サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ロボットがオススメ米国株を配信!1月の成績は

マネックスシグナル 米国株

「マネックスシグナル 米国株」は、米国株の個別銘柄の売買タイミングをメールでお知らせする投資助言サービスです。
2013年8月12日のサービス開始以降、2017年1月31日までに配信されたシグナルの通算パフォーマンスを、ご紹介します。

2017年1月のシグナル成績(2017年1月1日~1月31日)

決算発表型シグナルUSEQ_04を中心にシグナルが発動!

Model 決済シグナル数 勝ちシグナル数 勝率 平均損益率(%) 未決済
シグナル数
全体 5 2 40.00% 0.37% 7
USEQ_01 0 0 0.00% 0.00% 0
USEQ_02 0 0 0.00% 0.00% 0
USEQ_03 0 0 0.00% 0.00% 1
USEQ_04 5 2 40.00% 0.37% 6
ティッカー 銘柄名 ロボット名(略) シグナル解析基準日終値 新規約定日
(シグナル配信日)
新規約定株価 決済約定日
(シグナル配信日)
決済約定株価 最終損益率
DOW ダウケミカル USEQ_04 61.42 2017/1/27 61.41 2017/1/31 59.84 -2.56%
PG P&G USEQ_04 87.45 2017/1/23 87.09 2017/1/30 86.78 -0.36%
IBM IBM USEQ_04 170.55 2017/1/23 170.08 2017/1/25 176.26 3.63%
USB USバンコープ USEQ_04 50.56 2017/1/19 50.63 2017/1/25 52.14 2.98%
WFC Wファーゴ USEQ_04 55.31 2017/1/17 54.80 2017/1/18 53.78 -1.86%

出所:トレード・サイエンス株式会社のデータを元にマネックス証券作成

ログインしてマネックスシグナル米国株を申込む

マネックスシグナル米国株を申込む

米国株シグナルのロボット運用担当者のコメント

-2017年1月の米国株シグナルの稼働状況について

1月の米国株マーケットは、昨年11月から3ヶ月連続で史上最高値を更新しました。ダウ平均株価指数は、25日に2万ドルを更新して、前月末比+0.5%で月内の取引を終えています。月内の値幅は、前月末比でわずか2.3%であり、動きの乏しい月でもありました。

米国では20日にトランプ大統領の新政権が発足して、議会を通さない大統領令により政策変更が進行中です。これまで噂で動いていたマーケットが事実で動き始めているのですが、代表的なボラティリティ指数であるVIX指数はいまだ低位で安定しており、マスコミの報道と比較するとマーケットは静かに様子見をしている印象です。米国の長期金利は、12月につけた2.6%がピークとなり、マーケットの先行指標としての影が薄くなりつつあります。マーケットは、次の展開を探る状態になっており、トランプ政権の新政策とVIX指数を注視していくのが良いと思われます。

投資判断を行うロボットは、12個の新規シグナルを出しました。企業決算の発表シーズンに突入したので、決算発表後に強い動きを見せた銘柄に順張りの買いを仕掛けるロボットのUSEQ_04から11個のシグナルが出ました。これは予想通りの動きで、シグナル数に関しては引き続き安定しています。

ロボットのパフォーマンスは、5個の決済シグナルの累積損益率で1.8%の利益でした。2017年は小幅の利益からのスタートになりましたが、7個のシグナルを2月に持ち越しているので、1月と2月のパフォーマンスを合算した数字が、スタートの数字になると考えています。

2月は、引き続きトランプ政権が打ち出してくる政策が最大の材料になりそうです。月内に予定されている一般教書演説と予算教書演説によって本格的な政策の変更が明らかになってくるでしょう。ファンダメンタル分析で読み切れないマーケットでは、テクニカル分析がマーケットの状態を判断する時間の短縮に役立ちます。テクニカル分析をロボットにあらかじめ組み込んで仕掛けと手仕舞いのシグナルを発生させるマネックスシグナルが、お客様のトレードのヒントやサポートになれば、開発と運用の担当者として幸いです。

トレード・サイエンス株式会社 高井 克実氏 (2017年2月1日寄稿)

サービス開始以降のシグナル成績(2013年8月12日~2017年1月31日)

Model 決済シグナル数 勝ちシグナル数 勝率(※) 平均損益率(%)
全体 437 262 59.95% 0.51%
USEQ_01 41 26 63.41% 0.70%
USEQ_02 121 74 61.16% 0.62%
USEQ_03 70 38 54.29% 0.25%
USEQ_04 205 124 60.49% 0.50%

出所:トレード・サイエンス株式会社のデータを元にマネックス証券作成

ログインしてマネックスシグナル米国株を申込む

マネックスシグナル米国株を申込む

シグナルサービスとは?(サービスイメージ)

マネックスシグナル 米国株の詳細

米国株取引があるお客様は、実質無料でご利用いただけます!

申込方法・利用料金

全額キャッシュバック

前月の米国株取引で、当月利用料金を全額キャッシュバック!

前月に米国株のお取引(約定)が1度でもある場合は、当月の利用料金を全額キャッシュバックいたします。(翌月中旬にキャッシュバック)

  • 判定は、米国現地約定日ベースで行います。

米国株のテクニカル分析を無料提供しています!

「テクニカル分析」とは、価格や売買高、期間など株価を構成する要素を分析し、多くの場合は株価のトレンドや売買タイミングを計るために用いられます。
毎営業日更新されますので、マネックスシグナル 米国株に加え、こちらもぜひ投資タイミングの参考としてご活用ください。

テクニカル分析トップはこちら

米国株取引をはじめるには…

証券総合取引口座をお持ちでないお客様
証券総合取引口座をお持ちのお客様

証券総合取引口座の開設が必要です。
口座を開いてみませんか?

口座開設・資料請求はこちら(無料)

下のボタンをクリックすると、外国株取引口座のお申込み画面に直接、ログインすることができます。

ログインして申込む

米国株取引をご利用いただくには、外国株取引口座の開設が必要です。

外国株取引口座を開設する(無料)

お申込みにあたっては、事前に各商品の取引ルール、ご注意および契約締結前交付書面等の内容をご確認ください。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式及び米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、又は発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等及び手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

マネックスシグナル 米国株に関するご留意事項

マネックスシグナル 米国株は、投資の参考情報として、ロボットの判断をメールで提供するものです。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。本サービスのご利用にあたっては、投資顧問契約が必要になります。ご契約に際しては、投資顧問契約書、契約締結前交付書面および以下のご留意事項をご確認ください。