サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

先物・オプション

先物オプション取引を始める前に5分で分かるオプション取引

「オプション」という名前から、日経225オプションは「難しい」、「近寄りにくい商品」という印象をお持ちではありませんか?しかし、日経225オプション取引は、取引所に上場する透明性の高い商品で、機関投資家を始め、多くの投資家が取引を行っています。

日経225オプションをこれから始められるお客さまに、基本から実際の取引するまでを解説します。

オプション取引ってなに?

日経225オプション取引とは、あらかじめ定められた期日(満期日)にあらかじめ定められた価格(権利行使価格)で日経平均を買い付ける、または売り付ける権利を売買する取引です。また、「売る」権利のことを「プットオプション」、「買う」権利のことを「コールオプション」といいます。

オプションの売り手と買い手は満期日までに、オプション市場において買った(買建てた)オプションを売る(転売する)、売った(売建てた)オプションを買う(買戻し)と言う反対売買によって決済することが出来ます。

オプションの買い手は権利を得るために売り手に「プレミアム」と呼ばれるオプション料(=いわば株価のようなものです)を支払い、売り手はこのオプション料を受け取ることになります。

取引単位はプレミアムの1千倍で、証拠金は売り手のみ必要です。買い手はプレミアムを支払い、証拠金の必要はありません。

オプション取引の特徴やメリット

オプション取引は、株式投資と異なりあらかじめ損失額の上限が決まっている取引を選択することができるなど、いくつかの特徴、メリットがあります。株式投資など他の投資と組み合わせて取引すると上手くリスク分散できる方法など、その特徴を有効活用してみましょう。

損失限定

オプションの買い手は自分の有利なときにだけ権利を行使することができます。つまり、自分の予想と反対に日経平均が動いてしまった場合には、権利を放棄することによってその損失をオプションを買い付けるために支払った金額(オプション料=プレミアム)に限定できます。

ヘッジ手段

保有株式の値下がりリスクや購入予定株式の値上がりリスクに対するヘッジ手段としても有効です。

少ない資金から取引できる

オプションの買い手は、プレミアムの金額(プレミアム×1,000)だけで、売り手は証拠金だけで取引に参加できます。

資金効率のアップ

相場が動かないときもオプションを売り建てることによって利益を出すことが出来ます、また、日経平均という指数を売買するのと同様の効果をレバレッジを効かせた少額の資金で得ることが出来ます。

多彩な投資が可能

先物と組み合わせ、あるいはオプション同士の組み合わせでさまざまな相場環境に合わせた投資が可能です。

基本の4つの取引

日経225オプションには、4つの基本的な取引方法があります。

  1. コール・オプション(買う権利)の買い
  2. コール・オプション(買う権利)の売り
  3. プット・オプション(売る権利)の買い
  4. プット・オプション(売る権利)の売り
  損益分岐点 利益 損失
コール 権利行使価格+プレミアム
権利行使価格+プレミアム
プット 権利行使価格-プレミアム
権利行使価格-プレミアム

コールとプット、それぞれを買いからも売りからも取引できることがオプション取引の特徴です。コールは、日経225が権利行使価格以上に上昇すると予想した場合にコールを買います。反対に下落するとを予想した場合はコールを売ります。プットは、日経225が権利行使価格より下落すると予想した場合はプットを買い、上昇すると予想した場合はプットを売ります。

コールの買いの例

オプション取引の買い

コール・オプションの買い

コール・オプションの買いは、日経平均株価が今後上昇すると予測するときに使います。

例えば、コール・オプションを株価が12,050円のときに、権利行使価格12,000円、プレミアム300円のコール・オプションを1枚買ったとします。

損益分岐点=12,000円+300円=12,300円

日経平均株価指数が、12,300円を超えていれば利益になり、日経平均の上昇に比例し利益が拡大します。
なお、日経平均が12,300円以下に下落した場合は損失となりますが、損失上限はプレミアムの30万円(300円×1000倍)に限定されます。損失はプレミアムに限定されるので、掛捨て保険に似ているといえます。

ポイントチェック!

  • 日経平均株価指数が今後上昇すると予測
  • 日経平均株価指数が上昇すればするほど利益は増大
  • 日経平均株価指数が下落したときの損失は「払ったプレミアム」に限定

プット・オプションの買い

プット・オプションの買いは、日経平均株価が今後下落すると予測するときに使います。

例えば、プット・オプションを株価が12,050円のときに、権利行使価格12,000円、プレミアムが200円を1枚を買ったとします。

損益分岐点=12,000円-200円=11,800円

日経平均株価指数が、11,800円を下回れば利益になり、この場合は日経平均株価が下落するほど、利益が大きくなります。なお、日経平均株価指数が11,800円より上昇した場合は損失になりますが、損失上限は、プレミアムの20万円(200円×1000倍)に限定されます。損失はプレミアムに限定されるので、掛捨て保険に似ているといえます。

ポイントチェック!

  • 日経平均株価指数が今後下落すると予測
  • 日経平均株価指数が下落すればするほど利益は増大
  • 日経平均株価指数が上昇した場合の損失は「払ったプレミアム」に限定

オプション取引の売り

コール・オプションの売り

コール・オプションの売りは、日経平均株価が一定の株価以上には上昇しないと予測するときに使います。

例えば、株価が12,050円として、プレミアムは300円、権利行使価格を12,000円のコールを1枚売り建てたとします。

損益分岐点=12,000円+300円=12,300円

日経平均株価指数が、12,300円を下回れば利益になり、このときの利益は、プレミアムの300円×1000倍=30万円が上限となります。プレミアム代金は決まっているので、株価がどんなに下がっても利益の上限は変わりません。

一方、株価が12,300円以上になった場合、損失は日経平均の上昇に連動して無限大に大きくなる可能性があります。

ポイントチェック!

  • 日経平均株価指数が今後上昇する可能性が低く、下落すると予測
  • 日経平均株価指数が下落した場合の利益は「受取ったプレミアム」に限定
  • 日経平均株価指数が上昇すればするほど損失は増大

プット・オプションの売り

プット・オプションの売りは、日経平均株価が、一定の価格以下には下落しないと予測するときに使います。

例えば、株価が12,050円として、プレミアムは200円、権利行使価格を12,000円のプットを1枚売り建てたとします。

損益分岐点=12,000円 - 200円=11,800円

日経平均株価指数が、11,800円を上回れば利益になり、このときの利益は、プレミアムの200円×1000倍=20万円が上限となります。プレミアム代金は決まっているので、株価がどんなに上がっても利益の上限は変わりません。

一方、株価が11,800円未満になった場合、損失は日経平均の下落に連動して大きくなる可能性があります。

ポイントチェック!

  • 日経平均株価指数が今後下落する可能性が低く、上昇すると予測
  • 日経平均株価指数が上昇した場合の利益は「受取ったプレミアム」に限定
  • 日経平均株価指数が下落すればするほど損失は増大

オプション取引講座

さらに詳しくオプション取引を学びたい方に、仕組みや専門用語等のわかりやすい解説をご用意しています。

各種ツールでお客様のお取引をサポートします

先物・オプション取引画面では、「プライスボード」でリアルタイムでの価格情報をご確認いただけます。
また、「SPANシミュレーター」をご利用することにより、現在の建玉等の必要証拠金額や発注しようとする注文の必要証拠金額をご確認いただけます。
さらに「オプションシミュレータ」では、銘柄別にリスク分析の主要指数であるデルタ・ガンマ・ベガ・セータ・インプライドボラティリティを表示可能で、予想価格のシミュレーションや合成ポジションでの損益チャートを作成することも可能です。

なお、リアルタイムのチャートにつきましてはプレミアムウェブの「Market Walker」及び「マーケットライダープレミアム」にてご利用いただけます。

先物・オプション取引をはじめるには・・・

マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

まずは証券総合取引口座の開設が必要です。口座開設完了後、ログインし「先物・オプション」→「お申込み方法」より、先物・オプション取引口座開設の手続きをしてください。

下のボタンをクリックすると、ログイン後、「先物オプション取引口座申込み」画面へ移動します。

ログインして申込む

先物・オプション取引をご利用いただくには、先物・オプション取引口座の開設が必要です。ウェブサイト上からお申込みください。

お申込みにあたりましては、「取引ルール」をご確認ください。

先物・オプション取引に関する重要事項

<リスク>

株価指数先物取引及び株価指数オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。株価指数先物取引では、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、対象とする株価指数の変動等により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。株価指数オプション取引では、買方が期限までに権利行使又は転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。

<手数料等(税抜)>

日経225先物取引では1枚あたり330円、日経225ミニは1枚あたり50円、JPX日経400先物は1枚あたり50円の取引手数料がかかります。日経225オプション取引では、売買代金の0.18%(ただし最低手数料180円)の取引手数料がかかります。なお、特別清算指数(SQ)で決済される時や日計り取引時にも前記手数料がかかります。

<証拠金>

株価指数先物取引及び株価指数オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目(※)-ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れ又は預託していただきます(※当社は、指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります)。また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。