サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

マネックスシグナル 先物

マネックスシグナル 先物

マネックスシグナル 先物とは

「マネックスシグナル 先物」は、日経225先物に対するロボットの投資判断を日々メールで配信するサービスです。毎営業日寄付前、投資判断の内容をお送りいたします。

日中取引で寄付きから指値注文で新規取引を行い、同日の日中取引中に価格がメール本文に記載している「利益確定幅・損切り幅」に達した時点、もしくは引けで決済取引を行うことを想定しています。

朝方、直前まで取引を行っているCME日経平均先物(円建て)の価格動向も含めて過去数日間の取引価格帯の分析を行い、メール配信日当日、日経225先物は、「買い」なのか「売り」なのか、を寄付前にメールでお届けします。

マネックスシグナル 先物とは

2017年1月のシグナルの成績

勝率

71.4%


約定した7シグナルのうち、
5シグナルがプラスでした

月間損益

+120円


仮にシグナルどおりに1枚ずつ売買したとすると、日経225先物であれば+12万円
日経225ミニであれば+12千円の利益となりました

サービスのリニューアル(2015年8月3日)以降の勝率は、55.4%、累積損益はプラス10円となりました。

勝率

55.4%


サービスリニューアル以降、約定した全92シグナルのうち、51シグナルがプラス

累積損益

+10円


仮にシグナルどおりに1枚ずつ売買したとすると、日経225先物であれば+1万円
日経225ミニであれば+1千円の利益となりました

勝率とは、集計対象期間中に発生したシグナルのうち、新規取引の約定価格と、決済取引の約定価格の価格差で利益が出たシグナル(勝ちシグナル)の割合です。(勝率は期間中の実績であり、将来の収益を保証するものではありません。また、売買手数料は考慮していません。また、決済はメール本文に記載の「利益確定幅・損切り幅」に達した時点、もしくは日中取引の引けでおこなったものとしています。)
損益は、シグナル配信日の新規取引の約定価格と、決済取引の約定価格の価格差を合計して計算したものです。決済は、メール本文に記載の「利益確定幅・損切り幅」に達した時点、もしくは日中取引の引けで行ったものとしています。

まずはお試し!利用料金は、月額477円(税抜)!

ログインして、マネックスシグナル 先物を申込む

マネックスシグナル 先物を申込む


先物・オプション取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。
また、お取引にあたっては、下記「先物・オプション取引に関する重要事項」をよくお読みのうえ、本商品の性格やリスク、費用について十分ご理解ください。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、以下よりお申込みください。

ログインして先物・オプション取引口座開設(無料)

先物・オプション取引口座開設(無料)


「マネックスシグナル 先物」を利用して、先物・オプション取引をはじめたいという方必見、先物取引をわかりやすく解説した初心者コーナーもご用意しています。

先物 初心者コーナー

<1月の総括>

1月の日経平均先物相場は、18,980円で日中取引を終えました(ラージ/直近限月ベース)。

1月のシグナル発生数は、全部で9件でした。その内、買いシグナルが1件、売りシグナルが8件となりました。
このシグナル数9は当モデルの過去平均並みの数字です。
なお、発生したシグナルの内、指値に到達せず、売買が不成立となったシグナルは2件でした。

この期間のシグナルのパフォーマンスを確認しますと、勝率が71.4%、トータルの損益額は、+120円(ラージ1枚換算で、+12万円に相当/手数料考慮せず)となりました(ここでの勝率は、売買が成立した全シグナル数から算出しています)。

指値は直前のナイトセッション、CMEから算出されます。この指値に届かず売買が不成立になったシグナルは、売買の方向性は合っていましたが、日中の価格水準がナイトセッション、CMEとずれたために売買不成立となりました。

モデル変更(2015年8月)以降の期間におけるシグナルのパフォーマンスを確認しますと、勝率が55.4%、トータルの損益額は、+10円(ラージ1枚換算で、+1万円に相当/手数料考慮せず)となりました(ここでの勝率は、売買が成立した全シグナル数から算出しています)。

1月のシグナルから、プラスの成績となったシグナルを紹介

損益

+60円

メール配信日: 2017年1月6日(金)

シグナル: 売り(指値19,460円)

利益確定幅: 建値から60円

損切り幅: 建値から110円

トレード・サイエンス株式会社のデータを基にマネックス証券作成

1月のシグナルから、マイナスの成績となったシグナルを紹介

損益

−70円

メール配信日: 2017年1月20日(金)

シグナル: 売り(指値19,070円)

利益確定幅: 建値から100円

損切り幅: 建値から70円

トレード・サイエンス株式会社のデータを基にマネックス証券作成

まずはお試し!利用料金は、月額477円(税抜)!

ログインして、マネックスシグナル 先物を申込む

マネックスシグナル 先物を申込む


先物・オプション取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。
また、お取引にあたっては、下記「先物・オプション取引に関する重要事項」をよくお読みのうえ、本商品の性格やリスク、費用について十分ご理解ください。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、以下よりお申込みください。

ログインして先物・オプション取引口座開設(無料)

先物・オプション取引口座開設(無料)


「マネックスシグナル 先物」を利用して、先物・オプション取引をはじめたいという方必見、先物取引をわかりやすく解説した初心者コーナーもご用意しています。

先物 初心者コーナー

マネックスシグナル 先物 パフォーマンス

1月のパフォーマンス
(集計期間 2017年1月4日~2017年1月31日)

ロボット名 約定シグナル数 勝ちシグナル数 勝率 1シグナル
平均損益
累積損益
F02 7 5 71.43% 17 120

※この他、約定しなかったシグナルが2件ありました。

トレード・サイエンス株式会社のデータを基にマネックス証券作成

1月中に発生し、取引が成立したシグナルについて集計しています。

F02のパフォーマンス
(集計期間 2015年8月1日~2017年1月31日)

ロボット名 約定シグナル数 勝ちシグナル数 勝率 1シグナル
平均損益
累積損益
F02 92 51 55.43% 0 10

トレード・サイエンス株式会社のデータを基にマネックス証券作成

1月のシグナル

※ 日経225先物直近限月を対象としています

ロボット名 メール配信日 売/買 指値 新規約定時価格 返済約定時価格 最終損益額  
F02 2017/1/26 19260 19260 19210 50
F02 2017/1/25 19090 19090 19040 50
F02 2017/1/24 18900 18900 18850 50
F02 2017/1/20 19070 19070 19140 −70  
F02 2017/1/18 18680 18680 18730 50
F02 2017/1/17 19080 0 0 0  
F02 2017/1/13 19180 19190 19260 −70  
F02 2017/1/6 19460 19460 19400 60
F02 2017/1/5 19660 0 0 0  

トレード・サイエンス株式会社のデータを基にマネックス証券作成

1月中に発生したシグナルについて集計しています。

※ 上記パフォーマンスは、期間中の実績であり、将来の収益、パフォーマンスを保証するものではありません。
(売買手数料、税金は考慮していません。)

まずはお試し!利用料金は、月額477円(税抜)!

ログインして、マネックスシグナル 先物を申込む

マネックスシグナル 先物を申込む


先物・オプション取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。
また、お取引にあたっては、下記「先物・オプション取引に関する重要事項」をよくお読みのうえ、本商品の性格やリスク、費用について十分ご理解ください。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方は、以下よりお申込みください。

ログインして先物・オプション取引口座開設(無料)

先物・オプション取引口座開設(無料)


「マネックスシグナル 先物」を利用して、先物・オプション取引をはじめたいという方必見、先物取引をわかりやすく解説した初心者コーナーもご用意しています。

先物 初心者コーナー

「マネックスシグナル 先物」に関するご留意事項

「マネックスシグナル 先物」は、投資の参考情報として、ロボットの判断を提供するものです。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。

先物・オプション取引に関する重要事項

<リスク>

株価指数先物取引及び株価指数オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。株価指数先物取引では、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、対象とする株価指数の変動等により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。株価指数オプション取引では、買方が期限までに権利行使又は転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。

<手数料等(税抜)>

日経225先物取引では1枚あたり330円、日経225ミニは1枚あたり50円、JPX日経400先物は1枚あたり50円の取引手数料がかかります。日経225オプション取引では、売買代金の0.18%(ただし最低手数料180円)の取引手数料がかかります。なお、特別清算指数(SQ)で決済される時や日計り取引時にも前記手数料がかかります。

<証拠金>

株価指数先物取引及び株価指数オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目(※)-ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れ又は預託していただきます(※当社は、指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります)。また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。