サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

世界市場見通し:企業業績の下方修正はまだ始まったばかり

シュローダー グローバル市場見通し

毎月世界有数の運用会社であるシュローダーのマルチアセット運用チームによる各金融市場の月次見通しをお届けしています。お客様の投資戦略の策定にぜひお役立てください。

今月のポイント

株式に関しては、バリュエーションの悪化が収まりつつある可能性がある一方で、企業業績の下方修正はまだ始まったばかりであることには留意する必要があると考えます。
社債に関しては、スタグフレーションへの懸念を背景に、引き続き慎重な見通しを維持する中で、ハイイールド債券よりも投資適格債券を選好しています。

資産クラスの見通し

株式 国債 社債 コモディティ
(商品先物)
- 0 0 0

市場では景気後退リスクへの懸念が高まる中、金利が僅かに低下し始めています。バリュエーションの悪化が収まりつつある可能性がある一方で、企業業績の下方修正はまだ始まったばかりであることには留意する必要があると考えます。

フェアバリューの水準にあり、株式と債券の負の相関も回復し始めていますが、インフレ圧力が継続する中、ヘッジ手段として機能する可能性は引き続き低いと考えます。

スタグフレーションへの懸念を背景に、引き続き慎重な見通しを維持する中で、ハイイールド債券よりも投資適格債券を選好しています。

供給は引き続きタイトですが、世界経済の減速はエネルギーを中心に需要に影響し始めていることから、中立の見通しを維持しています。

見通しの表示:++強気、+やや強気、0中立、-やや弱気、--弱気
矢印:対前月での見通しの引き上げ/引き下げを示します。

資産クラス、分類(地域、通貨)毎の見通し

資産クラス 分類 見通し
株式 米国 -

相対的な株価バリュエーションの安定化がみられている点は評価できますが、業績期待にはグロース・リスクが反映されていないと考えます。

欧州 -

天然ガス供給を巡る問題に加え、欧州中央銀行(ECB)のタカ派姿勢が重しとなると考えます。

日本 0

日本はインフレが必ずしもマイナス要因と捉えられない数少ない国であることから、他の先進国と比べてアウトパフォーマンスが見込まれます。

アジア
(除く日本)
+

ロックダウンが緩和され始めたことから、中国株式についてはやや強気の見通しを維持しています。中国以外のアジア地域については、やや弱気の見通しを維持しています。

新興国 0

中国を巡る逆風要因は緩和しつつありますが、その他の新興国についてはインフレ圧力が高まっており、中立の見通しを維持しています。

資産クラス 分類 見通し
国債 米国 0

米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に注力することから、長期債利回りはより高い水準が維持されると同時にイールドカーブのフラット化が見込まれます。

欧州
(ドイツ国債)
-

ECBは、インフレ圧力が強まる中、いまだビハインド・ザ・カーブ(金融引き締めが後手に回ること)となっており、やや弱気の見通しとしています。

新興国
(現地通貨建て)
-

スタグフレーション・リスクや景気後退リスクが高まる中、経済環境は引き続き、逆風要因となっています。

インフレ連動債 0

FRBは、アグレッシブな利上げによりインフレ抑制に努めています。中期のインフレ懸念が引き続き継続する場合、インフレ連動債は恩恵を受けると判断し、見通しを中立に引き上げました。

資産クラス 分類 見通し
投資適格
社債
米国 0

スプレッドは拡大していますが、見通しを引き上げるためには、債券市場の安定化と、より魅力的なバリュエーション水準になることが必要と考えます。

欧州 +

ECBは利上げに転じたとは言え、他国の中央銀行に比べまだ金利水準が高くないことやバリュエーションが相対的に魅力的と判断することから、やや強気の見通しを維持しています。

新興国
(米ドル建て)
+

中国経済の回復に対するエクスポージャーが大きく、足元欧州のリスクを織り込んでいることを背景に、やや強気の見通しに引き上げました。

資産クラス 分類 見通し
ハイイールド
社債
米国 -

テクニカルもファンダメンタルズも悪化する中、やや弱気の見通しを維持しています。

欧州 0

スプレッドの水準は相対的に魅力的と判断しますが、ECBによる支援策は見込まれないことから、中立の見通しを維持しています。

資産クラス 分類 見通し
コモディティ
(商品先物)
エネルギー 0

供給は引き続きタイトですが、エネルギー価格の上昇やドル高が消費者にとって重しとなる中、米国以外の需要の減速の兆候がみられています。

0

流動性リスクの高まりを背景に、見通しを中立に引き下げました。今後リエントリーのタイミングを見計らう方針です。

産業用金属 0

中国の経済活動は回復の兆候も見られますが、ゼロコロナ政策の下、ロックダウン再開の可能性がセンチメントの重しとなるほか、中国以外の需要の不透明感を背景に、見通しを中立に引き下げました。

資産クラス 分類 見通し
通貨 米ドル +

世界経済成長は減速が見込まれるほか、足元でのインフレ率上昇を受けFRBはよりタカ派姿勢を取っており、安全通貨としての米ドルにとって支援材料となります。

ユーロ -

ECBは金融引き締めを積極的に進めたい一方、それにより欧州圏の国家間のクレジットの格差が、スプレッドの拡大に跳ね返らないかの配慮も必要であり、今後のECBの政策の舵取りを見極める必要があると考えています。

日本円 0

バリュエーションは魅力的である一方、足元ヘッジ手段としての機能が薄れていますが、グロース・リスクに対してある程度のプロテクションになると考えます。

出所:シュローダー。社債に関する見通しは信用スプレッド(デュレーション・ヘッジを前提)の動きに基づくものです。ユーロと日本円は対米ドルの見通しとなります。

本レポートは2022年7月上旬に英語で作成されたものを7月下旬に日本語に翻訳しています。

マネックス証券で取り扱うシュローダーが運用している投資信託

シュローダーはロンドンを本拠地とし、200年以上の歴史を誇る、英国の老舗資産運用グループです。個別企業の調査・分析などのリサーチ力に強みを持つアクティブ運用を中心に、日本株式をはじめ、海外株式・債券、ESG投資、マルチアセット、オルタナティブ投資などのファンドを取り揃えて、日本の投資家の皆さまにグローバルな投資機会を提供しています。

シュローダー日本株ESGフォーカス・ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

ファンドの特長

  • 国内の株式を実質的な主要投資対象としたアクティブファンドです。
  • ESG観点から持続可能な成長が見込める企業に投資します。

シュローダー・アジアパシフィックESGフォーカス・ファンド(資産成長型)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

ファンドの特長

  • 日本を含むアジアパシフィック諸国の株式を実質的な主要投資対象とします。
  • 株式の銘柄選択にあたっては、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点を加味します。
  • ESGの観点を組み入れた運用アプローチを有するシュローダー・グループが運用を担当します。
  • 実質的外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

シュローダーYENターゲット(年2回決算型・年1回決算型)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

ファンドの特長

  • 世界各国の株式、債券、通貨など様々な資産に分散投資しつつ、日本円をベースとした収益の獲得を目指します。
  • 市場環境などの変化に合わせた、機動的な資産配分の変更とポートフォリオのリスク管理を通じ、収益機会の追求と基準価額の下落リスクの抑制を目指します。
  • 為替変動リスクの低減を図るため、外貨建資産は、機動的に為替ヘッジを行います。
  • 「シュローダーYENターゲット(年2回決算型)」と「シュローダーYENターゲット(年1回決算型)」との間でスイッチングが可能です。(NISA口座についてはスイッチングのお取扱いはありません。)

シュローダー・インカムアセット・アロケーション(1年決算型) Aコース(為替ヘッジなし)・Bコース(為替ヘッジあり)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

ファンドの特長

マザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に、複数のインカムアセット(世界の高配当株式、債券等)に投資し、市場環境に合わせて機動的に資産配分の調整を行う投資信託証券、および海外の債券等に投資する投資信託証券への投資を行います。
Aコース(為替ヘッジなし)の実質外貨建て資産については、為替ヘッジは行いません。
Bコース(為替ヘッジあり)の実質外貨建て資産については、原則として、為替ヘッジにより米ドルと円との間の為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
運用はファミリーファンド方式で行います。マザーファンドの運用にあたっては、ファンド・オブ・ファンズ形式で行います。

シュローダー厳選グロース・ジャパン

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

ファンドの特長

  • 中長期で高い利益成長を実現できると期待される日本企業の株式に投資します。
  • 競争優位性と長期成長ドライバーに着目した独自の銘柄選択基準により、特徴あるグロース企業を30~40銘柄程度厳選し、集中的に投資します。
  • 経験豊富なシュローダー・グループの日本株式チームが運用します。

マネックス証券取扱い「シュローダー・インベストメント・マネジメント」のファンド一覧はこちら

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。また、外貨建て投資信託においては、外貨ベースでは投資元本を割り込んでいない場合でも、円換算ベースでは為替相場の変動により投資元本を割り込むことがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.586%(税込:2.709%)程度を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「ファンド詳細」よりご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

【本資料に関するご留意事項】

本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により 投資価値が変動します。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。
シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。