキング

1位 エーティー・アンド・ティー(T)
2位 ビザ クラスA(V)
3位 コカコーラ(KO)
4位 マイクロソフト(MSFT)
5位 バンガード・S&P500ETF(VOO)
6位 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
7位 アマゾン・ドットコム(AMZN)
8位 オーロラ・カンナビス(ACB)
9位 バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)
10位 アップル(AAPL)

出所:マネックス証券作成

上記銘柄はマネックス証券で2019年7月~2019年12月に外国株取引口座を開設したお客様のうち、同期間において初めて購入した米国株の取引口座数を集計したもので、これらの銘柄の取引を勧誘・推奨するものではありません。

豊富な投資情報で個別銘柄をチェック

岡元兵八郎の米国株マスターへの道(原則月曜日更新)

チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が米国株式市場の相場の見方や、市場に存在する様々な投資情報を分かりやすくご説明します。

最新のレポート

銘柄スカウター米国株(米国株分析ツール)

過去10期以上の業績や四半期配当推移などが見やすくまとまっています。情報が得にくい米国の個別株の分析をするには欠かせないツールです。

詳細を見る

米国株厳選銘柄レポートBOOK(四半世紀更新)

米国の個別銘柄50銘柄とETF16銘柄を選定しています。マネックス証券に口座をお持ちのお客様はどなたでもご覧いただけます。初心者の銘柄選びにも最適の一冊です。(提供:亜州IR)

最新の銘柄レポート

「広瀬隆雄のやっぱり米国株」
米国株ウィークリーレポート
(原則金曜日更新)

米投資銀行で活躍され、米国企業の動向に精通している広瀬氏が、注目する米国企業の業績見通しや米国でのホットな話題なども織り交ぜて銘柄を紹介します。

最新のレポート

売買代金ランキング

(時点: 2020年6月22日~2020年6月26日 )

  ティッカー 銘柄名 前週比
ZM ズーム・ビデオ
AAPL アップル
VIR VIRバイオテクノロジー
MSFT マイクロソフト
AMZN アマゾン

配当利回りランキング

(時点: 2020年6月末 )

その他の投資情報を見る

  ティッカー 銘柄名 配当利回り
MO アルトリア 8.56%
WFC Wファーゴ 7.97%
XOM エクソン 7.78%
KMI キンダーモルガン 6.92%
T AT&T 6.88%

その他のランキングもチェック

米国株お取引までの流れ

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

【動画で解説!】米国株取引の流れ

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

2020年3月16日以降に証券総合口座を開設された場合は、外国株取引口座が開設されています。(一部のお客様を除く)

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します