サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

マネックスで実践!長期分散投資

投資経験がないんだけど、何から始めればいいのかな?

現役世代には「時間」を味方につけて、投資対象を分散しなるべくリスクを抑えられる「長期分散投資」という手法がおすすめかしら。

「長期分散投資」をはじめる前に・・・

さぁ、はじめよう! でもどうすれば・・・?

はじめたら・・・定期的にちゃんと管理しましょう!

長期分散投資コンテンツは、作成時点の法令等の情報を元に作成しており、今後の改正等により内容が変更となる可能性があります。

松本大よりメッセージ


マネックス証券株式会社
代表取締役会長 CEO
松本大

社は、「投資家のリターンは、投資に対する理解度から大きな影響を受ける」という考えから創業来一貫してメールマガジン、ウェブコンテンツおよびオンラインならびに会場型のセミナーなどを通じて、お客様の投資リテラシーの向上をサポートすることに努めております。

たとえば、「長期分散投資」は、個人投資家が「時間」を味方につけ資本市場と向き合う考え方のひとつであり、当社はこれを用いた資産形成の手法について皆様に丁寧にお伝えしてきたという自負があり、これからも継続してまいりたいと考えております。

日本経済はこれまで長期にわたりデフレ下にあり、資本市場と直接向き合わずとも資産形成が可能な経済環境にありました。デフレのもとでは資産価値の変わらないアセットクラス、すなわち「Cash is King (キャッシュ・イズ・キング、現金が王様)」という言葉どおり、現金での資産形成が有効でした。多くの個人は、誰に教えられることもなく経済的に合理的な選択をしてきたといえます。

しかし、いま日本はアベノミクスや2020年の東京オリンピック開催で大きく変わろうとしています。これから直面する大きな経済環境の変化を踏まえて、改めて「長期分散投資」を捉え直し資本市場に参加するための考え方をお伝えしたく、「マネックスで実践!長期分散投資」という特集を用意いたしました。ぜひご一読いただき、資産形成を始める際の一助としていただければ大変嬉しく思います。

投資・資産運用の初心者の方への教育コンテンツ

学校では教えてくれない「お金の勉強」 ~投資を始める準備体操~

マネックス お金のゼミナールとは?

「マネックス お金のゼミナール」は幅広い方々の金融リテラシー蓄積の一助としていただくため、株式や債券などの金融商品の特性を分散投資など多岐にわたるテーマについて、2005年10月1日~2007年9月末まで約1年間、全42話にわたり、朝日新聞紙上に掲載された講座です。投資に向き合う上で、ぜひご覧頂きたいコンテンツです。

マネックス お金のゼミナール(初回)を読む


Q&A形式で個人投資家の方の投資に関する疑問を解決

今、知りたい投資の悩みやお金に関する質問に、資産運用の熟練講師が回答。マネックスメールにて毎週金曜日に最新情報を更新

お金の相談室バックナンバーはこちら

口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?

口座開設はこちら(無料)

マネックス証券に口座をお持ちでない方はこちら