サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ロボットがオススメ米国株を配信!6月の成績は

マネックスシグナル 米国株

「マネックスシグナル 米国株」は、米国株の個別銘柄の売買タイミングをメールでお知らせする投資助言サービスです。
2013年8月12日のサービス開始以降、2017年6月30日までに配信されたシグナルの通算パフォーマンスを、ご紹介します。

マネックスシグナル 米国株の成績は6月分をもって掲載を終了いたします。

2017年6月のシグナル成績(2017年6月1日~6月30日)

逆張り型シグナルUSEQ_03が活躍

Model 決済シグナル数 勝ちシグナル数 勝率 平均損益率(%) 未決済
シグナル数
全体 6 5 83.33% 2.30% 0
USEQ_01 1 0 0.00% -3.86% 0
USEQ_02 0 0 0.00% 0.00% 0
USEQ_03 5 5 100.00% 3.54% 0
USEQ_04 0 0 0.00% 0.00% 0
ティッカー 銘柄名 ロボット名(略) シグナル解析基準日終値 新規約定日
(シグナル配信日)
新規約定株価 決済約定日
(シグナル配信日)
決済約定株価 最終損益率
TGT ターゲット USEQ_01 52.61 2017/6/19 52.87 2017/6/26 50.83 -3.86%
LOW ロウズ USEQ_03 77.79 2017/6/8 77.99 2017/6/13 79.04 1.35%
COP Cフィリップス USEQ_03 43.07 2017/6/9 43.10 2017/6/12 45.25 4.99%
COF キャピタルワン USEQ_03 76.92 2017/6/1 77.46 2017/6/12 80.15 3.47%
WFC Wファーゴ USEQ_03 51.14 2017/6/1 51.53 2017/6/12 53.98 4.75%
LLY イーライリリー USEQ_03 76.98 2017/5/23 77.19 2017/6/1 79.60 3.12%

出所:トレード・サイエンス株式会社のデータを元にマネックス証券作成

ログインしてマネックスシグナル米国株を申込む

マネックスシグナル米国株を申込む

米国株シグナル担当者コメント

-2017年6月の米国株シグナルの稼働状況について

6月の米国株マーケットは、ダウ平均株価指数、S&P500株価指数、ナスダック株価指数それぞれが史上最高値を更新しましたが、前月末比はそれぞれ、1.62%の上昇、0.48%の上昇、0.94%の下落とまちまちでした。ナスダック株価指数は、ITセクターに利益確定とみられる売りが入ったため下落していますが、相場全体としては、堅調さを保っていたと思われます。ダウ平均株価指数の月内の値幅は、前月末比で約2.6%という狭いレンジであり、VIX指数は、10近辺という低い水準で推移しました。

6月14日のFOMCでは、利上げとFRB(連邦準備制度理事会)が保有している資産の再投資を段階的に縮小していく事が決定されました。利上げは規定路線でしたが、年内に開始される再投資の縮小は、新たな材料です。再投資の縮小は長期金利の上昇要因ですが、これは需給要因による「悪い金利上昇」になる可能性があります。トランプ大統領当選から3月にかけて続いた経済成長の期待による「良い金利上昇」とは意味が異なりますので、注意が必要です。具体的には、金利低下なら株価堅調、金利上昇なら株価軟調、という動きになる可能性があります。この決定は金融政策の正常化へ向けての動きです。正常化できるくらい経済が良い、という考え方もできるので、一概に悪い材料とも言い切れません。

投資判断を行うロボットは、5個の新規シグナルを出しました。比較的大きな押し目で逆張りを行うロボットのUSEQ_01とUSEQ_03から、それぞれ1個と4個のシグナルが出ました。相場全体の動きというよりは、個別銘柄やセクターの動きで下落した銘柄に対して、押し目買いで仕掛けた、という形になっています。月の後半からは、翌月の決算発表を待つ動きになったので、シグナル数は少なめでした。

ロボットのパフォーマンスは、6個の決済シグナルの累積損益率で13.8%の利益でした。翌月へのシグナルの持ち越しはなく、いったん区切りがついた形です。4月、5月と小幅のマイナスになってしまっていたのですが、6月の利益でサービス開始以来の累積損益率のピークを更新することができました。金融セクターへの逆張りの買いの仕掛けが、ナスダック指数の急落時に反騰する形となり、あまり予想していなかった利益が出たのが効いています。結果論ですが、マーケットの逆をついた建玉を持つことができました。

7月は、決算発表月なので、決算発表後に強い動きをした銘柄に順張りの買いを仕掛けるロボットのUSEQ_04の出番となりそうです。パターン化した動きではありますが、再現性を重視したロボット運用はパターンの再現を重視しています。

トレード・サイエンス株式会社 高井 克実氏 (2017年7月3日寄稿)

サービス開始以降のシグナル成績(2013年8月12日~2017年6月30日)

Model 決済シグナル数 勝ちシグナル数 勝率 平均損益率(%)
全体 495 293 59.19% 0.47%
USEQ_01 46 28 60.87% 0.54%
USEQ_02 128 80 62.50% 0.65%
USEQ_03 81 45 55.56% 0.45%
USEQ_04 240 140 58.33% 0.37%

出所:トレード・サイエンス株式会社のデータを元にマネックス証券作成

ログインしてマネックスシグナル米国株を申込む

マネックスシグナル米国株を申込む

シグナルサービスとは?(サービスイメージ)

マネックスシグナル 米国株の詳細

米国株取引があるお客様は、実質無料でご利用いただけます!

申込方法・利用料金

全額キャッシュバック

前月の米国株取引で、当月利用料金を全額キャッシュバック!

前月に米国株のお取引(約定)が1度でもある場合は、当月の利用料金を全額キャッシュバックいたします。(翌月中旬にキャッシュバック)

  • 判定は、米国現地約定日ベースで行います。

米国株のテクニカル分析を無料提供しています!

「テクニカル分析」とは、価格や売買高、期間など株価を構成する要素を分析し、多くの場合は株価のトレンドや売買タイミングを計るために用いられます。
毎営業日更新されますので、マネックスシグナル 米国株に加え、こちらもぜひ投資タイミングの参考としてご活用ください。

テクニカル分析トップはこちら

米国株取引をはじめるには…

証券総合取引口座をお持ちでないお客様
証券総合取引口座をお持ちのお客様

証券総合取引口座の開設が必要です。
口座を開いてみませんか?

口座開設・資料請求はこちら(無料)

下のボタンをクリックすると、外国株取引口座のお申込み画面に直接、ログインすることができます。

ログインして申込む

米国株取引をご利用いただくには、外国株取引口座の開設が必要です。

外国株取引口座を開設する(無料)

お申込みにあたっては、事前に各商品の取引ルール、ご注意および契約締結前交付書面等の内容をご確認ください。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

マネックスシグナル 米国株に関するご留意事項

マネックスシグナル 米国株は、投資の参考情報として、ロボットの判断をメールで提供するものです。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。本サービスのご利用にあたっては、投資顧問契約が必要になります。ご契約に際しては、投資顧問契約書、契約締結前交付書面および以下のご留意事項をご確認ください。